秋の蔵王中央高原散策路

珍しく蔵王のほぼ同じ地域を連続でアップすることになりました 当日は10月10日 日曜日で紅葉見頃の快晴ときては 混んでました そこで穴場から ゆっくりと 三宝荒神山の麓というかコタンゲレンデ上駅に登りました パラダイスゲレンデから三宝荒神山 コタンゲレンデ もっとなだらかな作業道を選びました リフト上駅から 誰もいません 下り これから訪れる片貝沼をまず裏から ナナカマド 片貝沼 目玉沼  背景は三郎岳 うつぼ沼 葉っぱが真っ赤になるコマユミ 五郎岳へ グミ 安定の色付きドウダン 五郎岳山頂から三宝荒神山方向 うつぼ沼付近 龍山 オオカメノキ 激混みのドッコ沼へは寄らず  中央がドッコ沼

続きを読む

蔵王 三宝荒神山の紅葉

三宝荒神山(さんぽうこうじんやま)の紅葉が見頃ということで出かけてきました 考えていたルートは蔵王ロープウェイで山頂駅まで昇りパラダイスゲレンデを下り鳥兜(とりかぶと)駅かドッコ沼近くのスカイケーブルで下りるかと つまり下るだけ 蔵王ロープウェイ下駅に行くと故障で止まっていると言います  どうするか頭をフル回転し蔵王中央ロープウェイで鳥兜山に行きそこから登るか... パラダイスゲレンデの急斜面を思い出していました あそこかよ.. とりあえず移動し別のロープウェイに乗りました 鳥兜山山頂から蔵王温泉街を見下す 中央 パラダイスゲレンデ  左上 三宝荒神山  右上 地蔵山 中央ゲレンデ 三宝荒神山  どれ登りますか  私は直登せず迂回路のルートをとりました パラダイスゲレンデを登りきると ザンゲ坂となります 向こうは地蔵山の樹氷原ですがほとんどアオモリトドマツは枯れています 地蔵山の山頂に人がいます  疲れたので私は行きません お地蔵さんで昼食 三宝荒神山山頂へ登りました 向こうは地蔵山 帰ります 冬は樹氷原コースです …

続きを読む

そば高原

大蔵村湯の台  毎年のように訪れるのであまり代わり映えしませんがご覧ください 鳥海山が見えていました 雲も気になる

続きを読む

盛夏の弥陀ヶ原湿原

やっと今週から落ち着きそうですがこの時は暑かった そんな時は弥陀ヶ原湿原へ 駐車場から庄内平野を望む 傍らにはハクサンシャジン ハクサンフウロ ノリウツギ ミヤマウツボグサ 残雪が多かったところにはまだニッコウキスゲ ミズバショウの葉っぱに赤とんぼ イワショウブ タチギボウシにも停まってる ミヤマホタルイ キンコウカの花畑 オゼコウホネ 池塘を赤く縁どるモウセンゴケ シロバナトウウチソウ ミツガシワ 避暑なので疲れてなくても一服 コバノトンボソウ ミヤマアキノキリンソウ 降りてきて 月山高原牧場 必ず日よけの大木があります

続きを読む

ユウスゲ

榛名山です 長距離ドライブ(一般道往復700km)なのでいろいろ考えていました こんな労力使うほど見たい撮りたいのかと まして今時 結論として どこか遠出したくて何か理由が欲しい です その程度の気持ちですがご覧ください 自宅から一般道で向かうと丁度 夕方に到着するのです オカトラノオ ノハナショウブ チダケサシ カワラマツバ コオニユリ タカトウダイ ホタルブクロ 当日はビジホに宿泊 久しぶりに  おいしかったな それから家では焼酎の水割りじゃなく炭酸割で飲むようになった 南は北関東 北は青森県の範囲で出歩こうかと思いますが心身の変調もありどうなることか その前に ”暑い” 

続きを読む

下北半島 尻屋崎の花々

ワクチン2回目接種を終えたらと待っていました 一路 下北半島へ ねらい目はニッコウキスゲ ウツボグサ カワラナデシコ ノコギリソウ 尻屋埼灯台を無理やり アサツキ スカシユリ ツリガネニンジン キリンソウ 背景の島をクローズアップ ウミネコかな エゾフウロ 近くには三菱マテリアルの工場があります 寒立馬(かんだちめ)は到着が遅かったせいか放牧場入口近くに集まっていました 翌日また訪れました

続きを読む

鳥海山の花々

絶景に咲き誇る花々をご覧ください 鉾立から ササバギンランか ナナカマド アカモノ イワカガミ ゴゼンタチバナ シラネアオイ 調子が上がらずの中 雪渓が現れ涼風が吹きました 調子が上がらない時は空を見上げます そこには”暈(かさ)”が 雪渓なりに登り 湿原に出ました チングルマ 目指す笙ヶ岳(しょうがたけ) ヒナザクラ ハクサンイチゲ祭りの始まり❣ おねえさんがどきましょうかと言うので  いや人が居るのも自然なのでそのままでいいです 人が入らない構図は帰りに撮ればいいかと思ったのですが帰りは絵にならない若者二人がいて断念しました コシジオウレン ヒメイチゲ 黄色はミヤマキンポウゲ 天気予報では大気が不安定で落雷の可能性があると 遠雷も聞こえ始めていたので落ち着かない 御浜を目指しました 道を縁どるようにミヤマキンバイ 山頂はガスで隠れ気味 振り返れば花畑と笙ヶ岳 鳥海湖が見えてきました …

続きを読む

釜磯海水浴場

鳥海山の伏流水が湧き出る釜磯海水浴場 年に2~3回は訪れるでしょうか 撮っていると親子がやってきて父親が写真などの話しをしてきました すると男の子が湧き出し口に足を入れました 眺めるより遊びが優先だな 親子連れが多かった さっきの親子は海で撮影会 山形も暑くなっています

続きを読む

皮松谷地

リュウキンカ広場の先にはもっと広く見通しの良い皮松谷地があります タムシバ 背景の山は左から湯殿山 姥ヶ岳 右端奥が月山

続きを読む

リュウキンカ広場

春に絶対訪れる場所が数か所あります ここもその一つ 新緑の中 残雪を踏みしめて向かいます ネイチャーセンターに車を停め石跳川沿い上流に向かって歩いて行きます 今年は雪解けが早くちょっと歩きづらい 雪から顔を出したばかりか 石跳川を渡ります リュウキンカ広場到着 木道を流れが横切っています こういうリュウキンカ いいな 踏ん張る ミズバショウ 先を急ぎました 戻って来たとき あのリュウキンカは 水の中 雪解けを実感します

続きを読む

桜サイクリング

桜の花見の中では一番好きなサイクリングしながらの花見 JR高畠駅にあるレンタサイクルで借り 出発 鉄道跡がサイクリングロードになっているので 旧高畠駅 阿久津八幡神社 久しぶりにオオイヌノフグリを撮った 帰り着いた時 山形新幹線が到着しました

続きを読む

庄内アルプスを歩く

私にとって冬から続いた月山ビジターセンター主催のイベント参加は最後になります あとは勝手に行動したいもので 集合場所の由良海岸 バスに乗り油戸へ行き 登り始めました 花ワサビ キバナイカリソウ カタクリは終わってました ツリバナかな ハウチワカエデ 鳥海山 荒倉山山頂の シラネアオイ オオカメノキ シュンラン 月山 ニリンソウの群生地に寄りました 花びらの先端が薄っすら紅がさしています 展望台で昼食 ナニワズ ルリソウ 終わってしまったシロバナのカタクリ 参加者多いです 由良海岸まで下りてきました 民家の前でコンテナに水をかけています アンコウでした 白山島に渡る人 帰る人 私はすぐ帰りました 何しろ静岡から夜帰り 翌早朝5時出発してここに来て また山歩き 流石にくたびれ しばらく体がだるかった ここのイベント参加者や山で出会った中で見て下さっている方々がいらっしゃいます お世話になりました また来年の冬 お会いしましょう

続きを読む

今年最後?のスノーシュートレッキング

3月20日 月山ビジターセンター主催です 今シーズン初めてバスでの移動 月山高原牧場 ちょっと拡大 この下は道です 振り返れば月山 熊の爪痕がミズキにクッキリ 雪解けが進んできたのでルートを探しながら歩きました ハンノキ コロナ対策なのか餅はなくなりました もう春の花を求める旅は始まっているので個人的にはスノーシュートレッキングは最後かと思っています

続きを読む

地蔵沼周辺をスノーシューで

花をアップしたので止めようかとも思いましたが折角なので 連続して編集しました 弓張平より先にあり100mくらいは標高高いのかな 一般車を通行止めにして除雪していました 適当なところから上り始めました これが 地蔵沼 一部 雪解け水が流れ込み水面が出ていました キャンプ場の建物 中々です ちょっと先に上りました ブナの千手観音か やっぱり 凄い 今月いっぱいで上の姥沢駐車場まで開通を目指すのでしょう

続きを読む

角田山

新潟市にある花の山を登ってきました お目当ては... 雪割草 尾根ですから樹間から風景が見られます ショウジョウバカマの咲き始め キクバオウレン マンサク 12時は過ぎていましたが山頂広場を通過し観音堂へ 少し雲があり飯豊連峰の雪山が隠れていました 大休止後 灯台コースで帰ります 咲き始めのカタクリとキクザキイチゲ 視界が開けると青い海と佐渡島 ところどころに雪割草が咲いています ヤブツバキか 灯台のある風景 痩せ尾根に強風で怖かった

続きを読む

弓張平でスノーシュー

前々回と月山を挟み反対側の西川町弓張平を歩きました こっちの方が自宅から近いのですが なだらかで散歩には丁度いい 道路から4mくらいあるのか 毛細血管のような影が好きなんです 手前はグラウンド   湯殿山 山は左から湯殿山 姥ヶ岳 月山 トイレは雪の下 回廊なので その辺から上ることはできない 落ちたら出られない 仁田山牧場 月山 タムシバ ハンノキ 楽しく歩かせていただきました

続きを読む

野々村溜池2

前回は鳥海山が雲の中だったので晴れ渡った日に寄りました 餌をやっていると時々もめます 飛び立ちました 着水態勢

続きを読む

スノーシュートレッキング

蔵王は一人でそれ以外では月山ビジターセンター主催のスノーシュートレッキング参加するだけなのですが 余りに天気がよくて月山ビジターセンター付近を一人で気ままに歩いてみようと思いました 今回はデジイチで撮りました 日が長くなり光が強くなると影が濃くなりそのコントラストが魅力的なんです ウサギに皮を食べられた 動物の足跡も楽しみ 月山もクッキリ ずっと向こうまで 月山 あっても動物の足跡だけ 振り向けば鳥海山 ビジターセンターに寄った際ボランティアスタッフのWさんからホカホカ焼き芋を頂きました 暑かったのでペットのお茶を雪で冷やしています 葉っぱがないので林の中は明るいのです 野ウサギが発情期の証拠 月山に 鳥海山 起伏と影と動物の足跡 これが一番の目的 庄内平野 もう雪がありませんね 月山高原牧場 夏は木陰に牛たちが集まります 帰りは順光になります 今年も登りたいな 往きはクネクネ 帰りはショートカット 気分も写真のイメージと同じ やっぱり自由はいいな…

続きを読む

樹氷神社参拝

蔵王のスノーシュートレッキング3回目で刈田岳山頂を目指しました 第2リフトから ここから出発 遠く朝日連峰 飯豊連峰 天気がいい日はよくヘリコプターが飛んでいます 刈田岳が見えてきました まず月山に合掌(気持ち) 御田の神園地にある避難小屋 大勢登ってました リフト上駅がこんな...モンスターに飲み込まれたのか もうちょい 山頂 テレビカメラの撮影隊がいました お釜 宮城県側 海も見えます 山形側 鈴までたどり着けない 鳥居の間から 朝日連峰 北方向の山々 朝日連峰の端にある祝瓶山(いわいがめやま)か 見上げれば日暈を貫く飛行機雲とその影 中丸山の斜面 再び月山 暖かくなったのでもう終わりかもしれません

続きを読む

スノーシュートレッキング

月山ビジターセンター主催で今シーズン4回目参加してきました 記事にはまだ1回しかアップしていませんが他2回は雨でした 今回は快晴 楽しさが伝わればいいな 何故か参加者は70名とか 多すぎ 2組に分かれ 私は2組 野ウサギが逃げて行ったのですがその後 疲れたのかしばらく止まってくれました 尾根を歩いたりします 下の林道で1組が休憩中 庄内平野 奥に日本海 鳥海山 月山 雪庇があるのであまり前には行けません 最後は 遅い2組だったので餅は堅く ナメコ汁はぬるくなっていました でも楽しいルートでした

続きを読む

蔵王スノーシュートレッキング

今年2回目の蔵王 輝く白と青の世界をご覧ください 駐車場から リフトは2本乗り継ぎます 今回は上に上りません 刈田嶺神社をクローズアップしたら月が見えたので ブナ林散策に時間を使いたかったのです ゲレンデに出ました この中を歩いて下りました また入ります 駐車場のカラマツ林 30日スノーシュートレッキングイベント参加のため早朝向かったら(車で2時間かかる) 半分も行かないうち ホワイトアウト に見舞われ あえなく断念 引き返し 主催者にキャンセル連絡 主催者からは こちらも地吹雪で中止したとの返信 各地で事故や通行止めで厳しい爆弾低気圧でした

続きを読む

スノーシュートレッキング

月山ビジターセンター主催のスノーシュートレッキング 今回の記事は2回目 その様子をご覧ください 1回目は真冬なのに雨にたたられ冷たくて残念な回でした シーズン初めなので準備に手間取ります 荒沢寺(こうたくじ)は雪下ろししないのです 庄内平野の眺望がよかった 休憩は水分補給したりお菓子食べたり 道路から雪原へ 階段つくり 雪原なのでバラバラになります 昼食は あんこ餅とナメコ汁 帰途についたら正面に鳥海山が現れました 30日もありますが雪予報で真っ白な世界がいいんだな ただ運転中ホワイトアウトは困る

続きを読む

樹氷トレッキング

今回の大寒波の前日は晴れていたのです 貴重な晴れ間を私はスノーシュートレッキングに使いました 例年より寒気が続くので樹氷が出来ているかと 蔵王ライザワールド かろうじて朝日連峰 リフトからもワクワク 出発! ほっとします 飯豊連峰 刈田岳が見えてきました 御田の神園地にある避難小屋 湿原なので雪原になっています 今回は体が慣れていないので刈田岳には向かわず南(右)にそれました ガスが出てきたので帰途につきました 白く覆われると怖い気がする 最後の楽しみは ツルウメモドキ 幸いにも当地は大雪ではなく積雪は30cmくらいか  県内でも記録的な場所はあるので油断はできません 三連休は基本閉じこもっています 今回はスノーシューを借りたのですが購入したので次回からはマイスノーシューで遊びます

続きを読む

雪に煙る銀山温泉

銀山温泉で「千年廻廊(かいろう)」と称した光のイベントがあったので行ってきました 当日は今回の大雪の初日でした 積雪3mは降るような土地なので撮影も大変 千と千尋の神隠しの世界はあちこちにあるようですが此処も そう 足湯ですが吹雪なので 川底にプロジェクションマッピング 川底が黒いのか雪で光が弱くなるのか何を映しているのかわからない プロジェクションマッピングは雪のカーテンか雪山にでも映せばいいんじゃないかと 例年年末年始は一週間以上旅行していますが地元でもクラスターが発生したり 大雪にも見舞われているので閉じ込められ感が強いこの頃 一泊でもどこかに行きたい  山に囲まれた山形では県を越えるのは勿論 県内移動も危険が伴います

続きを読む

種差海岸と東北温泉

GOTOで青森県八戸市に行ってきました 夏場に2回訪れたことがある種差海岸 広大な緑の天然芝とニッコウキスゲが岩場と青い海に映えるのですが初冬なので… ウミネコ 気持ちいい犬の散歩 グランドゴルフもやっていました その前に東北町にある東北温泉へ行っていました 大浴場は330円 撮影したかったので家屋風呂へ 1300円 日本一黒いというモール温泉です 信楽焼の浴槽 最近 撮影を目的にしない旅行が増えてきました それでも旅行は楽しい 大都市や大観光地には行きませんが感染の行く末が気になり毎年の年末年始旅行をどうするか決めかねています

続きを読む

滝川渓谷

矢祭山公園公園から いわき市のペンションに宿泊し 翌朝ペンションご夫婦とまた矢祭町の滝川渓谷に車2台で向かいました 渓谷の上と下に駐車場があり奥様は上にいてもらい ご主人と私は下に降り登りました 入口 おぼろ滝 鋸歯(のこば)の滝 見返りの滝 みすじの滝 ご主人 へばっているのですが せせらぎの滝 銚子の口滝 上にある蕎麦屋 滝川の里で昼食をとり今年の紅葉狩りは終了となりました

続きを読む

暗門の滝

青森県西目屋村 今年二度目 9月に訪れたばかりです 紅葉も綺麗だろうなと前回推測したことと遠出したくて北東北なら安全と思いました あとGOTO+自治体補助でおよそ1/3の宿泊料金も魅力 早速歩いて行きましょう 12時頃ですがこんなものです ほぼ崖なので見上げます 落ち葉も降り積もっているので滑りそうで怖かった 見えてきました 第三の滝 前回は第三の滝まででしたが今回は時間があるのでその先に 第二の滝 第三より落差がある 第一の滝へは通行止めでした yellowでなくgoldだな

続きを読む

月山弥陀ヶ原湿原

お暑うございます 連日35℃オーバーで参っております 普通 暑さを避けることを避暑と言いますが私は”避難”と言っています どこかお手軽なところはないかと頭を回したら あそこだ! と 月山八合目にある弥陀ヶ原湿原を散策することにしました 下界は少し霞んでいましたが右手に鳥海山 正面には庄内平野   久しく見ていなかった ハクサンフウロ ネジバナ 池塘が現れてきました ウメバチソウ ヤモリかイモリかなんでもいいですがその生命力に脱帽 鳥海山にも大勢登っているんだろうな エゾオヤマリンドウ オゼコウホネの池塘 イワショウブ モウセンゴケ 疲れてないけど マッタリ さざ波が心地よい風を表しています シロバナトウウチソウ ミヤマアキノキリンソウ 俯瞰したかったので ちょっとだけ登りました 帰り月山高原にあるひまわり畑に寄り道 庄内平野を背景に 鳥海山も背景にできます ソバとコラボしていました  花束のカスミソウみたいな感じか いい加減 気温が下がってくれないと仕事に差し支えます

続きを読む

仏ヶ浦

下北半島の西側 マサカリの刃にあたります 駐車場から暫く下ると 奇岩が現れます 海の色が綺麗なんですよ 火山灰が岩になった凝灰岩で出来ています スカシユリ カワラナデシコ 追記 この日は下風呂温泉の旅館に宿泊しました 私のことだから一番安いプランだったのですが 私一人で食事する部屋(どうも宿泊者は私だけだったもよう)に女将さんが ”ウニ食べますか サービスします” と小鉢を持ってきました 女将さんが部屋から出る時にまた話しかけてきました ”今日で2回目ですよね” 私 ”えぇっ 何年も前ですよ! なんで知っているんですか?” 女将さん ”珍しい名前(姓)だったもので 皆さん覚えているわけではないんです” すぐにスマホでブログを確認したら下北半島へは15/16/18年に訪れていて多分16年 4年前はほとんど会話しなかったのに(多分ビール下さいくらいしか) たまに銀座のママが客を全部覚えてるとかテレビで観ることはありますが実体験してビックリしました

続きを読む