黄色い絨毯-蔵王御田の神園地-

湿原がびっしりキンコウカの黄色に覆われていました この前 訪れたのはワタスゲの頃か 葉っぱを見ると もう色づき始めていました キンコウカ ユリ科 キンコウカ属 赤トンボが最近少なくなっているらしい シロバナトウウチソウ イワショウブ 最後のワタスゲ サワラン これから最盛期 エゾオヤマリンドウ

続きを読む

ワタスゲの季節-御田の神園地-

ちょっと時間が取れたので気軽な蔵王にある御田の神園地を訪れました ワタスゲがちょうど見頃でした 影も可愛い チングルマの花は終わっていました ガクウラジロヨウラク ツマトリソウ コバイケイソウ イワカガミ ほぼ終了のヒナザクラ ムラサキヤシオ ノビネチドリ ハクサンチドリ ヤマオダマキ この日だけ晴れたのです

続きを読む

リュウキンカ広場と皮松谷地

月山山系でブナ林を愛でながらも雄大な景色や花を楽しめる稀有な場所です 石跳川に沿いを上って行きます 川に架かる橋を渡ります 落ちたらアウトなので慎重に 小さな崖を2回登ると リュウキンカ広場に 雪解け水が木道を横断 よく耐えているミズバショウ 雪解けが進んでいるので例年のルートをとれず木道をそのまま進み斜面を登りました 皮松谷地手前のブナ林 出ました リュウキンカ 皮松谷地を反時計回りに歩きます タムシバ 個人的には皮松谷地正面の景色 左 湯殿山  右の丸いのは姥ヶ岳  右奥 月山山頂方向 訪れるのが少し遅く 残雪も少なめでした いつもは湯殿山の森林限界にある木は黒いのに今回は芽吹いていました 主に姥ヶ岳斜面を月山スキー場といいますが天気もいいし賑わっていました 持参したマットに寝ころび... 昼食を摂り  あれっカップ忘れてきたぁ どうしようか 水筒がある! バーナーが点かないとかあったのですがなんとか飲めましたぁ …

続きを読む

ワタスゲとコバイケイソウ-御田の神園地-

初夏の蔵王を賑わせる”白”をご覧ください ワタスゲ サラサドウダン ハクサンチドリ ノビネチドリ チングルマ コバイケイソウは当たり年 アカモノ マイヅルソウ ベニバナイチヤクソウ アカモノとツマトリソウ

続きを読む

黄色い地平線-雄国沼湿原-

福島県裏磐梯にある雄国沼湿原 今年は当たり年のようです ニッコウキスゲ 白いコバイケイソウは終盤 ワタスゲも終盤 3周したので構図が似ています 腰の曲がったお婆さんも歩いてます まだまだ蕾が多く 今週の半ばの方がいいのか

続きを読む

登山撤退と御田の神園地

花の不忘山にチャレンジしました コンスタントにアップしているので元気と思われるかもしれませんが 最近 私の体に不安な二つの症状があったのです 主に体に負荷がかかると現れるものでした 絶好の登山日和 症状がでないよう ゆっくり でもすでに症状が出ていました サラサドウダン 緑に囲まれ ヤマツツジが癒してくれます 一旦症状がでるとその間隔が短くなって ここで断念  その症状とは過呼吸 登山し始めた程度の段階で終了 がっかり 下りはスイスイ まっすぐ帰るか どうしようか そうだ  御田の神園地に寄ろう 多分 見頃なはず 駐車場からは近いしアップダウンもほとんどないので問題ありません ヒナザクラが見頃 ミツバオウレン イワナシ チングルマがベストでした イワカガミ ミネズオウと ワタスゲ  密度はまずまず  二週間先かな ヒナザクラと しばらく登山…

続きを読む

ビーナスライン

松本から帰途につくわけですが前の晩にテレビでビーナスラインドライブを流していたので 私もドライブすることにしました 途中で分岐があり美ヶ原とどっちにしようか迷ったのですが もっと上からなら平らに見えるはず 美ヶ原 浅間山 おっ 富士山の頭が 先が楽しみ 八島湿原 この形になるまで12000年かかったそうです 車山山頂のレーダードームが テレビではなんとかマユミって言っていました  ただのマユミじゃなさそう 傷んだ木道を修理中 ツルウメモドキ アップ 高原ですねぇ 停まるたび 富士山をチェック 左側の山々は八ヶ岳 北アルプスじゃないかな 八ヶ岳の裾野の向こうに  白樺湖と蓼科山 カーナビに任せ 上田から新潟経由で帰ってきました

続きを読む

草紅葉の弥陀ヶ原湿原

見通しがいい時は天空の湿原というか楽園になります 池塘と鳥海山は絶対入れたい まず行くところがあります オゼコウホネの池塘 まだ花があった もっと紅葉が進んだろうな ひろびろ 水が澄んでいてミツガシワの影がクッキリ 登山道を少し登り振り返ると 新庄盆地は霧の中 訪れたらここまでは登って来てほしい

続きを読む

御田の神園地のワタスゲ

もう遅いかと思っていたのですがふわふわの見頃でした ハイマツと チングルマはもう 咲いていると ハクサンチドリ もう飛んでいく! チングルマとツマトリソウ 湿原の端っこにはトキソウの群生

続きを読む

ワタスゲ

福島市にある浄土平のワタスゲです バックは一切経山 吾妻小富士と 木道に這いつくばったりして楽しかった

続きを読む

御田の神園地-蔵王-

エコーラインの隣というか園地の中を通っているというのが正解なアクセス良好の湿原です ミツバオウレン チングルマ ミネズオウ 当たり年だな ヒナザクラ ワタスゲも当たり年だな これから白いボンボンになります ツクシとヒナザクラ イワカガミ 下旬の晴れた日にまた訪れます

続きを読む

皮松谷地

目的地はブナ林に囲まれた広々とした湿地 私にとって皮松谷地は”楽園” あまりにも天気が良かったので午後から出かけ着いたのは3時前 独り占めの風景 リュウキンカの群生 左が湯殿山 右が姥ヶ岳 ほぼ全景 姥沢の宿泊施設 あそこからはただブナの森が広がっているようにしか見えないのです 帰途につき振り返ると朝日連峰主峰の大朝日岳 考えていたルートでは見えるはずがありません 間違っていました  景色や川で最終的には判断できるので帰れなくなることはありませんが この二日後に友人を誘いまたやってきたのです

続きを読む

弥陀ヶ原湿原と花々

まっすぐに月山山頂へ向かったので帰りに弥陀ヶ原湿原を散策しました キンコウカ エゾオヤマリンドウ オゼコウホネ の池塘 イワショウブ シロバナトウウチソウ 月山に咲いていた他の花 ハクサンフウロ ウツボグサ ハクサンイチゲ 当初はこのまま帰る予定でしたが ある植物の状態を見るためハンドルをきりました 途中 月山高原にはコスモスが咲いていました 向こうは庄内平野

続きを読む

梅雨の月山

天気が悪くて花期を逃したのかと思いながらわずかな晴れ間に向かいました さっそくの歓迎 ハクサンフウロ 小ぶりな水芭蕉の蛇行が気になります イワイチョウ ニッコウキスゲとウラジロヨウラク 池塘には花が終わった ミツガシワ 登り始めました 弥陀ヶ原湿原を見下ろす トキソウ アカモノ イワカガミとミツバオウレン 最初の雪渓 シラネアオイ 蕾までありますよ 終わりかけのチングルマ チングルマ 仏生池小屋 小屋の先で一服 山頂がガスっぽいので写真はイマイチだしお目当ての花も終わっていたので 帰ろうと歩きだしました ただ山頂方向に数メートルこの花を撮るために行っただけなのです ミヤマキンバイ でも何故かそのまま登り始めました 自分でも不思議に思いながら ハクサンシャクナゲ ヒナザクラ アオノツガザクラ ミヤマシオガマ ハクサンイチゲ キバナノコマノツメ …

続きを読む

蔵王御田の神園地の花々

ここは実にアクセスのいい運動とは言えない楽な場所にあります この園地をエコーラインが分断しているくらいですから ルートにもよりますがまず現れるのは ヒナザクラ 東北固有種とは思えない群生です ミツバオウレン 初夏の高山植物の代表格でしょうか チングルマ ミネズオウ イワカガミ 花粉だんご付けてる ムラサキヤシオを撮ったつもりがこの二股見覚えがある! モンスターのウサギちゃんだな ワタスゲは黒っぽくてまだ早かった ワタスゲが不満だったので後日訪れました チングルマは盛りを過ぎていました ハクサンチドリはあちこちに ワタスゲ  まぁまぁだな 触ってもフワフワですよ 朝日連峰 影も可愛い …

続きを読む

月山弥陀ヶ原湿原の星空

流星群ですが曇りでまったく星が見えません 昨日撮ったので写っているか確認して後日報告します 還暦プロジェクトの一つ 他でも撮っているといっても気合が必要なんです 池塘に天の川を映したい 気持ちなんですが 曇っていて帰ろうと歩きだしたら夏の大三角が見えてきて また準備しなおしました 新庄方向 池塘と庄内平野 夏の大三角 夏になると池塘にミヤマホタルイが繁茂して映らないのでした 庄内平野の夜景 木道が狭く三脚やカメラを扱いにくいし なにより怖い 特にライトを点けての帰り 背筋がザワザワしてました 車から数百メートル歩いた場所なんです 戻った時リモコン落としたことに気づきましたが戻る気にはなれず帰ってきました ただ今旅行中で一泊目は車中泊 初めてスマホのテザリングでノートパソコンをネットに接続しアップしました

続きを読む

月山 弥陀ヶ原湿原

夏の月山です 今年初めて庄内側八合目まで観光バスとすれ違いに苦労しながら行ってきました 八合目駐車場 土曜日は混みます 今回は山頂へ登らないで駐車場隣の弥陀ヶ原湿原だけを歩きます さっそくハクサンフウロのお出迎え 湿原はもうキンコウカの季節なんだぁ     紫はヨツバシオガマ ニッコウキスゲと共に青空へ向かう感じ レジャーと鎮魂と 良く見えませんがヒナザクラ 小さな小川に沿って水芭蕉ですよ 絵に描いたような蛇行です 結果的にここだけ残っていたミツガシワ 池塘にイモリかヤモリか いずれにしてもこんな半年以上雪で閉ざされるところに生きていけるものだと感心してしまう 山頂は見え隠れ モウセンゴケが色を添える オゼコウホネ 花はないかと思ったら 小さく咲いてました おっ鳥海山が見えてきた! 花はないけどこんな草原も気持ちいい ワタスゲと実をつけたミツガシワ こ…

続きを読む

雄国沼湿原のニッコウキスゲ

午前中客先で打ち合わせ 予定より長引きながら慌てて登山口に向かいました いつもはシャトルバスですが今回は時間に自由な歩きです 最終バスとか関係ないですからね 雄子沢登山口 14:22出発 こんなに遅いのは ”独り占め” が目的 気がせいていたので速足で歩きました 途中 平日にもかかわらず100名以上とすれ違い人気のほどが伺えました 誰もいない休憩舎 見えた! まだ数名いそう 到着 到着時2名 一組帰ってもまた来たりします もう私の影しかありません 太陽が傾き 雲に隠れる時間が長くなり じっと待ちます あの世感 いや 別世界感が増してきました 帰りは完全に曇りで薄暗い林の中を追われるように歩きまし…

続きを読む

蔵王 御田の神園地

エコーラインの通行止めが解除になったのでさっそく御田の神園地を訪れました ハクサンチドリ ヒナザクラ あらまし終わっていました ツマトリソウ アカモノ イワカガミ ゴゼンタチバナ チングルマも終わってる 少しだけ コバイケイソウ ワタスゲ ウラジロヨウラク 隠れているチングルマをアップ ムラサキヤシオ ノビネチドリ チングルマの花畑が見られず残念 どこかないかなぁ と頭を回しました あっ あそこだ  次回はあそこです

続きを読む

駒止湿原

毎年訪れています レンゲツツジとコバイケイソウは咲き始め ワタスゲは見頃でした 今年は普通だな 大谷地が終わると これから白樺谷地 次は水無谷地 ヤマドリゼンマイとコラボ 控え目に 私も帰ります

続きを読む

皮松谷地

県立博物園にあります 調べるとリュウキンカ広場の近くのようです 地図に道はありません まずリュウキンカ広場を右に見て適当に歩いて行きました この辺一帯は二次林のようで大木がありません 多少の起伏はありますがほとんど平らで歩きやすい 明るくて景色も見え 探していますがリラックスできます 川のような場所に出ました 畔にはリュウキンカ なんとなく川の向こうが気になったので回り込み向かいました おぉ ここじゃないか リュウキンカ広場より咲いてるな 開放的な景色でしょう 木陰にマットを敷き昼食 お茶飲んだり持参した短編小説を読んだり  背後の斜面を小走りに上りました  そんな気分なんです 博物園のブナ林 朝日連峰も見えます タムシバ ヤドリギが落ちていました こんな実なんですね 私には楽…

続きを読む

秋の御田の神園地

蔵王にある湿原です 草紅葉が綺麗になっていました 赤はドウダン 黄はカエデ チングルマの紅葉 草紅葉の一旦を担う キンコウカ エゾオヤマリンドウ イワショウブ なんとチングルマの花が残っていました 最近まとめ撮りしているのですが紅葉の情報が欲しい方もいらっしゃると思うので 紅葉に関する記事をタイムリーにアップします

続きを読む

夏の弥陀ヶ原湿原

訪れたときは日が傾いていました 遠雷が聞こえていたのですが”まぁすぐそこだから”と歩き始めました 登山口にはいつも迎えてくれる ハクサンフウロ 振り返れば輝く日本海 キンコウカと池塘のミヤマホタルイ タチギボウシ ニッコウキスゲ 西の方からガスが押し寄せて来ました 嫌な感じですが もうちょっとだけ ミツガシワ イワショウブ モウセンゴケ オゼコウホネ よく見たら黄色い花が咲いてる! ガスに覆われ遠雷とも言えなくなってきたので小走りに駐車場へ向かいました ほどなく土砂降り 待っていてもガスは回復しないので視界が10mのところをヘッドライトを点けゆっくり下りました 下に降りて月山を見ると..  が聞こえた段階で行ってはダメだと再認識した次第 この夏もう一回行かないと

続きを読む

雨の御田の神園地

結果的に雨だったのですが仕方がないので歩いてきました トキソウ アカモノ ウラジロヨウラク シロバナハナニガナ キンコウカ イワオトギリ ハクサンシャクナゲ チングルマ ハイマツ 花はもちろん綺麗ですが緑が鮮やかだった 雨になると水滴が付きづらい

続きを読む

雄国沼湿原のニッコウキスゲ

いやー今日はよく無事で帰ってきたと思うほど疲れました もちろんレジャーですが その様子は今週後半ということで 今年もこの季節がやって参りました 軽装と登山装備とあります 要するにバスで来るか登山道を使うかです ワタスゲはもう終わり この人たちがいなくなったところで我々が座りました もう面倒なのでカメラを置いて いつの間にか隣にテレビカメラが 友人が鯉を見つけました 私だけで足りないのか通る人に教えています 今年は木道周辺と木道内は半分かそれ以下の数でした 来年に期待 ついでに山形でもう一つのトトロを 帰りに寄りました

続きを読む

花の月山-2-

いよいよ山頂です 白い花は基本的にハクサンイチゲ ミヤマキンバイ 月山神社の周りも ハクサンハタザオ 月山といえばクロユリでもあります 南側 姥ヶ岳へ続く 毎年冬にお世話になっている月山ビジターセンターのKさんと偶然会いました 泊りがけで外来種の除草しているとのことでした 泊まっていかないかと言われましたが丁重にお断りして 植生が変わるという岩根沢コースへちょっと行ってみることにしました 道もはっきりしない花畑 ハクサンイチゲとチングルマ 少し歩くと雪渓が見えてきます イワカガミ 植生は同じだなぁ 何か違いがあるのか でも他より岩が多いと思った瞬間 見つけましたよ イワウメ 岩が大きくないので規模は小さいですが 岩に張り付いて咲く姿が愛おしい 夢中になっていたら いつの間にか山頂はガスの中 急いで帰途に着きます おっ 白花のショウ…

続きを読む

花の月山-1-

残雪が残る月山は花の季節を迎えていました 花の百名山の真価をご覧ください まず弥陀ヶ原湿原からスタート いきなり雪渓 池塘の雪も解けつつ ミツバオウレン 池塘に青空と雲があれば言うことなし 山頂方向 イワイチョウ チングルマ まだ一部咲き始めでした ミツガシワ 弥陀ヶ原湿原をあとにしてどこまで行くかはっきり決めないまま山頂への登山道を登り始めました 何しろ歩き始めが昼12時ですから ゴゼンタチバナ イワカガミ ナナカマド ベニバナイチゴ このミヤマキンバイが登山道の石以外埋めているのです おっ ミヤマシオガマ 群生 ホソバイワベンケイか 仏生池小屋到着 私にとって とりあえずあそこまで行こうかというポイント 天気が悪くなる様子もないので先に進みました 足元のミヤマキンバイに励まされ歩きます ヒナザクラの花畑 撮ったときはミヤマキンバイとハクサンイチゲのつもり…

続きを読む

蔵王御田の神園地のワタスゲ

この前訪れたときワタスゲが昨年同様多いと見たのでまた行ってきました 最近木道にカメラを置きたくなります チングルマも第二段階 ハクサンチドリ わずかに残ったチングルマとヒナザクラ ハイマツの雄花 ウラジロヨウラクが咲き始めたのであらためて水滴狙いします

続きを読む

田代山

アップダウンのある登山道を1時間あまり 山頂湿原が現れました 山頂がとんがっているのではなくほぼ平ら 台形状なんです  そんな形なので湿原になります 木道がループ状に敷設されていて一方通行 反時計回りで進みます 右へ 広々はいいのですが私は少し不満です 花が見当たらない 花が現れてきましたよ イワカガミとヒメシャクナゲ タテヤマリンドウ 勝手に歓迎してくれている気がして チングルマも咲いています この時 ワタスゲは少し早かった 今なら見頃でしょう 手前 ワタスゲ 向こう黄色っぽいのが チングルマ 魅力はなんといっても一番は開放的な風景でしょうね シャクナゲ 栃木の山々かなぁ 会津駒ケ岳に残雪があるうち訪れるべきだな ヒメシャクナゲを虫目線で ワタスゲに見送られて帰途に着きます 締めに温泉    6月は行きたいところがありすぎ しかも…

続きを読む

駒止湿原のワタスゲ

蔵王から向かったのは4時間ドライブの末 福島県南会津 駒止湿原 タテヤマリンドウも沢山咲いていました ズミの当たり年のよう レンゲツツジとズミ なんとなくベンチにカメラを 3つの湿原の間にはブナ林 おなじみウラジロヨウラク スニーカーを遠慮がちに 昨年当たり年のコバイケイソウ 今年はごく少な目 どうしても私の影が入るのでしょうがない ピース 近くの道の駅に車中泊 トラックのアイドリング騒音とかありましたが8時間は寝られたので睡眠は大丈夫 初めての山へ

続きを読む