蔵王の初冬散策

貴重な晴れ間にちょっと歩いてきました

蔵王エコーラインを


蔵王ライザワールド この時はまだクローズでした
画像







画像






画像






画像




長靴で歩き始めました

スノーシューも持参しましたが積雪数センチなので
画像






画像





画像





画像





画像





画像





動物の足跡も見えない
画像





画像





画像





風が吹くと

スノーシャワー
画像





画像





ナナカマド
画像





お目当て ツルウメモドキ
画像
しゃがんで撮ってたはずなのに見上げる高さ まだまだ積雪が少ないと実感





画像


当地は積雪ゼロです




この記事へのコメント

2018年12月17日 22:58
こんばんは。
とてもさわやかな感じがする風景ですね!
青い空に白が映えています。
今年はまだ雪が少ないようですね。
tami
2018年12月18日 21:40
みっちゃんさん、こんばんは。
有難うございます。
私が好きな風景の一つです。
少ない晴れ間に現れる輝きが心まで爽やかにしてくれます。
例年通りクリスマス寒波がきそうなのでどうなるのか。
2018年12月20日 22:59
今年も蔵王に行かれましたか。
風が吹くと桶屋…でなくて、
雪がシャワーのように舞うんですね。
モンスターはまだでも、薄化粧したような
木々の爽やかな趣が何とも言えません。
詩音連音
2018年12月21日 09:20
tamiさん(^^)
おはようございます(^^)
わぁお~、さすが蔵王ですねぇ~。
青い空と白い雪。もうなんとも言えませんね。感動です。
ところで、蔵王ではダイアモンドダストは見えるのでしょうかぁ~???
スノーシューデビューしたいと考えております。
tami
2018年12月21日 18:36
yasuhikoさん、こんばんは。
有難うございます。
私の周りで風が吹くと濃霧のようになりましたよ。
この風景を夜に撮るのも好きなんですが億劫になってしまいました。
仕事を忘れる余裕がほしいところ。
tami
2018年12月21日 18:42
詩音連音さん、こんばんは。
有難うございます。
あなたの故郷だって冷え込んだ朝は見えたのではないですか。
冷えて晴れた無風の朝ですから蔵王に限らず高原では見る機会があるでしょうね。
蔵王樹氷原だと普通のカンジキでも歩けますが普通の雪原ではスノーシューですね。
デビューしたらご一報を。
2018年12月24日 00:13
やはり、貴重な晴れ間なのですね。こういう景色を見るために東北を旅したいと思いますが、上手く晴れの日に当たるとは限りませんよね。
山の中の雪の眩しくて美しい風景、ブログで見せて頂くのが賢明なのかなと思ってしまったりします。憧れです。
tami
2018年12月24日 20:43
ミクミティさん、こんばんは。
有難うございます。
郊外にでるとすぐ蔵王が見えてきます。
平地は晴れているのに蔵王は厚い雲に覆われていることがほとんどです。
でもそれがスキー場にも観光にも必要なんですね。
芸術作品でも観光でも写真で見るのとは感動が違うはず、その空気感が貴重だと思うのですが。
曇っていたら楽しみは次回にと思うくらいが醍醐味じゃないでしょうか。
詩音連音@再び
2018年12月28日 07:24
おはようございます(^o^)
今朝のBSの「もういちど日本」の紹介は出羽三山の年越し、月山の年越しの様子を放送しておりました。

tamiさんは見たことありますかぁ〜???

信仰の山々は年中行事として、こういうのが行われているのですねぇ。

来年の初詣は大崎八幡宮に行きたいなぁと思っていますが、近くの愛宕神社になるかなぁー???(笑)

山形の有名な初詣の神社ってどこですかぁ?
tami
2018年12月28日 21:13
詩音連音さん、こんばんは。
有難うございます。
私はBS観られないのです。
何にも見たことないかな。
そもそも深夜の初詣は一回しかないです。
私は毎年年末年始旅行しているのでたまたま寄った先に神社があるとお参りしますが
お願い事をしないので特に拘りはないですね。

一番多いのは山形市の護国神社かな。
天童だと若松寺か。
simatoki
2019年01月03日 16:56
青い空に白い枝が映えて美しいです。
12月はとても忙しくなかなか訪問できませんでした。
抜けたような青空にほっとしています。
赤い実が可愛いですね。
tami
2019年01月03日 21:02
simatokiさん、こんばんは。
有難うございます。
まぁ忙しいのは良いことにしておきましょう。
冬山なので晴れた日でないとね。
今年も厳しい中で見せてくれる輝きを狙いたいと思っています。

この記事へのトラックバック