玉簾(たますだれ)の滝

山形県庄内地方にあり「日本の滝100選」の一つでもあります。

大きな氷柱を期待しましたが暖冬はいかんともしがたい。

それでも初めて見る滝は素晴らしいものでした。
画像




鳥海山が真っ白な姿で迎えてくれました。
画像




最初に背が低い鳥居が迎えてくれます。。それに人一人が通れるだけの除雪された参道を進みます。
画像




ほどなく神社が見えて来てその奥、杉木立の間に滝が見えてきました。
画像




祠の前には菰を被った阿吽の像が
画像




玉簾の滝、日向川の上流にある落差約63m幅5mの県内随一の高さを誇る直瀑です。かつては修験道の道場だったところで、滝の落ちる断崖の中腹に岩窟があり、これを神座としていたため玉簾の名が付いたという。
画像


画像


画像


画像



三々五々観光客が訪れます。
画像


画像






神社にあった手水舎の龍から勢いよく水が吐き出されます。直接柄杓で受けるのが難しいほど。
水中にも龍がいるようです。3枚撮り1枚しか巻いてなかった。
画像


















ブログ気持玉

クリックして気持ちを伝えよう!

ログインしてクリックすれば、自分のブログへのリンクが付きます。

→ログインへ

なるほど(納得、参考になった、ヘー)
驚いた
面白い
ナイス
ガッツ(がんばれ!)
かわいい

気持玉数 : 1

ナイス

この記事へのコメント

2009年02月13日 07:32
いやあ、いい滝ですなあ・・・
冬の滝もいいのもですね!

最後の龍はすごいですね!
tami
2009年02月13日 11:59
syasin-lifeさん、こんにちは。有り難うございます。
私も雪国の滝もいいなぁと思います。優雅さや厳しさもありいろんな顔を見せてくれます。
龍の口からは不必要なくらい勢いよく水が出ていました。自然な勢いなのかどうか。
2009年02月13日 22:23
こんばんは。
「玉簾の滝」、初めて見ましたが暖冬が幸いしましたね。実に素晴らしい景色です。凍り付いてない分迫力があります。
菰被りの阿吽さん、いかにも雪国らしくて面白いです。
雪の鳥海山、懐かしいですね。もう随分前のことですが、厳冬期(1月の末でした)に鉾立から登ったのを思い出しました。もっと雪も多くて風もきつくて厳しい山行でしたが、今になれば懐かしい思い出です。こんなところで雪の鳥海山を見せてもらえるなどとは嬉しいですね。有難うございました。
tami
2009年02月13日 22:34
庵主さん、こんばんは。有り難うございます。
実は14,15日の夜、この滝をライトアップするイベントがあります。
滝と氷柱が浮かび上がる光景撮りたいと思ってましたが。雨の予報です。
冬に雨では写真になりませんので晴れた祝日に出かけた次第です。
私も菰を被った姿が雪国っぽく土地の人の気持ちを感じさせました。
鳥海山へ私はまだ登ってません。県内ではありますが最も遠い山で泊まりになります。
懐かしく思っていだだけて良かったです。
2009年02月14日 12:45
こんにちは。
いやー、どこも滝の氷を目指していくものの、どこも暖冬で期待外れになってしまいますね。でも生活は楽ですけど、写真撮影には物足りないですよねえー。
さすがに滝100選だけあって豪快さがあって綺麗ですね。。。
tami
2009年02月16日 15:43
Tomoさん、こんにちは。
火事に遭い遅くなりました。
ある意味今年の冬の記録と思えばいいのでしょう。
冬型に戻って来たので最後の冬の風景チャレンジしますか。
一応私の予定では3月初旬までは冬の風景ですよ。
端山
2009年02月17日 17:57
いい滝ですね。県内一ですか。夏に出張の際でもよって見たくなりました。
tami
2009年02月17日 18:05
端山さん、こんばんは。
庄内平野の行き止まりです。滝までは特に起伏はないし楽々行かれます。
酒田出張なら寄れるでしょう。

この記事へのトラックバック