今年最後?のスノーシュートレッキング

3月20日 月山ビジターセンター主催です 今シーズン初めてバスでの移動 月山高原牧場 ちょっと拡大 この下は道です 振り返れば月山 熊の爪痕がミズキにクッキリ 雪解けが進んできたのでルートを探しながら歩きました ハンノキ コロナ対策なのか餅はなくなりました もう春の花を求める旅は始まっているので個人的にはスノーシュートレッキングは最後かと思っています

続きを読む

地蔵沼周辺をスノーシューで

花をアップしたので止めようかとも思いましたが折角なので 連続して編集しました 弓張平より先にあり100mくらいは標高高いのかな 一般車を通行止めにして除雪していました 適当なところから上り始めました これが 地蔵沼 一部 雪解け水が流れ込み水面が出ていました キャンプ場の建物 中々です ちょっと先に上りました ブナの千手観音か やっぱり 凄い 今月いっぱいで上の姥沢駐車場まで開通を目指すのでしょう

続きを読む

弓張平でスノーシュー

前々回と月山を挟み反対側の西川町弓張平を歩きました こっちの方が自宅から近いのですが なだらかで散歩には丁度いい 道路から4mくらいあるのか 毛細血管のような影が好きなんです 手前はグラウンド   湯殿山 山は左から湯殿山 姥ヶ岳 月山 トイレは雪の下 回廊なので その辺から上ることはできない 落ちたら出られない 仁田山牧場 月山 タムシバ ハンノキ 楽しく歩かせていただきました

続きを読む

スノーシュートレッキング

蔵王は一人でそれ以外では月山ビジターセンター主催のスノーシュートレッキング参加するだけなのですが 余りに天気がよくて月山ビジターセンター付近を一人で気ままに歩いてみようと思いました 今回はデジイチで撮りました 日が長くなり光が強くなると影が濃くなりそのコントラストが魅力的なんです ウサギに皮を食べられた 動物の足跡も楽しみ 月山もクッキリ ずっと向こうまで 月山 あっても動物の足跡だけ 振り向けば鳥海山 ビジターセンターに寄った際ボランティアスタッフのWさんからホカホカ焼き芋を頂きました 暑かったのでペットのお茶を雪で冷やしています 葉っぱがないので林の中は明るいのです 野ウサギが発情期の証拠 月山に 鳥海山 起伏と影と動物の足跡 これが一番の目的 庄内平野 もう雪がありませんね 月山高原牧場 夏は木陰に牛たちが集まります 帰りは順光になります 今年も登りたいな 往きはクネクネ 帰りはショートカット 気分も写真のイメージと同じ やっぱり自由はいいな…

続きを読む

樹氷神社参拝

蔵王のスノーシュートレッキング3回目で刈田岳山頂を目指しました 第2リフトから ここから出発 遠く朝日連峰 飯豊連峰 天気がいい日はよくヘリコプターが飛んでいます 刈田岳が見えてきました まず月山に合掌(気持ち) 御田の神園地にある避難小屋 大勢登ってました リフト上駅がこんな...モンスターに飲み込まれたのか もうちょい 山頂 テレビカメラの撮影隊がいました お釜 宮城県側 海も見えます 山形側 鈴までたどり着けない 鳥居の間から 朝日連峰 北方向の山々 朝日連峰の端にある祝瓶山(いわいがめやま)か 見上げれば日暈を貫く飛行機雲とその影 中丸山の斜面 再び月山 暖かくなったのでもう終わりかもしれません

続きを読む

スノーシュートレッキング

月山ビジターセンター主催で今シーズン4回目参加してきました 記事にはまだ1回しかアップしていませんが他2回は雨でした 今回は快晴 楽しさが伝わればいいな 何故か参加者は70名とか 多すぎ 2組に分かれ 私は2組 野ウサギが逃げて行ったのですがその後 疲れたのかしばらく止まってくれました 尾根を歩いたりします 下の林道で1組が休憩中 庄内平野 奥に日本海 鳥海山 月山 雪庇があるのであまり前には行けません 最後は 遅い2組だったので餅は堅く ナメコ汁はぬるくなっていました でも楽しいルートでした

続きを読む

冬の野々村溜池

客先が近くにあるもので(なくてもかな)冬に1~2回訪れます 冷え込んで靄が出ていました 靄がとれるにつれ神室連峰が姿を現しました 鳥海山はほとんど見えなかった 宝石を身に着け 悪天候が時々やってきます 当地は地吹雪とか激しい天候はないのですが久しぶりにホワイトアウトに近い中運転して カーブの路側の雪にかすり粉雪が舞い上がり前が一瞬見えなくなり焦りました いつもの道なのでカーブはわかっていました でも見えないのでタイミングを間違えました ホワイトアウトにもいくつかパターンがあり視界はあるのに見た目 路面と路側や田んぼとか周辺の差がなく どこを走ればいいのかわからなくなることがあります

続きを読む

蔵王スノーシュートレッキング

今年2回目の蔵王 輝く白と青の世界をご覧ください 駐車場から リフトは2本乗り継ぎます 今回は上に上りません 刈田嶺神社をクローズアップしたら月が見えたので ブナ林散策に時間を使いたかったのです ゲレンデに出ました この中を歩いて下りました また入ります 駐車場のカラマツ林 30日スノーシュートレッキングイベント参加のため早朝向かったら(車で2時間かかる) 半分も行かないうち ホワイトアウト に見舞われ あえなく断念 引き返し 主催者にキャンセル連絡 主催者からは こちらも地吹雪で中止したとの返信 各地で事故や通行止めで厳しい爆弾低気圧でした

続きを読む

スノーシュートレッキング

月山ビジターセンター主催のスノーシュートレッキング 今回の記事は2回目 その様子をご覧ください 1回目は真冬なのに雨にたたられ冷たくて残念な回でした シーズン初めなので準備に手間取ります 荒沢寺(こうたくじ)は雪下ろししないのです 庄内平野の眺望がよかった 休憩は水分補給したりお菓子食べたり 道路から雪原へ 階段つくり 雪原なのでバラバラになります 昼食は あんこ餅とナメコ汁 帰途についたら正面に鳥海山が現れました 30日もありますが雪予報で真っ白な世界がいいんだな ただ運転中ホワイトアウトは困る

続きを読む

ツルウメモドキの冬

壊れていたマクロレンズを諦め購入したレンズの試し撮りとして ツルウメモドキを選びました タムシバ コロナ自粛や報道の影響か鬱っぽい人が増えているように感じます 私はそんなことはないですが平常心ではないですね 山形県内の感染者は毎日一桁の下の方で推移しています

続きを読む

樹氷トレッキング

今回の大寒波の前日は晴れていたのです 貴重な晴れ間を私はスノーシュートレッキングに使いました 例年より寒気が続くので樹氷が出来ているかと 蔵王ライザワールド かろうじて朝日連峰 リフトからもワクワク 出発! ほっとします 飯豊連峰 刈田岳が見えてきました 御田の神園地にある避難小屋 湿原なので雪原になっています 今回は体が慣れていないので刈田岳には向かわず南(右)にそれました ガスが出てきたので帰途につきました 白く覆われると怖い気がする 最後の楽しみは ツルウメモドキ 幸いにも当地は大雪ではなく積雪は30cmくらいか  県内でも記録的な場所はあるので油断はできません 三連休は基本閉じこもっています 今回はスノーシューを借りたのですが購入したので次回からはマイスノーシューで遊びます

続きを読む

月山新緑を歩く

大量の残雪がありながら新緑に覆われるのが月山 2回にわたり訪れたので混在していますが楽しんで下さい まず地蔵沼 登り始めるとほどなく 朝日連峰が見渡せます 進行方向には姥ヶ岳 昨年はブナが豊作だったと思わせる無数の実の殻 タムシバが映える 見上げる大木 大きな根開きに... 入りました またまた 友人と訪れました 弁当食べたあとは  横になり真上を眺めたり寝たり   至福の時間 周海沼 雪が解けると共に閉じ込められていた空気が泡となり浮いてきてました もう一回行きたいな

続きを読む

最後のスノーシュートレッキング

24日にもこのイベントがあるのですが私は今回で最後となります 最後を飾る悪天候で良かった まず近くの羽黒山 山頂駐車場へバスで 春まっしぐらと思っていたのですが スタート山頂からなので基本 下り 晴れ間が出る時も 羽黒山なのでいたるところに杉の巨木 中腹には芭蕉が元禄二年に逗留した南谷 南谷別院(高陽院紫苑寺)がありました 有難や 雪をかほらす 南谷 涼しさや ほの三か月の 羽黒山 スタッフがここには6月アカショウビンが来ると教えてくれたのでチャレンジしようかな   ムササビの巣穴 このまま下るのかと思いきや 参道の急な坂道(雪がないと石段)を山頂まで登り返し  雪が少なく苦手な階段を避けました 山頂に着いたら終わりかな と思ったら 結局 ビジターセンターまで歩きでした マンサクにピントが合っていなかった いつもより歩いてしまって より楽しみだった

続きを読む

ナイトスノーシュー

毎週参加しているスノーシュートレッキングですが今回はナイトスノーシューとなります 参加者を迎えてくれるのはロウソクの灯り 玄関から履きました いつもはビジターセンター裏を歩くのですが今回は羽黒山の途中まで 私のスマホではほとんど撮れない 帰ったら スカイランタン発進! とはなかなかいかず悪戦苦闘 空気が冷たく重いせいかすぐには上がらないのです 木に引っかかったり 終了後は丸テーブルを囲み 熱々のシチュー 夜のひととき参加者同士いつもより近い感じがする 二時間かけて帰宅して翌早朝栃木県往復ですからちょっと無理があった

続きを読む

スノーシュートレッキング 2

少し余裕が出てきたのでアップします これは2月10日の様子 雪に隠れていますが下は氷  おばさんがころんじゃってます 実は直前に私も  大雪の中 こんな中60名の参加者 向こうは崖 落としても落としても 地面から3m上の行軍です~ 膝くらいまでのラッセル 先頭は大変 お待ちかね 人数が多すぎて餅が冷えて堅くなっていた

続きを読む

蔵王スノーシュートレッキング 2

ほんとは3回目なんですが 最近 忙しさの他に悪いこと続きでなんとか食い止めたいと思うこの頃 寒波の前の蔵王の様子をご覧ください 真っ白大好き 樹氷が落ちたことは気温の高さから想像していました 刈田岳 南に進路を変えました 目的はこれ かんじきツアーの足跡 この足跡をたどりブナ林を下るのが目的 あちこちにナナカマドがあり 赤い実がウサギの餌になっています 影もいいなぁ 少し下るとブナ林が現れます 綺麗でしょう 時々閉鎖中のエコーラインを横切ります 標高が下がるとブナの背が高くなります ここに下りて終了 ブナ林で危険な目に遭わないようツアーの跡を使いました

続きを読む

スノーシュートレッキング

少し空きましたがインフルにもならず元気です 最終記事の後 行動としては蔵王2回 このトレッキング2回やっているので アップする気力がなかっただけなのでした 月山ビジターセンター主催で毎年参加しているイベント すでに2回参加しているので合同の記事になります 今年はデジイチが大きく面倒なのでスマホで撮っています 雪原に動物の足跡って惹かれるな 道の路肩?を 前週は道を逆方向から 日が差すと影が魅力的 ツルウメモドキ 庄内平野を臨む すぐ道には下りないのです 前週の様子もご覧ください 雪深いって感じなんです これが楽しみで頑張れる 明日10日も参加しますが この寒い中6時前に出発しなければならない

続きを読む

蔵王樹氷トレッキング

今月中旬に今シーズン最初のスノーシュートレッキングをやってきました 野ウサギにも恋の季節がやってきたのかな  今年はまだあちこちにナナカマドの実が見えていました 前にはボードを背負う青年が 結構登っている 私は体力に自信がなかったし風が吹いていたので横に進路をとりました 刈田岳が姿を現しました 避難小屋が丸見えなので小雪がわかります ツルウメモドキ

続きを読む

蔵王の初冬散策

貴重な晴れ間にちょっと歩いてきました 蔵王エコーラインを 蔵王ライザワールド この時はまだクローズでした 長靴で歩き始めました スノーシューも持参しましたが積雪数センチなので 動物の足跡も見えない 風が吹くと スノーシャワー ナナカマド お目当て ツルウメモドキ しゃがんで撮ってたはずなのに見上げる高さ まだまだ積雪が少ないと実感 当地は積雪ゼロです

続きを読む

残雪 新緑そして桜

山形県小国町 おそい春が訪れていました カタクリも咲いていました 梅花皮荘(かいらぎそう)前には桜公園 飯豊連峰と コブシ 花の背景がすごく魅力的 小さな公園です

続きを読む

最後のスノーシュートレッキング

雪はまだまだあるのですが4月からは里山トレッキングなので最後になります ね! あるでしょう ブナ林 杉林 伐採あと 引き返す 橋の上 2m以上だな カーブミラーに自分が映らない 雪回廊 これも最後の餅定食 これから春の花々を追い求め飛び回ります!

続きを読む

スノーシュートレッキング-7-

3月に入り晴天が多くなってきました 月山ビジターセンター主催のイベント 毎週参加ですがアップは隔週です この日も晴れ暑いくらい 左 テン  右 タヌキ の足跡 庄内平野 ヤマドリのオス   矢印の出っ張りがないとメスだそうです 起伏は楽しい 月山が見えてきました 熊棚 断崖の上で一服 今年は何回登るかな  月山 雲も爽やか よく分かりませんが マンサク  自然の花で今年初めて 真ん中の白い山が虚空蔵岳  登山道がないそうな 直前まで見えていなかった 鳥海山 鳥海山に向かって歩く クロモジ アナグマの穴  ここで冬眠していました 枝をリュックに入れています 桜やクロモジが雪や強風で折れ地面に落ちていたものを拾い持ち帰ります 訊ねたら花瓶に入れておくと咲くそうです …

続きを読む

誕生日樹氷トレッキング

何故か私の誕生日は天気がいいのです 今年は特に悪天候続きでまったく期待せず 仕事するしかないかと思っていましたが 行いがいいのかモンスターが現れてくれました 快晴ではないですが樹氷原をご覧ください ガスはないものの青空が見えない  樹氷もイマイチ ところどころに日差しが 風が強くて正面がえぐれています おぉ! 樹氷神社現る!! 振り返り 私の足跡 南蔵王を臨む 元気そうだな  自分だけど 屋根だけ見える避難小屋あたりから先が危険区域  跡を見ると けっこう登っている 私は真面目に引き上げます スキー場近くはとんがっていました 南側はこの通り 降りたころはもっと天気が良くなっていました  …

続きを読む

スノーシュートレッキング -3-

月山ビジターセンター主催の3回目  2回目も2月4日に参加してますがアップしないうち3回目になったのでパスしました 羽黒山山頂までバスで送ってもらい出発しました 山頂からなので基本的に下り 芭蕉が逗留した南谷 羽黒山中腹にあり宿坊はもうありません 更に歩くと参道の階段に出ます もちろん雪深いですからただの坂なんです そこを山頂まで登り返し 一服 大木の根元にいるのは 上から盛んに落雪があり避けているのです 私は上を見て枝が出ていないところにいます はぁはぁ 列が長くなっていました おっ鳥居だ! 歓迎のスノーシャワー 降りるのも気を遣う あっ! 逃げろ! 山頂なのでここからビジターセンターまで降りて行きました 庄内平野 日が差してきたぞ! この大木に日本ミツバチの巣があり熊が登った跡がありました 高い雪の崖 いつものあんこ餅とけんちん汁と甘酒 あんこ餅を2個持ち帰り 御汁と甘酒をおかわりしました 毎週参加していますが選ん…

続きを読む

スノーシュートレッキング-1-

1月28日に月山ビジターセンター主催で参加してきました 今年は寒く大雪で楽しみでした ビジネコ 数が減ったな 可愛い 出発! この厳しい感じがいいなぁ 県道からまず荒沢寺 山門 少し登ったので休憩 向こうは羽黒山 杉林の中 リスの足跡 向こうは庄内平野 野ウサギ 日差しは嬉しい 結晶のまま積もっています 寒そう 厳しそうと見えますか? むしろ暑いくらい 私は白い世界にうっとりしていました 雪原が出てきました 下りがまた楽しい 道路に降ります いつもは最後に食事の写真なのですが 手違いがあり ありません  いつもの”あんこ餅” 食事を終え ストーブの前でウトウトしたり話したりしていたら 調理スタッフから 余った餅をいただいたのです 白餅と栃餅 4人前くらいあったかな 風邪気味なんですが明日の日曜日も参加します

続きを読む

スノーシューで樹氷原

毎年訪れる蔵王ライザワールドの上に広がる樹氷原を歩いてきました 晴れの日曜日で混んでいました だんだん寒さが応えるようになりましたが このキンキンの白い世界を見るとウキウキします 動物の足跡が何故か全然ない リフトを降りて 木の形が見えてはまだまだ 上ります 上にいくとガスが多くなりました 手前はゴジラになるはずなのに 最初 凧でも揚げているのかと思いましたが 何というのかウインドスキー パラスキー? 御田の神園地の雪原を行ったり来たり 雪の砂漠? これで日が差し見通しがきいた時を中心に撮っています アイスモンスターも未完成だし天気も好転しないので下りることにしました ゲレンデ脇 ブナ林の白い世界 ツルウメモドキ このあと暖かい日が続き 来週は凄い寒気団 2月初旬の晴れた日にまた歩きたい

続きを読む

蔵王のツルウメモドキ

最近カメラを持っていません 忙しかったり寒さが応えたりで でも元気です! 今月初めに訪れた蔵王でスノーシューをつけツルウメモドキ探しをしました 野ウサギが走り回っていました 標識のポールをぐるっと 今は真っ白のはず そうとう小形の動物でしょう ツルウメモドキ この木はほとんど殻が落ちてる 日差しが何よりも嬉しい 雪国です

続きを読む

新緑ハイキング

アップしていた二か所の新緑を友人二人を連れ楽しんできました 一人は初めての参加 タムシバ ブナの泉が出ていました 晴れた日曜日だったので賑わっていました 私達はカメラマンが来ない場所に陣取り最初の休憩 寝ころぶと   もう空を埋めています お湯を沸かし  大木を見上げています 根開きが大きくなったので壁が丸くならない 周海沼 数秒考え  コヨウラクツツジ! ムラサキヤシオ 石跳川を渡ります 二つの壁を乗り越え リュウキンカ広場 更に数百メートル 楽園 皮松谷地 木陰にマットを敷きました 後は自由行動 景色を見ながら豆を挽いています 美味しそう  横になりながら 姥ヶ岳の月山スキー場 リュ…

続きを読む

月山新緑

抜けるような青空の下 ネイチャーセンターから出発します 団体を急いで抜いたので息が上がっています 萌える新緑って感じ カエデの新緑はこんな色 人や撮影に邪魔にならないところでマットを敷き横になりました 寝っ転がって過ごす至福の時間 誰もマットを持って来ていないから分からないんだな  この気持ちよさ 周海沼ですが団体がいるので回り込んだら 倒木の一部 もっとあるはずと反対側を見たら 周海沼 帰りはルートを変え 急斜面を下りました 湯殿山が見えます 石跳ね川

続きを読む