月山新緑を歩く

大量の残雪がありながら新緑に覆われるのが月山 2回にわたり訪れたので混在していますが楽しんで下さい まず地蔵沼 登り始めるとほどなく 朝日連峰が見渡せます 進行方向には姥ヶ岳 昨年はブナが豊作だったと思わせる無数の実の殻 タムシバが映える 見上げる大木 大きな根開きに... 入りました またまた 友人と訪れました 弁当食べたあとは  横になり真上を眺めたり寝たり   至福の時間 周海沼 雪が解けると共に閉じ込められていた空気が泡となり浮いてきてました もう一回行きたいな

続きを読む

最後のスノーシュートレッキング

24日にもこのイベントがあるのですが私は今回で最後となります 最後を飾る悪天候で良かった まず近くの羽黒山 山頂駐車場へバスで 春まっしぐらと思っていたのですが スタート山頂からなので基本 下り 晴れ間が出る時も 羽黒山なのでいたるところに杉の巨木 中腹には芭蕉が元禄二年に逗留した南谷 南谷別院(高陽院紫苑寺)がありました 有難や 雪をかほらす 南谷 涼しさや ほの三か月の 羽黒山 スタッフがここには6月アカショウビンが来ると教えてくれたのでチャレンジしようかな   ムササビの巣穴 このまま下るのかと思いきや 参道の急な坂道(雪がないと石段)を山頂まで登り返し  雪が少なく苦手な階段を避けました 山頂に着いたら終わりかな と思ったら 結局 ビジターセンターまで歩きでした マンサクにピントが合っていなかった いつもより歩いてしまって より楽しみだった

続きを読む

ナイトスノーシュー

毎週参加しているスノーシュートレッキングですが今回はナイトスノーシューとなります 参加者を迎えてくれるのはロウソクの灯り 玄関から履きました いつもはビジターセンター裏を歩くのですが今回は羽黒山の途中まで 私のスマホではほとんど撮れない 帰ったら スカイランタン発進! とはなかなかいかず悪戦苦闘 空気が冷たく重いせいかすぐには上がらないのです 木に引っかかったり 終了後は丸テーブルを囲み 熱々のシチュー 夜のひととき参加者同士いつもより近い感じがする 二時間かけて帰宅して翌早朝栃木県往復ですからちょっと無理があった

続きを読む

スノーシュートレッキング 2

少し余裕が出てきたのでアップします これは2月10日の様子 雪に隠れていますが下は氷  おばさんがころんじゃってます 実は直前に私も  大雪の中 こんな中60名の参加者 向こうは崖 落としても落としても 地面から3m上の行軍です~ 膝くらいまでのラッセル 先頭は大変 お待ちかね 人数が多すぎて餅が冷えて堅くなっていた

続きを読む

蔵王スノーシュートレッキング 2

ほんとは3回目なんですが 最近 忙しさの他に悪いこと続きでなんとか食い止めたいと思うこの頃 寒波の前の蔵王の様子をご覧ください 真っ白大好き 樹氷が落ちたことは気温の高さから想像していました 刈田岳 南に進路を変えました 目的はこれ かんじきツアーの足跡 この足跡をたどりブナ林を下るのが目的 あちこちにナナカマドがあり 赤い実がウサギの餌になっています 影もいいなぁ 少し下るとブナ林が現れます 綺麗でしょう 時々閉鎖中のエコーラインを横切ります 標高が下がるとブナの背が高くなります ここに下りて終了 ブナ林で危険な目に遭わないようツアーの跡を使いました

続きを読む

スノーシュートレッキング

少し空きましたがインフルにもならず元気です 最終記事の後 行動としては蔵王2回 このトレッキング2回やっているので アップする気力がなかっただけなのでした 月山ビジターセンター主催で毎年参加しているイベント すでに2回参加しているので合同の記事になります 今年はデジイチが大きく面倒なのでスマホで撮っています 雪原に動物の足跡って惹かれるな 道の路肩?を 前週は道を逆方向から 日が差すと影が魅力的 ツルウメモドキ 庄内平野を臨む すぐ道には下りないのです 前週の様子もご覧ください 雪深いって感じなんです これが楽しみで頑張れる 明日10日も参加しますが この寒い中6時前に出発しなければならない

続きを読む

蔵王樹氷トレッキング

今月中旬に今シーズン最初のスノーシュートレッキングをやってきました 野ウサギにも恋の季節がやってきたのかな  今年はまだあちこちにナナカマドの実が見えていました 前にはボードを背負う青年が 結構登っている 私は体力に自信がなかったし風が吹いていたので横に進路をとりました 刈田岳が姿を現しました 避難小屋が丸見えなので小雪がわかります ツルウメモドキ

続きを読む

蔵王の初冬散策

貴重な晴れ間にちょっと歩いてきました 蔵王エコーラインを 蔵王ライザワールド この時はまだクローズでした 長靴で歩き始めました スノーシューも持参しましたが積雪数センチなので 動物の足跡も見えない 風が吹くと スノーシャワー ナナカマド お目当て ツルウメモドキ しゃがんで撮ってたはずなのに見上げる高さ まだまだ積雪が少ないと実感 当地は積雪ゼロです

続きを読む

残雪 新緑そして桜

山形県小国町 おそい春が訪れていました カタクリも咲いていました 梅花皮荘(かいらぎそう)前には桜公園 飯豊連峰と コブシ 花の背景がすごく魅力的 小さな公園です

続きを読む

最後のスノーシュートレッキング

雪はまだまだあるのですが4月からは里山トレッキングなので最後になります ね! あるでしょう ブナ林 杉林 伐採あと 引き返す 橋の上 2m以上だな カーブミラーに自分が映らない 雪回廊 これも最後の餅定食 これから春の花々を追い求め飛び回ります!

続きを読む

スノーシュートレッキング-7-

3月に入り晴天が多くなってきました 月山ビジターセンター主催のイベント 毎週参加ですがアップは隔週です この日も晴れ暑いくらい 左 テン  右 タヌキ の足跡 庄内平野 ヤマドリのオス   矢印の出っ張りがないとメスだそうです 起伏は楽しい 月山が見えてきました 熊棚 断崖の上で一服 今年は何回登るかな  月山 雲も爽やか よく分かりませんが マンサク  自然の花で今年初めて 真ん中の白い山が虚空蔵岳  登山道がないそうな 直前まで見えていなかった 鳥海山 鳥海山に向かって歩く クロモジ アナグマの穴  ここで冬眠していました 枝をリュックに入れています 桜やクロモジが雪や強風で折れ地面に落ちていたものを拾い持ち帰ります 訊ねたら花瓶に入れておくと咲くそうです …

続きを読む

誕生日樹氷トレッキング

何故か私の誕生日は天気がいいのです 今年は特に悪天候続きでまったく期待せず 仕事するしかないかと思っていましたが 行いがいいのかモンスターが現れてくれました 快晴ではないですが樹氷原をご覧ください ガスはないものの青空が見えない  樹氷もイマイチ ところどころに日差しが 風が強くて正面がえぐれています おぉ! 樹氷神社現る!! 振り返り 私の足跡 南蔵王を臨む 元気そうだな  自分だけど 屋根だけ見える避難小屋あたりから先が危険区域  跡を見ると けっこう登っている 私は真面目に引き上げます スキー場近くはとんがっていました 南側はこの通り 降りたころはもっと天気が良くなっていました  …

続きを読む

スノーシュートレッキング -3-

月山ビジターセンター主催の3回目  2回目も2月4日に参加してますがアップしないうち3回目になったのでパスしました 羽黒山山頂までバスで送ってもらい出発しました 山頂からなので基本的に下り 芭蕉が逗留した南谷 羽黒山中腹にあり宿坊はもうありません 更に歩くと参道の階段に出ます もちろん雪深いですからただの坂なんです そこを山頂まで登り返し 一服 大木の根元にいるのは 上から盛んに落雪があり避けているのです 私は上を見て枝が出ていないところにいます はぁはぁ 列が長くなっていました おっ鳥居だ! 歓迎のスノーシャワー 降りるのも気を遣う あっ! 逃げろ! 山頂なのでここからビジターセンターまで降りて行きました 庄内平野 日が差してきたぞ! この大木に日本ミツバチの巣があり熊が登った跡がありました 高い雪の崖 いつものあんこ餅とけんちん汁と甘酒 あんこ餅を2個持ち帰り 御汁と甘酒をおかわりしました 毎週参加していますが選ん…

続きを読む

スノーシュートレッキング-1-

1月28日に月山ビジターセンター主催で参加してきました 今年は寒く大雪で楽しみでした ビジネコ 数が減ったな 可愛い 出発! この厳しい感じがいいなぁ 県道からまず荒沢寺 山門 少し登ったので休憩 向こうは羽黒山 杉林の中 リスの足跡 向こうは庄内平野 野ウサギ 日差しは嬉しい 結晶のまま積もっています 寒そう 厳しそうと見えますか? むしろ暑いくらい 私は白い世界にうっとりしていました 雪原が出てきました 下りがまた楽しい 道路に降ります いつもは最後に食事の写真なのですが 手違いがあり ありません  いつもの”あんこ餅” 食事を終え ストーブの前でウトウトしたり話したりしていたら 調理スタッフから 余った餅をいただいたのです 白餅と栃餅 4人前くらいあったかな 風邪気味なんですが明日の日曜日も参加します

続きを読む

スノーシューで樹氷原

毎年訪れる蔵王ライザワールドの上に広がる樹氷原を歩いてきました 晴れの日曜日で混んでいました だんだん寒さが応えるようになりましたが このキンキンの白い世界を見るとウキウキします 動物の足跡が何故か全然ない リフトを降りて 木の形が見えてはまだまだ 上ります 上にいくとガスが多くなりました 手前はゴジラになるはずなのに 最初 凧でも揚げているのかと思いましたが 何というのかウインドスキー パラスキー? 御田の神園地の雪原を行ったり来たり 雪の砂漠? これで日が差し見通しがきいた時を中心に撮っています アイスモンスターも未完成だし天気も好転しないので下りることにしました ゲレンデ脇 ブナ林の白い世界 ツルウメモドキ このあと暖かい日が続き 来週は凄い寒気団 2月初旬の晴れた日にまた歩きたい

続きを読む

蔵王のツルウメモドキ

最近カメラを持っていません 忙しかったり寒さが応えたりで でも元気です! 今月初めに訪れた蔵王でスノーシューをつけツルウメモドキ探しをしました 野ウサギが走り回っていました 標識のポールをぐるっと 今は真っ白のはず そうとう小形の動物でしょう ツルウメモドキ この木はほとんど殻が落ちてる 日差しが何よりも嬉しい 雪国です

続きを読む

新緑ハイキング

アップしていた二か所の新緑を友人二人を連れ楽しんできました 一人は初めての参加 タムシバ ブナの泉が出ていました 晴れた日曜日だったので賑わっていました 私達はカメラマンが来ない場所に陣取り最初の休憩 寝ころぶと   もう空を埋めています お湯を沸かし  大木を見上げています 根開きが大きくなったので壁が丸くならない 周海沼 数秒考え  コヨウラクツツジ! ムラサキヤシオ 石跳川を渡ります 二つの壁を乗り越え リュウキンカ広場 更に数百メートル 楽園 皮松谷地 木陰にマットを敷きました 後は自由行動 景色を見ながら豆を挽いています 美味しそう  横になりながら 姥ヶ岳の月山スキー場 リュ…

続きを読む

月山新緑

抜けるような青空の下 ネイチャーセンターから出発します 団体を急いで抜いたので息が上がっています 萌える新緑って感じ カエデの新緑はこんな色 人や撮影に邪魔にならないところでマットを敷き横になりました 寝っ転がって過ごす至福の時間 誰もマットを持って来ていないから分からないんだな  この気持ちよさ 周海沼ですが団体がいるので回り込んだら 倒木の一部 もっとあるはずと反対側を見たら 周海沼 帰りはルートを変え 急斜面を下りました 湯殿山が見えます 石跳ね川

続きを読む

雨のブナ林

前回の場所から標高が100m以上低いのか瑞々しいブナ林をご覧ください 雨の日にわざわざ寄ったのは霞んでないかなと期待したから 薄っすらと もやっている 鬱蒼としているのに鮮やか 県道の脇なので時々カメラマンがやってきます

続きを読む

山里の春

山形も連休中は天気が良かったので小国町へ出かけました 桜と新緑 そして 雪と 飯豊連峰を一望できる樽口峠 何よりの おかず ですね 石転び沢 登山ルートにもなっていますが雪崩の跡がみえます 残雪とカタクリ 残雪とソメイヨシノ タムシバかな 新緑が美しくて見とれていました 帰りは大渋滞 正面衝突の事故でした 私は長距離運転が多いので気をつけないと

続きを読む

最後のスノーシュートレッキング

月山ビジターセンターに着くとまず猫をさがします 雪降りの中 帰って来ました マイクロバスに乗り月山高原牧場へ 天気はほとんどこんなもの ほどなく林の中へ 標高差はあまりないのにアップダウンは頻繁 今までは谷筋が雪で埋まっていたのですがもう川が流れていて渡れる場所を探しながら歩きました 結晶まで見える雪降り 細尾根 渡れる場所を探しにスタッフが降りて行きました OKということで 急斜面を下りればその分 上らねばなりません 伐採跡で一服 急斜面が多くて雪俵も大量発生 また出た 枝を敷いて補強し ”足を上げて一人ずつ渡って下さい” ウサギがかじった跡 月山への道に出てマイクロバスが待っている場所まで下りました 昼食は... ビックリ 主食が二つ カレーライスとあんこ餅 カレーライスをいただき あんこ餅はお持ち帰り 食堂の外は 雪降り積む もうじき4月なのに これでイベントとしてのス…

続きを読む

スノーシュートレッキング

一週あけてまた参加しました ビジターセンターに行ったら必ず猫を探してしまいます みんなから警戒されている 交通事故で死んだばかりのリスです スノーシュートレッキングはマイクロバスで運んでもらいビジターセンターまで歩いて帰ってくるというもの 光りが強くて影に注目していました リスの足跡が 状況に応じて足の指を閉じたり開いたりするそうでこれは開いています 月山高原牧場 向こうに見える月山の成り立ちを解説して下さっています 庄内平野 傾斜がわかりますね 開拓村の畑が雪原になっています 積雪は 2m 熊棚があります 点々とテンの足跡 熊の爪痕 月山を望む ここにもネコ タヌキ キツネ 雪が緩んで重く疲れました エネルギーを補充しましょう あと一回予約しています

続きを読む

樹氷神社

蔵王刈田岳山頂にある刈田嶺(かったみね)神社を私が勝手に言っています 今回はまっすぐ向かいました 刈田岳が見えてきました 御田の神園地の雪原をまっすぐ やさしい姿の月山 リフトの下を登りました 振り返り 中丸山越しの朝日連峰 沢山の人が登っています 凍ったお釜 樹氷に覆われています 南蔵王 朝日連峰 飯豊連峰 熊野岳にも登っている人が見えます ずっとキラキラしていました 最後まで 

続きを読む

ナイトスノーシュートレッキング

ビジターセンター主催で今回は ”ナイト” まず出迎えてくれたのは 晴れあがってきましたよ 金星が明るい 猫って言ってたかな ガラス越しにこの猫が入りたがっていました さて スノーシュー 闇に向かって歩いて行きます 空は満点の星空  林の中からも見上げれば   不肖わたくしめが星座や最近の地球型惑星の発見等織り交ぜ話をさせていただきました 雪があるのである程度は見えます 今年の積雪は半分だとか言っています 次なる催しは  スカイランタン 私も片手でランタン持ちながらなので全然まともに撮れませんでした 最後のお楽しみは 熱々のシチューでしたぁ パンを浸して いつもの古代米の甘酒も ご馳走様  帰途につきました そしたら車の前を獣が逃げて行きます  道路の両側が雪の壁になっ…

続きを読む

スノーシュートレッキング

月山ビジターセンター主催 今年は毎週開催されています 毎回ルートが違い 今回は最初からスノーシューを履きます 荒れてますねぇ  いつもお世話になっているスタッフのOさん 関東では春三番とか こちらは吹雪のつむじ風ですよ 足元を撮る余裕があるのでご心配なく 雪が舞い上がります これで和気あいあい話しながら歩いています ツルアジサイ 広い場所では自然に広がります 帰ってきました ビジ猫 食堂の軒先 いっただきま~す 今回も楽しかったな

続きを読む

樹氷原を歩く

その日は私の誕生日 運よく晴れの予報でやっと仕事を片付け 急ぎ蔵王へ向かいました 2時を過ぎていたので少々焦っていたのですが 動物の足跡が癒してくれます リフト2本乗って着きました 少し細いですが上れば太ってくるでしょう どんどん上って行くと遠くの景色が見えてきます 南蔵王 刈田岳 樹氷の周りは風でえぐれています モンスターの隙間を縫うように歩きます 快適なスノーシュー  修理しました 私だけ歩いているわけではありません 時間がないので宮城県に入らず帰ります 落ちたくないな 避難小屋 蔵王連峰最高峰 熊野岳 こんな枝にも春遠からずを感じてしまいます 樹氷ウサギ発見 エコーラインの標識 スキー場に下りてきました …

続きを読む

スノーシュートレッキング

ビジターセンター主催 更新としては2回目なんですが参加は3回目となります 当日は悪天候と小康状態の繰り返し 駐車場の様子 厳しそうに見えますが私としては絶好です 羽黒山の中腹まで登り別の場所に下る行程でした 積雪を測っています 170cm 少ない 前に出たり後ろになったり そばの人と話したりしながら アクシデント発生!! 左足のスノーシューの一か所 切断  2か所で枠とつないでいるのでスタッフからヒモをいただき応急処置 杉木に穴 二ホンミツバチの巣が中にあるそうな 甘いものが何よりも好きな熊さんが手を入れて(足か)蜜を舐めます それで木の下にはミツバチの死骸が落ちていました テンの足跡 今までなかった 急斜面に遭遇 芭蕉も泊まった”南谷” 昔 宿坊がありました 片側切断していたスノーシュー 両側切断してしまい  要するに足と枠が離れてしまい 完全にアウト しょうがないのでタオルを巻いて何とか下山しました 羽黒山参道を歩く 下界の集落を望む …

続きを読む

雪のあと

山形は雪が解けたかと思えば積もりの繰り返し そんな運動公園の様子です ユリノキ スノーシャワー 雪だるまの跡かな モミジバフウ 今シーズン初登場 冬のボンボン あと ひと月かな

続きを読む

スノーシュートレッキング

月山ビジターセンター主催スノーシュートレッキング一回目参加です 久しぶり 除雪機に猫がいっぱい 薪ストーブが暖かく迎えてくれました バスで近くの羽黒山山頂駐車場へ 私はMYスノーシューすぐ終わります 出発 テン だったかな 野ウサギ 有料道路を除雪中 樹間から庄内平野が見渡せました ヤドリギが落ちていました すごーくネバネバが伸びます 食べれるそうで私も無理やり食べる羽目になり不味くはないけど口の中いっぱい粘着き もう結構です 杉の大木の下 モモンガのフン さっきと違いオレンジ色のヤドリギの実 県道に降り ビジターセンターへ おっ ビジ猫 人馴れしていません 定番の昼食です

続きを読む