秋の蔵王中央高原散策路

珍しく蔵王のほぼ同じ地域を連続でアップすることになりました 当日は10月10日 日曜日で紅葉見頃の快晴ときては 混んでました そこで穴場から ゆっくりと 三宝荒神山の麓というかコタンゲレンデ上駅に登りました パラダイスゲレンデから三宝荒神山 コタンゲレンデ もっとなだらかな作業道を選びました リフト上駅から 誰もいません 下り これから訪れる片貝沼をまず裏から ナナカマド 片貝沼 目玉沼  背景は三郎岳 うつぼ沼 葉っぱが真っ赤になるコマユミ 五郎岳へ グミ 安定の色付きドウダン 五郎岳山頂から三宝荒神山方向 うつぼ沼付近 龍山 オオカメノキ 激混みのドッコ沼へは寄らず  中央がドッコ沼

続きを読む

蔵王 三宝荒神山の紅葉

三宝荒神山(さんぽうこうじんやま)の紅葉が見頃ということで出かけてきました 考えていたルートは蔵王ロープウェイで山頂駅まで昇りパラダイスゲレンデを下り鳥兜(とりかぶと)駅かドッコ沼近くのスカイケーブルで下りるかと つまり下るだけ 蔵王ロープウェイ下駅に行くと故障で止まっていると言います  どうするか頭をフル回転し蔵王中央ロープウェイで鳥兜山に行きそこから登るか... パラダイスゲレンデの急斜面を思い出していました あそこかよ.. とりあえず移動し別のロープウェイに乗りました 鳥兜山山頂から蔵王温泉街を見下す 中央 パラダイスゲレンデ  左上 三宝荒神山  右上 地蔵山 中央ゲレンデ 三宝荒神山  どれ登りますか  私は直登せず迂回路のルートをとりました パラダイスゲレンデを登りきると ザンゲ坂となります 向こうは地蔵山の樹氷原ですがほとんどアオモリトドマツは枯れています 地蔵山の山頂に人がいます  疲れたので私は行きません お地蔵さんで昼食 三宝荒神山山頂へ登りました 向こうは地蔵山 帰ります 冬は樹氷原コースです …

続きを読む

盛夏の弥陀ヶ原湿原

やっと今週から落ち着きそうですがこの時は暑かった そんな時は弥陀ヶ原湿原へ 駐車場から庄内平野を望む 傍らにはハクサンシャジン ハクサンフウロ ノリウツギ ミヤマウツボグサ 残雪が多かったところにはまだニッコウキスゲ ミズバショウの葉っぱに赤とんぼ イワショウブ タチギボウシにも停まってる ミヤマホタルイ キンコウカの花畑 オゼコウホネ 池塘を赤く縁どるモウセンゴケ シロバナトウウチソウ ミツガシワ 避暑なので疲れてなくても一服 コバノトンボソウ ミヤマアキノキリンソウ 降りてきて 月山高原牧場 必ず日よけの大木があります

続きを読む

鳥海山の花々

絶景に咲き誇る花々をご覧ください 鉾立から ササバギンランか ナナカマド アカモノ イワカガミ ゴゼンタチバナ シラネアオイ 調子が上がらずの中 雪渓が現れ涼風が吹きました 調子が上がらない時は空を見上げます そこには”暈(かさ)”が 雪渓なりに登り 湿原に出ました チングルマ 目指す笙ヶ岳(しょうがたけ) ヒナザクラ ハクサンイチゲ祭りの始まり❣ おねえさんがどきましょうかと言うので  いや人が居るのも自然なのでそのままでいいです 人が入らない構図は帰りに撮ればいいかと思ったのですが帰りは絵にならない若者二人がいて断念しました コシジオウレン ヒメイチゲ 黄色はミヤマキンポウゲ 天気予報では大気が不安定で落雷の可能性があると 遠雷も聞こえ始めていたので落ち着かない 御浜を目指しました 道を縁どるようにミヤマキンバイ 山頂はガスで隠れ気味 振り返れば花畑と笙ヶ岳 鳥海湖が見えてきました …

続きを読む

庄内アルプスを歩く

私にとって冬から続いた月山ビジターセンター主催のイベント参加は最後になります あとは勝手に行動したいもので 集合場所の由良海岸 バスに乗り油戸へ行き 登り始めました 花ワサビ キバナイカリソウ カタクリは終わってました ツリバナかな ハウチワカエデ 鳥海山 荒倉山山頂の シラネアオイ オオカメノキ シュンラン 月山 ニリンソウの群生地に寄りました 花びらの先端が薄っすら紅がさしています 展望台で昼食 ナニワズ ルリソウ 終わってしまったシロバナのカタクリ 参加者多いです 由良海岸まで下りてきました 民家の前でコンテナに水をかけています アンコウでした 白山島に渡る人 帰る人 私はすぐ帰りました 何しろ静岡から夜帰り 翌早朝5時出発してここに来て また山歩き 流石にくたびれ しばらく体がだるかった ここのイベント参加者や山で出会った中で見て下さっている方々がいらっしゃいます お世話になりました また来年の冬 お会いしましょう

続きを読む

荒倉山へと続く花園

前回更新した高館山とは通称”庄内アルプス”と言われる山の連なりとなります 知っている人には人気のコースなんですが道路からの案内は皆無なので ごった返すことはほとんどありません 写真が大量にあります 私の気持ちを表していると思って下さい 油戸からの登山口 主にスミレが迎えてくれます ほどなく現れます 新緑も爽やか 急斜面が花畑になっていてそこに登山道を切った感じで 道の両脇はもちろん上も下も咲き乱れています オクチョウジザクラ ルリソウ 埋もれる 隠れていても オオカメノキはもうすぐ 山頂分岐からヒトリシズカがないか少し下ったのですが見つからず 代わってシュンランが数株見つかりました 鳥海山 ナガハシスミレ 荒倉山山頂 見晴らしもなく花畑もありませんが  シラネアオイがあるので探したら 蕾ながらありました ミチノクエンゴサク 海も見えるので無理して入れたくなります キクザキイチゲは当たり年かな …

続きを読む

角田山

新潟市にある花の山を登ってきました お目当ては... 雪割草 尾根ですから樹間から風景が見られます ショウジョウバカマの咲き始め キクバオウレン マンサク 12時は過ぎていましたが山頂広場を通過し観音堂へ 少し雲があり飯豊連峰の雪山が隠れていました 大休止後 灯台コースで帰ります 咲き始めのカタクリとキクザキイチゲ 視界が開けると青い海と佐渡島 ところどころに雪割草が咲いています ヤブツバキか 灯台のある風景 痩せ尾根に強風で怖かった

続きを読む

樹氷神社参拝

蔵王のスノーシュートレッキング3回目で刈田岳山頂を目指しました 第2リフトから ここから出発 遠く朝日連峰 飯豊連峰 天気がいい日はよくヘリコプターが飛んでいます 刈田岳が見えてきました まず月山に合掌(気持ち) 御田の神園地にある避難小屋 大勢登ってました リフト上駅がこんな...モンスターに飲み込まれたのか もうちょい 山頂 テレビカメラの撮影隊がいました お釜 宮城県側 海も見えます 山形側 鈴までたどり着けない 鳥居の間から 朝日連峰 北方向の山々 朝日連峰の端にある祝瓶山(いわいがめやま)か 見上げれば日暈を貫く飛行機雲とその影 中丸山の斜面 再び月山 暖かくなったのでもう終わりかもしれません

続きを読む

蔵王スノーシュートレッキング

今年2回目の蔵王 輝く白と青の世界をご覧ください 駐車場から リフトは2本乗り継ぎます 今回は上に上りません 刈田嶺神社をクローズアップしたら月が見えたので ブナ林散策に時間を使いたかったのです ゲレンデに出ました この中を歩いて下りました また入ります 駐車場のカラマツ林 30日スノーシュートレッキングイベント参加のため早朝向かったら(車で2時間かかる) 半分も行かないうち ホワイトアウト に見舞われ あえなく断念 引き返し 主催者にキャンセル連絡 主催者からは こちらも地吹雪で中止したとの返信 各地で事故や通行止めで厳しい爆弾低気圧でした

続きを読む

樹氷トレッキング

今回の大寒波の前日は晴れていたのです 貴重な晴れ間を私はスノーシュートレッキングに使いました 例年より寒気が続くので樹氷が出来ているかと 蔵王ライザワールド かろうじて朝日連峰 リフトからもワクワク 出発! ほっとします 飯豊連峰 刈田岳が見えてきました 御田の神園地にある避難小屋 湿原なので雪原になっています 今回は体が慣れていないので刈田岳には向かわず南(右)にそれました ガスが出てきたので帰途につきました 白く覆われると怖い気がする 最後の楽しみは ツルウメモドキ 幸いにも当地は大雪ではなく積雪は30cmくらいか  県内でも記録的な場所はあるので油断はできません 三連休は基本閉じこもっています 今回はスノーシューを借りたのですが購入したので次回からはマイスノーシューで遊びます

続きを読む

蔵王中央高原散策路

色づいた様子をご覧ください いつもルートは同じ片貝沼付近の駐車場に停めました 右手にある片貝沼は逆光なのでパスし先に進みました 目玉沼 うつぼ沼 五郎岳に寄り道 グミ オオカメノキ ミズキ ゲレンデを背景にナナカマド 山頂から どんどん下ります 三五郎小屋の隣には細沼 ルートの一番下 ドッコ沼 私を歓迎してくれたツリバナ ナナカマド アズキナシ 後にするとき日が差しました 最後に片貝沼 三宝荒神山 ゆっくりしたかったけどやることいっぱいあって中々

続きを読む

月山紅葉ー姥沢からー

月山登山のもう一つのメインルート 晴れ予報だったのですがガスがね… 色づきはいいみたい リフトから あとは全然 ガスの中 姥ヶ岳経由をとりました 姥ヶ岳山頂近くまで登ったら時折ガスが切れてきました 山頂でしばらく待機 ガスが切れると鳥海山まで見えてきました 雲海の向こうには日本海に浮かぶ粟島も 尾根の道を先に進みました 品倉尾根越しの鳥海山 品倉尾根越しの庄内平野 牛首からルートを変え戻りました リフトで帰りますがその前に分岐から登山道口へ下りました リフト上駅に下ります 往きはガスで全然見えなかった なんとか間に合ったようです

続きを読む

月山紅葉

私の紅葉狩りは月山から 八合目から登りました このルートは晴れれば背後に庄内平野や鳥海山が見られるので振り返りながら登っていきます 弥陀ヶ原湿原を俯瞰 下の方は少し早いくらいで丁度いい 九合目近くなってくると 九合目佛生池小屋 ここから本格的に 手前の燃える紅葉と向こうの湿原のコントラストがいいんですよ 時々ガスで凹むほど覆われていたのです 山頂で昼食 羽根のような矢のような 秋の雲なんだな 反対側へ こちらはもう少し 9月30日なので今は見頃なはず 月山神社 色づきながらもハクサンイチゲ ネバリノギランか ハクサンフウロ 弥陀ヶ原湿原 ナナカマド 日が傾いて日本海が光っていました 右膝はなんとかもった感じで体力的には問題なし 右膝の痛みもなくなったので別のルートで月山へ行こうと思っています

続きを読む

森吉山

今回の豪雨災害に遭われた方々には謹んでお見舞い申し上げます 旅行記最後となります 秋田県の内陸部にある森吉山 下北半島の帰り晴れていたら登ろうと思って近くを通過するルートをとりました 雲はあるものの時々日が差してまずまずなのでロープウェイを使いショートカット この山も花の百名山なので堪能してきました 梅雨の時期一番のお目当てはチングルマ 稚児平 イワカガミも一緒に咲いていました 2度目の山頂 沢山の人が一服していました 私も 足元にはコケモモ 山頂を越え向こう側へ下って行きました ヒナザクラ チングルマは盛りを過ぎていたのですがヒナザクラは見頃でした ミズバショウは小型でした 山人平 一週間遅かったな 花の百名山ですからこれだけではありません ニッコウキスゲ ヒメイチゲ イワイチョウ ハクサンチドリ アカモノ ゴゼンタチバナ ツマトリソウ 私は森吉山というとシラネアオイを思い出す ミツバオウレン 下北半島ですでに右膝が少し痛かったのですが森吉山で悪化してしまいました 今は平らなところなら歩くのに全然痛くありませんが登山はまだ無理な状態 …

続きを読む

鳥海山 花の始まり

花のはじまりではありますが すでに天空の花園となっていました 下界は曇り不安を抱きながら駐車場まで上っていくと山頂が綺麗に見えていました 途中 登山道の道端にもマイヅルソウ ハクサンチドリ イワカガミ ショウジョウバカマ等咲いていましたが省略して ここが一番の難所だったかな 雪渓なりに歩いて行きました 雲の上に出ています ミヤマキンバイと山頂 ほぼハクサンイチゲ祭りでした 背景は笙ヶ岳(しょうがたけ) 鳥海湖のお目覚めはもう少し ミヤマキンバイとコメバツガザクラ この下にもハクサンイチゲの群落がありますがまだ早そうなので引き返しました 遠く男鹿半島が見えました ミツバオウレン 雪渓と飛島 帰る頃には順光になっていました 白糸の滝が良く見えます あと3回は登りたいな

続きを読む

残雪と花の月山

花の百名山 月山の始まりです 途中撤退したものの十分楽しめました 駐車場から リフト稼働中ですが上りだけで下りは乗れません 姥ヶ岳経由にルートを取りました もう息が上がっていました 背景は朝日連峰 姥ヶ岳山頂から月山を望む ミヤマキンバイ 鳥海山が見えていました 湯殿山 ミツバオウレン 体調により山頂は断念しましたが先に歩いて行きました ハクサンイチゲ ヒナザクラ イワカガミ チングルマ ミヤマウスユキソウ ミヤマキンバイ シラネアオイ ミネザクラ ここから少し先で昼食し引き返しました 次も山なんですが...

続きを読む

蔵王 御田の神園地

数回訪れたので総集編をご覧ください チングルマ 手前黄色っぽいのがチングルマ 奥はワタスゲ ヒナザクラ ミツバオウレン ミネズオウ ワタスゲ 見頃に近づいています

続きを読む

蔵王中央高原の紅葉

毎年欠かさず歩いています 台風の後なので葉っぱに痛みがあるようでした 目玉沼 うつぼ沼 五郎岳 ゲレンデから五郎岳 ドッコ沼 ツリバナ 片貝沼は大雨で水没林が出来ていました 三宝荒神山

続きを読む

八幡平焼山

台風が来る前にと思い八幡平に向かいました 大沼 水面が鏡になっていました 主目的 焼山を周回します 後生掛温泉に登山口があります 紅葉には早かったですがところどころ色づいていました しばらく眺望がききませんがやっと 国見台 毛せん峠から 居合わせたグループの人に早池峰ですかと問うと 鳥海山と教えてくれました 鳥海山の左には薄っすら月山も見えました 避難小屋 避難小屋から戻るルートがあるのですが焼山山頂を目指しました 鬼城付近 荒々しくなります 噴気が出てる 奥 左が畚岳(もっこだけ)  右が岩手山 山頂 笹で眺望がない  名前からして山頂は草木がないものと想像していました 山頂付近で同年代で後生掛温泉に湯治しているという男性としばし話しました 教えて貰った森吉山  名前は知っていてもここからの特定ができない 周回ルートに入るとすぐ 高所恐怖症の私はこんな細いところを歩くのは凄く苦手なんです 左右の下を見ないようにしてソロリソロリ シラタマノキの群生 …

続きを読む

八甲田周回

この度の台風19号で被害に遭われた方々にはお見舞い申し上げます 私が突然生活の基盤を失ったらどうなるものか 車を失うだけでも真っ暗なはず 台風のことはまだ頭にない時に青森県八甲田山を歩いてきました 酸ヶ湯公共駐車場で車中泊し 深夜は間断なく雨降り  午後から晴れる予報でしたが早朝でも青空が見えてきていたのでスタートしました 結果的には1時間以上遅らせれば良かったかと反省しています ガスっているなか濡れた紅葉が鮮やかでした 山火事の跡か オオカメノキは中々こんなに赤くはならないのです ガスが取れませんね もうこの辺から体調がおかしくなっていました ここでしばし休憩 どこがというより具合が悪い 辛いのでしゃがんで水滴撮ったり チングルマの紅葉撮ったり 普通は疲れたら立ちながら呼吸を落ち着かせたりするくらいでいいのですが 立っていられない 軽い立ち眩みのような症状がずっと続いている感じ 何回も何回も休み大勢に抜かれながらやっと 八甲田大岳山頂  見通しなし 座るどころか横になりたかった 下りは息が上がらないので頻繁に休む必要はありませんでした しばらく下り 上毛無岱 霧雨です この景色が秋の代表的な八甲田の景色です …

続きを読む

浄土平周辺

福島の浄土平へ行ってきました 奥の一切経山の火山活動が活発になっているので一部登山道が通行止めになっていました ススキがびっしり 鎌沼へ向かいました シラタマノキ 途中 一切経山や 蓬莱山 振り返ると 吾妻小富士が見られます 鎌沼が見えてきました 手前の赤黒いのはチングルマ ここで昼食 下の方の紅葉はまだ早かったのですが鎌沼周辺は見頃でした 向こう岸 五色沼へ通じるこの先はバリケードが出来ていました 火山性ガスの匂いがあり長居出来ない感じ 一切経山の噴気はずっと”ゴー”っと聞こえていました 下りてきて時間もあるし久しぶりに吾妻小富士に登ろうかと 何十年ぶりです 広角でも入りきらないすり鉢の火口 反時計回りに歩きました 反対側 東側では福島市街を見下ろすことができます 最後は長い下り 普通の靴を履いてきた人は転んだりして怖い思いをしていました 私はスイスイ …

続きを読む

月山紅葉

月山も見頃になっていました 駐車場から 期待できそう リフト上駅から 上駅を見下ろす 姥ヶ岳途中の湿原 山頂へ続く尾根の道 姥ヶ岳山頂から 湯殿山 山頂を目指します 上を見たり 後を振り返ったり 鮮やかな紅葉の向こうに墨絵のような山並み 山頂付近の芭蕉の碑と 月山神社 ハクサンイチゲがまだ咲いていました 昼食を摂ったあと 反対側の八合目方向へ少し下りて行きました 「行者返し」で引き返しました リフトで帰るのですが登山口の方向へ少し歩いて行きました 秋になっても暑い日が多い今年ですが紅葉は中々いいな

続きを読む

三ツ石山

本州で一番早い紅葉といわれる三ツ石山に行ってきました 岩手山の西に位置します 前の晩に最寄りの道の駅に車中泊し網張温泉の先に6時前駐車しました 9月27日の様子です 2kmほど舗装道路を歩きます ようやく登山口 毎週登っているという写真のオジサンにいろいろ教えて貰うことになりました 三ツ石山荘 駐車場から一時間半ほどで山頂 南には手前 乳頭山  奥には秋田駒ケ岳が見えました まだ7時台なので岩手山が逆光になります 時間に余裕があるので矢印の小畚山(こもっこやま)へ行ってみることにしました 三ツ池 小畚山 山頂 先にも登山道が続いています ここで早い昼食 三ツ石山へ引き返しました 尾根の北側は黄色が多いようです 奥が三ツ石山 三ツ池 植生の違いが明瞭ですね もう逆光でなくなっていました さよなら三ツ石山 早いだけでなく第一級の紅葉でした …

続きを読む

山の日の月山

ちょうど天気もいいし歩いてきました 山頂まで登らない予定だったのでゆっくり出かけたのですが もう激混み それでもなんとか停めリフトで これから登る姥ヶ岳 雪深い月山ではニッコウキスゲがまだ盛りでした ヨツバシオガマ コバイケイソウもあちこちに ミヤマリンドウ キンコウカと池塘 尾根道と山頂を望む柔らかい風景が好きです 姥ヶ岳山頂は憩いの場 ウメバチソウ イワショウブ キンコウカ ミヤマアキノキリンソウ ミヤマウツボグサ 最後のハクサンイチゲ ヤマハハコ 気温も風もちょうどよく凄く涼しい 残雪とニッコウキスゲ ハクサンフウロ ウサギギク 牛首の交差点では沢山の登山者が一服中 残雪が解けるとチングルマ 雪解け水 ヒナザクラ イワイチョウ リフトの下はヨツ…

続きを読む

立山室堂

昨年は長野県側から黒部ダムに 今回は富山県側から室堂まで行ってきました 始発の立山駅 アルペンルートの最初はケーブルカー 美女平からはバス 室堂に着きました ミヤマキンバイ みくりが池へ向かいました イワオトギリとダイモンジソウ 水面を背景にコバイケイソウ ハクサンフウロ みくりが池 朝は逆光なんです ヤマハハコ 温泉があります 氷河に削られた地形 カール 血の池 みどりが池 クルマユリ ヨツバシオガマ いたるところにチングルマの群生があります シナノキンバイ タテヤマリンドウ アキノキリンソウ ピンクのチングルマがあります ガイドさんがタテヤマチングルマと教えてくれました 室堂山展望台を目指しました やけに息が切れるので体力が無くなったのかと思いましたが どうやら空気が薄いせいだったようです 2500~2600mくらいの登山ですからね コバイケ…

続きを読む

花盛りの鳥海山1-笙ヶ岳-

ニッコウキスゲが見頃かと登ってきました 珍しく2回に分けご覧ください クガイソウ 久しぶり クサボタン 展望台と駐車場 アカモノの実 イワオトギリ カラマツソウ コイワカガミ ミツバオウレン チングルマとアオノツガザクラ チングルマ スプーンカットの残雪 イワイチョウ 笙ヶ岳の麓のチングルマ 笙ヶ岳に登ります ヒナザクラ ニッコウキスゲと庄内平野 ハクサンシャクナゲ ヨツバシオガマ ハクサンフウロ ミヤマキンポウゲ これからの主役 ハクサンシャジン トウゲブキ 笙ヶ岳から降りる私と登ってくるグループがお花畑ですれ違います 続く

続きを読む

花の月山

庄内側八合目から登りました 沢山の写真と共にご一緒しましよう 早速 ニッコウキスゲ ハクサンフウロ 晴れたらいつも鳥海山が見えます 残雪の割れ目の下には水芭蕉がスタンバイしています ミツバオウレン イワイチョウ 弥陀ヶ原湿原 ユキザサ ワタスゲと 山頂方向 登り始めるとすぐ花畑が現れます チングルマ 内陸側は雲海の下 雲海と弥陀ヶ原湿原 ウラジロヨウラク ウサギギク シラネアオイ コシジオウレン 途中 雪渓が数か所ありました 振り向けば鳥海山 ウズラバハクサンチドリ アカモノ 主にチングルマ イワカガミ アオノツガザクラ チングルマ ヨツバシオガマ 九合目 佛生池小屋小屋を望む カラマツソウ ヒナザクラ ミヤマキンバイ ハクサンイチゲ ミヤマシオガマ アオノツガザクラとチング…

続きを読む

花の鳥海山

そろそろ見頃かと登ってきました 階段の下に可愛いスミレ ゴゼンタチバナ マイヅルソウ マルバシモツケ アカモノ シラネアオイ オオバキスミレ ミツバオウレン 途中 雪渓を歩きます コシジオウレン イワイチョウ 目的地 最初の花畑 笙ヶ岳(しょうがたけ)へ ハクサンイチゲ ミヤマキンポウゲとハクサンチドリ ヨツバシオガマ ミヤマキンバイ ミヤマキンポウゲ 起きたばかりの鳥海湖 チングルマ 鳥海湖を時計回りに山頂方向へ ハクサンイチゲは満開 ホソバイワベンケイ 登山道の左右はハクサンイチゲの花畑になっています チングルマとイワカガミ 登るとき見えなかった山頂が 白糸の滝が雪解けで迫力ある 登山口近く…

続きを読む

ワタスゲの季節-御田の神園地-

ちょっと時間が取れたので気軽な蔵王にある御田の神園地を訪れました ワタスゲがちょうど見頃でした 影も可愛い チングルマの花は終わっていました ガクウラジロヨウラク ツマトリソウ コバイケイソウ イワカガミ ほぼ終了のヒナザクラ ムラサキヤシオ ノビネチドリ ハクサンチドリ ヤマオダマキ この日だけ晴れたのです

続きを読む

八幡平-岩木山-行合崎

別に意識しているわけではないのですが たまたま4月から毎月 青森県に行っています それも一泊だけの 今回は車中泊せず秋田北部 大館のホテルに泊まりました いつもなら北秋田市に向かいますが八幡平経由にしようと寄り道しました 何のためかというと ドラゴンアイ 残念ながらガスっていました 鏡沼の雪解けに現れます 初日終了 翌朝 向かったのは岩木山 八合目駐車場から登りました ここのスミレは鮮やか サンカヨウ ベニバナイチゴ ミヤマカタバミ ムラサキヤシオ オオカメノキ コヨウラクツツジ ツバメオモト 九合目になると ミチノクコザクラ 急な雪渓を下るのですが老夫婦が迷っていました そのわきを私がスタスタと下りました 奥さんが先に降りてきました ミヤマキンバイ 岩にへばりつく 左の小さいのがイワヒゲ  右のがイワウメ イワウメ 次に向かったのは日本海側深浦町の行合崎 まだ早かったニッコウキスゲ …

続きを読む