神橋と須賀の滝

五重塔の手前にあります。
門をくぐるとすぐ下り階段になり、比較的雪が少なかったので体を横にし確かめながらそろそろと降りていきます。
絶えず杉の葉から雪が落ちて湿気もあり少し霞んでます。
画像



下りきると赤い欄干の「神橋」が見えてきます。修行の様子をテレビで放映するときこの橋と下の川でのミソギが多く使われます。
画像


神橋(しんきょう)   周辺のボカシはレンズが曇ったせい。
画像



その神橋から滝が見えました。
須賀の滝
画像


画像


画像


画像


画像




晴れてきても数メートル向こうの杉が霞みます。
画像

ブログ気持玉

クリックして気持ちを伝えよう!

ログインしてクリックすれば、自分のブログへのリンクが付きます。

→ログインへ

なるほど(納得、参考になった、ヘー)
驚いた
面白い
ナイス
ガッツ(がんばれ!)
かわいい

気持玉数 : 1

ナイス

この記事へのコメント

  • 風鈴

    こんばんは。
    こちらの滝の風景とはまったく違う風景ですね。
    雪景色を見て寒さを感じますが、レンズの曇りがさらに寒さを強く感じさせますね。
    前回の五重塔から引き続いて神秘的ですね。山の深さが味わえるようです。神の領域ですね。
    2009年01月10日 20:52
  • tami

    風鈴さん、こんばんは。
    良く言えば四季折々違った景色になるということでしょうか。
    絶えず湿った雪が落ちてきていたのでカメラが濡れズームレンズなので水分がどうしても中に入り曇ります。
    何もないところに神社は建たないのでしょうかね。
    2009年01月10日 21:27
  • syasin-life

    レンズの曇りが、また空気の凛とした感じが出ますね。
    滝がまた神秘的な雰囲気を感じますね。
    2009年01月11日 08:26
  • tami

    syasin-lifeさん、おはようございます。
    レンズの中で曇っているのでどうしようもありませんでした。
    霊験あらたかな場所なので誤解のないようにと説明いれました。同じ場所を行き帰り通り曇りの写真は帰りです。
    2009年01月11日 10:33
  • Tomo

    こんばんは。
    苔の石灯篭と真っ赤な橋が印象的ですね。
    そして、滝ですよねえー・・・意外と高いのでびっくりで雪の風景と合っていますね。でも寒そうな感じがしますよ~。。。
    2009年01月11日 20:10
  • tami

    Tomoさん、こんばんは。
    色がないので朱とか鮮やかな緑はインパクトありますね。
    苔のクローズアップも撮りました。
    雪を主役にするにはまだ量も質もイマイチです。
    2009年01月11日 21:06
  • 庵主

    こちらも思い出して見ています。門を過ぎると急な下りの石段が続いていました。祓川の神橋から須賀の滝にかけても、雪がつくと雰囲気も一変ですね。
    滝の水が落ちるさま、いかにも北の冬の滝と云った風情で素晴らしい写真です。
    2009年01月13日 11:58
  • tami

    庵主さん、こんばんは。ありがとうございます。
    宗教的にはともかく五重塔のまえに心を厳かにするというか準備する感じです。
    調べたらこの滝、人工らしいです。設計する人もいるのでしょうね。
    2009年01月13日 17:13

この記事へのトラックバック