美瑛の丘

やっと最後になりました

足掛け4日滞在した美瑛の丘をご覧ください

画像





新栄の丘

画像







赤い屋根の家
画像



ポツンと一軒家にでないかな

画像






画像






画像






藤野の丘
画像





画像



真っ白な十勝連峰を背景に撮ることが目的の一つだったのに

絶好のこの日は屈斜路湖への移動日

泣く泣く9時半に離れました

午後までいないとね

画像






逆光になっていない大雪山
画像






ビートの収穫が盛んでした
画像






噴煙を上げる十勝岳
画像





画像





画像





画像
















親子の木
画像






画像





画像





画像






ケンとメリーの木
画像





クリスマスツリーの木
画像


10数年前訪れたときより大きくなったような

画像


トップシーズンさえ外せば安く旅行できるので来年も行こうかな



そうそう ブログ開設11周年の案内がきました

初めての場所を少しずつ増やしながら感動をお伝え出来たらいいなと思っています










この記事へのコメント

2018年11月17日 21:08
 でっかいどうほっかいどう、ですねぇ~。数回行ったので、もういいかな?と思っておりましたが、また行きたくなってきました。
11周年、おめでとうございます!
tami
2018年11月17日 22:03
Nyantaさん、こんばんは。
有難うございます。
北海道は特にそうですが都道府県にちょっと行ったからといってもほんの一部ですからね。
仙台もまた行ってください。
最近自分も含め健康で元気が揺らぎブログを続けられる幸せを感じています。
12年目もよろしく。
2018年11月18日 09:24
こんにちは、
北海道を堪能されましたか? あの赤い屋根の景気は私も覚えがあります、真冬に雪に閉じ込められたら大変と北海道人らしい発想でした。
tami
2018年11月18日 18:24
Yoshiさん、こんばんは。
有難うございます。
今回は初めての北海道一人旅。
そういう意味では以前より堪能したといえます。
あの赤い家を見ていてインフラはどうなっているのだろうと気になりましたね。

今回のように宿泊先に連泊し滞在型に近い旅行をしたいと思いました。
simatoki
2018年11月19日 13:41
こんにちは。
ほんとに美しい景色です。
ブラタモリでも美瑛を取り上げていて、つい見てしまいました。
11周年、おめでとうございます。これからもよろしくお願いいたします。
tami
2018年11月19日 21:07
simatokiさん、こんばんは。
有難うございます。
本州ではほとんど見ることのない景色ですから単なる日常でもうっとりしてしまいますね。
11年だと特に感じることはないですが今年という年は考えさせられることが多く
今後に活かしたいと思います。
2018年11月23日 10:48
畑一面が大きくうねって、
まるで緑の海が波打つように見えます。
建物が無い、人がいない、その他に、
視界を遮るものが何も無い。
さすが北海道。観光シーズンは終っても、
ここで無ければ見られない雄大な風景ですね。
tami
2018年11月24日 20:27
yasuhikoさん、こんばんは。
有難うございます。
そのうねりの畑が売りですね。
花を期待しなければ安上がりで十分堪能できることがわかり
次回もこの季節を狙うつもりです。
2018年11月25日 21:49
今や有名な美瑛の丘。やっぱり美しくて幻想的な感じがします。撮る人の個性によって違う構図を選んだり、切り取り方が違ったりするのでしょう。
芸術的な作品だなと思います。
秋も十勝連峰が雪をかぶって本当に魅力的なのですね。素晴らしいです。
tami
2018年11月25日 22:53
ミクミティさん、有難うございます。
はっきりいって美瑛の丘には花はなくても緑は欲しいと思いました。
収穫終わって茶色の畑では絵になりません。
だから光と影を意識しました。
真っ白な十勝連峰を背景にした景色が中途半端で今後の課題となりました。

この記事へのトラックバック