Tami-Album

アクセスカウンタ

zoom RSS サンカヨウ

<<   作成日時 : 2017/06/14 17:29   >>

ナイス ブログ気持玉 45 / トラックバック 0 / コメント 12

下界は晴れ 到着した時には しばし車中で待ちました

画像






画像






画像






画像






画像






画像






画像






画像






画像






画像







日を改めて

画像






画像






画像






画像


    晴れても雨でも爽やか  なんだな











テーマ

関連テーマ 一覧


月別リンク

ブログ気持玉

クリックして気持ちを伝えよう!
ログインしてクリックすれば、自分のブログへのリンクが付きます。
→ログインへ
気持玉数 : 45
ナイス ナイス ナイス ナイス ナイス ナイス ナイス ナイス ナイス ナイス ナイス ナイス ナイス ナイス ナイス ナイス ナイス ナイス ナイス ナイス ナイス ナイス ナイス
かわいい かわいい かわいい かわいい かわいい かわいい かわいい かわいい かわいい かわいい かわいい かわいい かわいい かわいい かわいい かわいい かわいい
驚いた 驚いた 驚いた 驚いた
なるほど(納得、参考になった、ヘー)

トラックバック(0件)

タイトル (本文) ブログ名/日時

トラックバック用URL help


自分のブログにトラックバック記事作成(会員用) help

タイトル
本 文

コメント(12件)

内 容 ニックネーム/日時
こんばんは。
サンカヨウは何度か見たことあります。
雨に濡れるとこんなに透き通って、可愛い妖精の様に見えます!
みっちゃん
2017/06/14 19:38
みっちゃんさん、こんばんは。
有難うございます。
広島でも見られるということは環境に適応してますね。
濡れて透き通ったら花びらはお仕舞いのようです。
tami
2017/06/14 21:05
瑞々しく美しいですね。
葉の緑もうつくしい。tamiさんの水滴編の大ファンです。
お出かけ前に気分爽やか!!ありがとうございます。
simatoki
2017/06/15 09:16
おはようございます。いつ拝見しても不思議なお花。それなりに理由はあるのでしょうけれども。
achisi
2017/06/15 09:56
simatokiさん、有難うございます。
基本的にその花が好きなんですがやはり葉っぱの形や色などもその魅力ですね。
そろそろ真打登場しますよ。
tami
2017/06/15 18:54
achisiさん、こんばんは。
有難うございます。
晴れて真っ白な様子も大好きなんですが人があまり見ない姿に惹かれますね。
本格的に透明になるのは散り際に雨です。
tami
2017/06/15 18:57
お邪魔しています。

『下界は晴れ』って事は山に登られてたのかしら

サンヨウカの花弁が雨にうたれて段々と透明に
なって行く様を見ながら天梅雨を凌ぐ時間は〜

緩やかな時の中にチョットした不思議体験を
している様で『雨の日も悪くないなぁ〜』って
思わせてくれますね。(o^・^o)♪

しかし本当に見事なくらいに透明になるんですね。
麗菜
2017/06/16 20:20
麗菜さん、こんばんは。
有難うございます。
標高は数百メートル、車なので個人的には登ってません。
ここはともかくもっと上は曇りや雨の方が普通なのです。
子供のころは雨を楽しむことも知っていましたが大人になるとそいうこともなくなってしまいますね。
この花は乱反射して白いのだと思います。
撥水が取れて水が中に浸み込むと透明になる気がします。
tami
2017/06/16 21:29
サンカヨウの濡れた花びらは、
透明なビニール傘のようですね。
それも濡れ方によって、一部分だけが
半透明になっていたり…。
これも自然のアートでしょうか。
yasuhiko
2017/06/16 21:39
yasuhikoさん、こんばんは。
有難うございます。
咲いてからの時間や濡れている時間等で状態が変わると思います。
それぞれの状態が綺麗で毎年撮りたくなります。
透明が人の目には珍しいのでつい狙いますね。
tami
2017/06/16 23:35
ガラスでできていますか。割れそうですね。ガラスなら音がしますね。風鈴のような音でしょうか。どうでもいいことですが、シンデレラのガラスの靴は、履き心地がとてもよかったようです。きっとこの花で、できていたのかな。
param-seku
2017/06/17 18:19
param-sekuさん、こんばんは。
有難うございます。
その透明感に惹かれましたか。
そういえばまだ触ったことありませんでした。
とけそうな気がする。
tami
2017/06/17 22:19

コメントする help

ニックネーム
本 文
サンカヨウ Tami-Album/BIGLOBEウェブリブログ
文字サイズ:       閉じる