出雲大社

災害が続いてアップもブログ訪問もする気にもならずにいました 被害に遭われた方にはお見舞い申し上げます こんな時必ず”ここは災害が少なくて住みやすいところだ”とか他人事として言ってる人がいるのです 被災者もちょっと前まで言っていたかもしれません 初めて島根に来たのだからここは訪れないと まず 手を清めます 拝殿 参拝の作法が他の神社と違うのは知っていましたが忘れていました しばし参拝者の作法を観察 まちまちでよくわからない しょうがないスマホでチェック 暗記してカメラを肩からおろして と  ちゃんとやりましたよ でも作法に気をとられ何もお願いしませんでした   ずっと体調悪いのに 御本殿 一周します いなばのしろうさぎ か 巫女さんが一礼します この日は鳥取泊なのですぐ向かいました 島根の宿泊先では足立美術館 出雲大社 松江城は見て下さいと言われていました 余談ですが今回の旅行で一泊目は石川県小松市にある温泉旅館でした それから10日くらいしたらその”老舗旅館が自己破産”のニュース びっく…

続きを読む

規制解除の蔵王

ということで規制解除の翌日歩いてきました 中丸山は噴火しません 日差しは春で影が濃い 樹氷は終わり ただの木になっていました 遠くも見えました 飯豊連峰 これから向かう刈田岳 月山 息を上げながらやっと 火口湖 お釜  噴火しなくてよかった 吾妻連峰 飯豊連峰 朝日連峰 不忘山へと続く南蔵王 クラゲ襲来 雲海に沈んでいた雁戸山が真っ白に現れました 影が長くなり帰ろう ミネズオウとコケモモか 一部解けています 木は華奢ですが根開きを見ると大きなアイスモンスターだったのかもしれない 避難小屋の周りは御田の神園地  チングルマやヒナザクラの花畑になります 春のキラキラ 当地の雪は来週中にもあらまし消えそうです 花はもうすぐ

続きを読む

雪深い羽黒山五重塔

遅くなりましたが2月の羽黒山五重塔をご覧ください 厳しい環境に凛と立つこの様が好きなんです 随神門 石段なんですがもちろん雪の坂になっています 杉の大木に囲まれて 除雪は特にされていないようです 帰りは上り 息が上がったところで随神門 今は半分くらいになったかな

続きを読む

榛名神社のイワタバコ

ユウスゲの前に榛名神社を訪れていました さっそく タマアジサイ 手を清め 岩の迫力に圧倒されます 丸ごと落ちるのか

続きを読む

羽黒山五重塔ライトアップ

現在 土日祝日にライトアップされています 着いた時はまだ暮れる前 随神門で300円を支払い提灯を借りて向かいました 神橋 翁(じじ)杉から 現在の五重塔は600年前再建だからこの翁杉もそのくらいか以上じゃないかな 巨木の杉並木の向こうに 暗くなるのを待ちました

続きを読む

玉川寺のクリンソウ

月山ビジターセンター主催の山歩きのあと久しぶりに寄りました クリンソウ トカゲなのか びっくりするけど蛇と違い撮ってしまう ミヤコワスレと教えて貰いました ヒメシャガ 友人がお茶をおごってくれました 小さいですがこんな和菓子久しぶり どうも最近クリンソウの数が減っています 訊ねたら温暖化とか日当たりとか環境変化を理由にしていました

続きを読む

冬の羽黒山五重塔

冬の庄内で訪れたくなる場所の一つ すぐに石段になるのですが実際は雪の坂になり慎重に下ります ほどなく杉林の間から見えてきました この前 雪下ろしの様子がニュースで流れていました どうやって張り付けたのだろう と想像してしまいました テレビクルーが来ているようです もっと雪降りが良かったな 冬しか来なくなってしまった

続きを読む

恐山

なんとも怖い地名ですが下北半島に行った限りは行かねばなりません この名前は子供の頃から親とかに聞いて知っていました ”死者に会える場所” というふうに 下北半島にあるということは大人になってから 半島のどの辺かは最近です しばらく曲がりくねった山道を走るとやがて湖が現れます 宇曽利湖 普通の湖じゃなさそう いきなり怖い 三途川が湖から流れて行きます 橋を渡る気にならなかった 大駐車場があり俗っぽくてほっとしました 参拝料を払います 一瞬 お金取るんだぁ  別に取るのはいいのですが普通じゃないところと思っていたもので 整然としている印象 「恐山」 やっぱり怖い 撮っていいものかまだ迷いがあります お参りを済ませそれらしい場所へ 順路の案内があるので道に迷いはありません こんな感じで硫黄臭が漂っています 宇曽利湖には砂浜があります 父が以前訪れたとき白い砂に惹かれ持って帰ろうとしたらダメだと言われたと話してくれた …

続きを読む

あじさい参道

山形市の出塩文殊堂 500m余りの参道にアジサイが咲き乱れ案内してくれます 傘をさし私と一緒にゆっくり歩きましょう

続きを読む

山寺参拝

無理するなと言われるし山のてっぺんは冠雪しているし 適当に運動できるところは...と行ってきました 対面石 最低でもあの五大堂まで登らねば 階段を上りはじめるとすぐ本堂の根本中堂 すぐ前に短いスカートの女性がいて写真を撮りづらかった 仁王門 五大堂はこんなもんでしたよ 一応仙山線の列車を待ちます 奥の院 岩の中に三重塔が入っています 池も華やか 私は参拝で願い事を基本的にしません でも治らない病気ではありますが大事になる前に見つかり感謝する気持ちがどこかにあったのかもしれない 行動は止まりませんからご安心を

続きを読む

夏の玉川寺

クリンソウの群落で有名な寺なのですが初めて夏にも訪れました ギボウシ サギソウ ミゾカクシ コウホネ オモダカ ヒメノヒガサ

続きを読む

羽黒山五重塔ライトアップ

旧盆15日 天気も悪いので逆に行ってみようかと思いました 濡れて光った石畳なんかいいかなぁと 協力金を払います 提灯ないんですか? と 問うと 雨ですから   ないそうで 撮影の小物と考えていたのにがっかり  提灯に蓋すればいいだけだと思いますが 電球だし 下りの石段 正面に立ちました 闇に浮き上がる 見上げる 私は丸石のテカリを見ていました 夜でも雨を撮りたくなる 悪い癖 雨の軌跡がシュッとしてないのは水銀灯の目にも止らぬ点滅のせい 生憎の天気ながら沢山訪れていました 見とれてしまい小さな個人のお願いなんてする気にならない

続きを読む

玉川寺のクリンソウ

クリンソウで有名な玉川寺(ぎょくせんじ) 導かれるように庭園に入りました 落ちても鮮やか 朝露 花びらの粒粒が輝いて 縁側の下にも 水滴に夢中 池にはリュウキンカ

続きを読む

原野のカタクリ

西和賀町大荒沢に到着した時は前線の通過で雨と風 暗くもなってきたのでブレとボケで苦しみました キクザキイチゲは天候が悪くなるといち早く閉じるようです カタクリの小径 友人たちも一生懸命 本当ならもう一周するところ 雨降りではカメラが可哀想で 近くには... カタクリ神社 私が勝手に名づけました これで終了 往復500km以上 日帰りは疲れるな

続きを読む

スノーシュートレッキング-3-

風邪をおして参加して参りました そのせいかどうかは分かりませんが11日まで寝込んでいました いろいろ忙しいので集中的に治そうと安静にしていたこともあります 月山ビジターセンターでは桜が迎えてくれました マイクロバスに乗り羽黒山山頂駐車場へ向かいます 準備運動してから 杉林の中へ入ります 時々 見上げてました しばらく下ると芭蕉が逗留した南谷に到着 先頭の方がラッセルするだけでなく危険箇所をスコップで埋めてくれます 山頂から下りてまたルートを替え山頂へ登り返しです 雪の下は石段で三の坂と教えてくれました たぶん ヤマアジサイ 杉がまっすぐなんです こちらの傾斜がわかりますね ここが一番傾斜がきつかった 登山に比べたら何でもないですが やっと山頂の鳥居 向こうは三神合祭殿 観光客とすれ違いました 食事の準備が整わないということで本来駐車場からマイクロバスに乗る…

続きを読む

三重塔ライトアップ

山形は低温注意報が出っぱなしです しかし積雪が少ないため余計な作業が無く大雪の昨年に比べたら快適に過ごしています そんな中 雪深い県内高畠町安久津八幡神社の三重塔が期間限定でライトアップされています 雪景色はいいなぁ

続きを読む

羽黒山五重塔ライトアップ

私は五重塔の雪景色が好きで冬しか訪れなかったのですが 9月16日(月)までの期間限定で羽黒山五重塔がライトアップされている ということで 訪れました 随神門 協力金300円を支払い 提灯を借りました 三脚かついでいるので邪魔なんですけどね 最初は下りの石段 参道もある程度照明があります 祓川神橋 翁杉もライトアップされています これがライトアップされた五重塔 雪景色でも感じましたが素木(しらき)が浮き上がり荘厳です 周りは杉の巨木で鬱蒼としています 私が借りた提灯と 要所要所にスタッフもいるし迷わず歩くことが出来ます 参拝者 観光客 カメラマン ガードマンと人がいますから怖くないですよ この夏お勧めの場所です

続きを読む

神社の花園

私にしてはしばらく休みましたが 疲労困憊で無事に帰還しました   走行距離1500km 山歩き二カ所 こんなこといつまで出来るか 旅行前に撮りだめした残りをご覧下さい 月山へ向かう途中 左目の端に赤紫が見えすぐカタクリとわかりました そこは神社の境内 帰りにさっそく寄ってみました カタクリとキクザキイチゲ スミレとミヤマカタバミ 意外なことに コチャルメルソウ アズマイチゲ キバナノアマナとツクシ キケマン オトメエンゴサク 狭い範囲にこれほどの種類が同時に咲く場所は珍しい

続きを読む

空気神社

前回の花畑から少し上ったところにあります 駐車場には満開の山桜 近くにカタクリも咲いていたので 久しぶりに参拝します 芽吹き始めた木々の中をゆっくり 行き帰りここの水滴に魅了されました ほどなく着きました この説明の通り参拝しましたよ 神社の屋根は平らなステンレス製のステージ 毎年祭礼の際は巫女がこの上で踊ります さて水滴 垂れる--・ 落ちて跳ねる--。 肉眼ではなんとなく色が見えるようなんですが.. それではスローに撮るか 手持ちなのでぎりぎり もっとスローだったらどうなるのだろう

続きを読む

枝垂れ桜ライトアップ-小川諏訪神社-

ペンションから向かったのは当日からライトアップするという いわき市内にある小川諏訪神社 なかなかいい雰囲気 樹齢500年以上とか おそらく福島県で最初のライトアップなのでしょう テレビカメラも入ってました おキツネ様もうっとり 竹林も控えめに 想像していたより良かった いわき周辺は見頃になっているはずですが今回の暴風でどうなったものか

続きを読む

雪の山寺

今日16日は私の誕生日 天気はあいにくの荒れ模様 それでもじっとするのもなんなのであのオシドリでも撮ろうかなんて思いましたが ふと山寺に行こうと思い立ちました 石段を上ると本堂が現れます 今年初めてだしお参りすることに 木造の布袋様に触ると御利益があるそうです このあと本格的な上りになります 雪を被った石仏に惹かれる 取りあえずの目的地 五大堂に到着 このあと一番上の奥の院へ 老イチョウの幹にどういうわけか一円玉 誕生日には受け身にならず行動した方が清々しい 誕生日繋がり(同じ日とか次の日とか)で付き合うことがあります 相性とは無関係なのに気になる 昨年亡くなった友人も今日が誕生日 だから山寺だったのかな

続きを読む

羽黒山 五重塔

腹いっぱいですぐ入浴は体に悪いのでもう少し歩きました なんて風呂は最後にしたいでしょう 月山ビジターセンターといっても羽黒山の麓にあるので数キロ走れば着きます 山門をくぐるとすぐ長い急坂 雪の下は石段ですが 10分もかからず杉木立の間から現れます 国宝です 東北地方では最古の塔といわれ、平将門の創建と伝えられる。現在の塔は、約600年前に再建されたものといわれる(鶴岡市観光連盟)   冬に凛として立つ姿が一番好きです 帰り反対に急な上りを喘ぎながらやっと山門 このあとは雪見風呂しましたよ

続きを読む

山寺厳冬

山歩きは出来ない中 安全に上れる山寺を訪れました スポットライトを浴びた石仏が印象的 不意に雪が落ちてきました これは私の体にもカメラにもかかりました  杉木立の中 歩くのでしょうがない  光りが当たっていたらラッキーだったのに 今の積雪はもっとに違いない 一年前より辛かった 最近さぼっているから やっと五大堂 重そう 中国系の観光客が数名いました こういった雪景色は珍しいのでしょうかね

続きを読む

初詣-若松寺-

天童市内の山中にある若松(わかまつ)観音 若松様とも言われる若松寺(じゃくしょうじ)に行って参りました 三日だし3時過ぎだったのでもう混んでないかと その通りでした 参道には雪がなく安心して走れました    圧雪になっていると危険なんです 傾斜があって  駐車場から 地元ながら10年ぶりくらい 幟に案内されて 参拝を済ませ鐘突き堂に向かいます 参道と天童市街が見渡せました 更に見晴台の案内があるので上ってみることに 見晴台のベンチにはこんな可愛い雪だるま もう明かりが点りつつあります  一瞬 待って夜景を とも思いましたが そんな準備もなかったし 雪だるまは夜景を観るだろうな 私は手を合わせてもお願い事は一切しないので自分でも素っ気ない感じがします 本当に困った時まで御利益は貯めておきます

続きを読む

新年

明けましておめでとうございます  今年も変わらぬお付き合いお願い致します いつもパワーを頂いています  年末年始と大荒れの予報 幸いなことに当地は穏やかな幕開けとなっております 昨年吹雪にあった高畠町阿久津八幡神社に大晦日行って来ました 三重塔がライトアップされるのです 背後の山も妖しく照らされています 雪がちらついてきました 篝火もついて初詣の準備万端 段々降りが強くなってきました 豪雪地帯の雪は降りが違う 帰ろう 参拝しなかったので後日訪れます 元旦に太陽が出ていると穏やかな気持ちになります  今年の抱負はブログを安定して更新できる環境であること 今考えました  これで環境厳しかったのです

続きを読む

山寺ライトアップ

7日まで山寺の一部がライトアップされていました 結果的に何を撮りにいったのかよく分からなくなりましたが この段階で星がちょっと気になってました 晴れていたもので 商店街はロウソクが灯っています ほとんど閉まってました 最初の階段 上り切ると正面に本堂 根本中堂    怖いなぁ  誰もいないし    いたら居たで怖いかも    その先の参道は真っ暗 上れないんだぁと確認 それじゃ 星とるか   本堂の上です 下るとき木星が見えたので 本堂に背を向けて撮っているので後ろが気になる 近いところから五大堂 一旦駐車場に戻りました ライトと銀河がだぶっているのです     wはカシオペア   ライトのところはペルセウス座    これで帰らず対岸の高台にある風雅の国に向かいました 標高が高くなるけど遠くなります 風雅の国では防犯灯が私をキャッチして点灯しますが特に気にもとめず 誰か出てきたら言い訳すればいいかなと思って歩いて行きました 最後に冬の星座 牡牛座がでて…

続きを読む

玉川寺(ぎょくせんじ)のクリンソウ

デジ一退院したので今年諦めかけていた玉川寺にさっそく出かけました 玉川寺といえばクリンソウ    可愛いでしょう 入り口 中庭が有名なのですがその前から十分綺麗に咲いてます 一旦建物に入りすぐ中央に池を配した中庭に出ます 湿った日陰を好むようで縁側の下に群生しています 有料でお茶を頂きながら風流を楽しむことができます 私ときたら無粋にも撮るだけ   いっつも すみませ~ん    前失礼します  って 池の畔にも これが九輪草     九輪とは五重塔などの先端の輪っかのあるところです 中庭以外にも群生してますよ   むしろ規模が大きい 木漏れ日の中なので露出が難しい   でも印象的 …

続きを読む

白鷹山とパラグライダー

この山も子供の頃から南方に見ていました しかし名前を知ったのは最近です 大平(おおだいら)コースを登ります 雪解け水が流れる小川ところどころに 水芭蕉が咲いてましたよ 1000mに満たない山ですが未だ雪が残ってました 枝の間から山頂が見えてきました  杉の大木で囲まれているようです 他のコースと合流点   もう一息 この日(5月5日)は晴れているのに霞がかかっていました 中央に昨年登った東黒森山が見えています 山頂直下には狭く急な階段がありました     帰りは怖いのでロープを持ちかつ脚を横向きで下りたくらいです 福満大虚空蔵尊を祀った神社が正面に現れます  信仰の山です  標高994m 素通りでトイレに向かいます 新しいトイレです 何も考えずそこから道を進んで行きました   雨量観測レーダーレーダーに行くつもりだったのです 途中でどうもおかしいと気づき近くの尾根を歩き出したらやはりおかしい  道がない  地図で確認し山頂に戻り今度は神社によく手を合わせ裏に回って 見えました {%表情爆笑dek…

続きを読む

堂の下の岩観音

ミツマタ群生地で教えて貰った同じ那須町にある桜の名所です 帰りに寄ったので逆光で桜は日陰になっていました 説明は写真の通り 観音堂に登って行くと大きな椿が桜と咲き競ってました 下界を望む 本堂より石碑が気になる 菜の花は景観作りの一環らしいです 菜の花が意識的なら手前の水張りもそうでしょうね やっと山形も開花宣言がでました 今週末から来週が見頃でしょうか

続きを読む

白い山寺

雪景色の山寺はいいだろうなと 登りましたよ 登山道からすぐに立石寺本堂が現れます  杉木立の中を登るので当然落雪を狙います 風情あるでしょう 石仏もいい感じ 紅葉の仁王門もいいですが  こっちの方もしゃきっとしていいですよ 枝にボンボンが付いているよう 五大堂への分岐に着きました 五大堂から  北東から南西までの景色をご覧下さい ただでさえ厳しい場所に建っているのにより強く感じますねぇ 県境の山並み 奥の院へも行きましたよ 振り返ると 奥の院から下りる途中 宅急便のお兄さんとすれ違いました   ご苦労様です 最後に全景を撮ろうとしたら曇ってましたね    観光客は激減してました   老人はいません …

続きを読む