イワタバコとキツネノカミソリ

残暑お見舞い申し上げます 山形も直近では猛暑日はなくなりましたが蒸し暑いには違いありません それに訳あって冷房つけていないのです そんな中ですがちょっと遠征しました のっけからイワタバコが現れました 以前より増えたようです お堂までの石段を上って行きました コバギボウシか キツネノカミソリ フシグロセンノウ 石仏と合うでしょう 崖にも咲いていて見上げています 苔との相性も良さげ 群生もありました 堂の下の岩観音 道路の脇にも群生がありました 痛めていた右膝はほぼ治りました 作成している今日15日はここ数年旅行中なんですがなんとなく気分が乗らず 少し仕事や記事の更新やらダラダラとしています 日帰りでもいいから隣県にでも行こうかと思案中です

続きを読む

森吉山

今回の豪雨災害に遭われた方々には謹んでお見舞い申し上げます 旅行記最後となります 秋田県の内陸部にある森吉山 下北半島の帰り晴れていたら登ろうと思って近くを通過するルートをとりました 雲はあるものの時々日が差してまずまずなのでロープウェイを使いショートカット この山も花の百名山なので堪能してきました 梅雨の時期一番のお目当てはチングルマ 稚児平 イワカガミも一緒に咲いていました 2度目の山頂 沢山の人が一服していました 私も 足元にはコケモモ 山頂を越え向こう側へ下って行きました ヒナザクラ チングルマは盛りを過ぎていたのですがヒナザクラは見頃でした ミズバショウは小型でした 山人平 一週間遅かったな 花の百名山ですからこれだけではありません ニッコウキスゲ ヒメイチゲ イワイチョウ ハクサンチドリ アカモノ ゴゼンタチバナ ツマトリソウ 私は森吉山というとシラネアオイを思い出す ミツバオウレン 下北半島ですでに右膝が少し痛かったのですが森吉山で悪化してしまいました 今は平らなところなら歩くのに全然痛くありませんが登山はまだ無理な状態 …

続きを読む

賑やかな尻屋崎

青森県下北半島 尻屋崎 盛りだくさんな様子をご覧ください まず寒立馬(かんだちめ) たまたま灯台の近くにいました 食事のため移動しているのです この馬はしばらく道路上で固まっていました ニッコウキスゲは見頃 2年ぶり訪れたら灯台に上ることが出来るようになっていました 高所恐怖症なのでへっぴり腰で撮影 尻屋崎付近は平ですが内陸は山地なのがよくわかります 岩場にスカシユリ ウツボグサ エゾフウロ ハマナス 北海道が見えていました これだけではありません 当日は 部分日食 途中 閉門時間だと注意され慌てて退出 近くの駐車場に停め また撮影 親子が近づいてきました ” 部分日食撮っているんですか ” と問います ” そうですよ 見ますか? ” とライブビューで見せると 親子で ” おぉ!" " いいもの見せてもらいました ” と帰っていきました

続きを読む

行合崎

主目的は行合崎のニッコウキスゲ 青森に入ると海岸に咲くようになります こっちは後回しで先端の方に行きました 斜面を下り ハマナスも見頃 エゾネギ 岬の根元の崖にも 見上げています ペンションに泊まりましたが他に客がいなくて残念でした

続きを読む

鳥海山 花の始まり

花のはじまりではありますが すでに天空の花園となっていました 下界は曇り不安を抱きながら駐車場まで上っていくと山頂が綺麗に見えていました 途中 登山道の道端にもマイヅルソウ ハクサンチドリ イワカガミ ショウジョウバカマ等咲いていましたが省略して ここが一番の難所だったかな 雪渓なりに歩いて行きました 雲の上に出ています ミヤマキンバイと山頂 ほぼハクサンイチゲ祭りでした 背景は笙ヶ岳(しょうがたけ) 鳥海湖のお目覚めはもう少し ミヤマキンバイとコメバツガザクラ この下にもハクサンイチゲの群落がありますがまだ早そうなので引き返しました 遠く男鹿半島が見えました ミツバオウレン 雪渓と飛島 帰る頃には順光になっていました 白糸の滝が良く見えます あと3回は登りたいな

続きを読む

残雪と花の月山

花の百名山 月山の始まりです 途中撤退したものの十分楽しめました 駐車場から リフト稼働中ですが上りだけで下りは乗れません 姥ヶ岳経由にルートを取りました もう息が上がっていました 背景は朝日連峰 姥ヶ岳山頂から月山を望む ミヤマキンバイ 鳥海山が見えていました 湯殿山 ミツバオウレン 体調により山頂は断念しましたが先に歩いて行きました ハクサンイチゲ ヒナザクラ イワカガミ チングルマ ミヤマウスユキソウ ミヤマキンバイ シラネアオイ ミネザクラ ここから少し先で昼食し引き返しました 次も山なんですが...

続きを読む

蔵王 御田の神園地

数回訪れたので総集編をご覧ください チングルマ 手前黄色っぽいのがチングルマ 奥はワタスゲ ヒナザクラ ミツバオウレン ミネズオウ ワタスゲ 見頃に近づいています

続きを読む

花盛りの山歩き

庄内にある荒倉山 油戸と由良 二か所の登山口それぞれから1km程度?歩きました 新型コロナで暗く沈滞ムードの下界とは無縁で華やかな様子をご覧ください 油戸から 主にカタクリとキクザキイチゲ ハナワサビか 鳥海山 由良から ミチノクエンゴサク 登山道は山桜並木になっているので中旬にまた訪れます ナガハシスミレ ルリソウ ナガハシスミレが凄く多いのです オクチョウジザクラ 展望台で昼食 月山 スミレサイシン 何だか分からないけど可愛い クロモジ アケビ 山形も感染者が増えてしまい私のところにも次第に近づきつつあります 今日も外へ一歩も出ていない

続きを読む

ミモザ

今年は泊まらず日帰りとなりました ミモザも台風により数本倒れ少し寂しくなっていましたが華やかな姿を見せてくれました もう数少なくなった感染者が出ていない山形県 今時ですが私は走っています

続きを読む

ミツマタの森

今までのイメージだと杉林の中の群生でした ところがここ群馬県桐生市の群生地はミツマタそのもの 圧巻の大群生でした 群生地へ通じる林道は通行止め1kmくらいか歩いて行きます ところどころ土砂崩れが見られました 最後に完全に塞ぐ土砂崩れが 乗り越えます 林道から下にこんな姿が 林道の上にも 少し先まで進むと群生地の下に降りることができます 桐の木が埋もれる 影も可愛い 林道の上にある小群生 コンクリートで固められた斜面に咲いていました アブラチャン? 帰りに見られた別の群生地

続きを読む

山の日の月山

ちょうど天気もいいし歩いてきました 山頂まで登らない予定だったのでゆっくり出かけたのですが もう激混み それでもなんとか停めリフトで これから登る姥ヶ岳 雪深い月山ではニッコウキスゲがまだ盛りでした ヨツバシオガマ コバイケイソウもあちこちに ミヤマリンドウ キンコウカと池塘 尾根道と山頂を望む柔らかい風景が好きです 姥ヶ岳山頂は憩いの場 ウメバチソウ イワショウブ キンコウカ ミヤマアキノキリンソウ ミヤマウツボグサ 最後のハクサンイチゲ ヤマハハコ 気温も風もちょうどよく凄く涼しい 残雪とニッコウキスゲ ハクサンフウロ ウサギギク 牛首の交差点では沢山の登山者が一服中 残雪が解けるとチングルマ 雪解け水 ヒナザクラ イワイチョウ リフトの下はヨツ…

続きを読む

ナツエビネ

最近知ったラン科の花です 日帰りで青森の白神に出かけました 薄紫色がなんとも麗しい 当地は台風の余波で酷暑になっています 一歩も外に出ず ブログアップ

続きを読む

ユウスゲ-榛名山-

東北では見られないユウスゲ 一番近い群馬県榛名山へ行ってきました マツムシソウ タカネナデシコ ヒメシャジン クサレダマとチダケサシ コオニユリ シモツケ ホタルブクロ ずっとゴロゴロ鳴っていました その前に前から撮りたいと思っていたカノコユリが駐車帯に咲いているのを見つけました

続きを読む

黄色い絨毯-蔵王御田の神園地-

湿原がびっしりキンコウカの黄色に覆われていました この前 訪れたのはワタスゲの頃か 葉っぱを見ると もう色づき始めていました キンコウカ ユリ科 キンコウカ属 赤トンボが最近少なくなっているらしい シロバナトウウチソウ イワショウブ 最後のワタスゲ サワラン これから最盛期 エゾオヤマリンドウ

続きを読む

花盛りの鳥海山1-笙ヶ岳-

ニッコウキスゲが見頃かと登ってきました 珍しく2回に分けご覧ください クガイソウ 久しぶり クサボタン 展望台と駐車場 アカモノの実 イワオトギリ カラマツソウ コイワカガミ ミツバオウレン チングルマとアオノツガザクラ チングルマ スプーンカットの残雪 イワイチョウ 笙ヶ岳の麓のチングルマ 笙ヶ岳に登ります ヒナザクラ ニッコウキスゲと庄内平野 ハクサンシャクナゲ ヨツバシオガマ ハクサンフウロ ミヤマキンポウゲ これからの主役 ハクサンシャジン トウゲブキ 笙ヶ岳から降りる私と登ってくるグループがお花畑ですれ違います 続く

続きを読む

花の月山

庄内側八合目から登りました 沢山の写真と共にご一緒しましよう 早速 ニッコウキスゲ ハクサンフウロ 晴れたらいつも鳥海山が見えます 残雪の割れ目の下には水芭蕉がスタンバイしています ミツバオウレン イワイチョウ 弥陀ヶ原湿原 ユキザサ ワタスゲと 山頂方向 登り始めるとすぐ花畑が現れます チングルマ 内陸側は雲海の下 雲海と弥陀ヶ原湿原 ウラジロヨウラク ウサギギク シラネアオイ コシジオウレン 途中 雪渓が数か所ありました 振り向けば鳥海山 ウズラバハクサンチドリ アカモノ 主にチングルマ イワカガミ アオノツガザクラ チングルマ ヨツバシオガマ 九合目 佛生池小屋小屋を望む カラマツソウ ヒナザクラ ミヤマキンバイ ハクサンイチゲ ミヤマシオガマ アオノツガザクラとチング…

続きを読む

花の鳥海山

そろそろ見頃かと登ってきました 階段の下に可愛いスミレ ゴゼンタチバナ マイヅルソウ マルバシモツケ アカモノ シラネアオイ オオバキスミレ ミツバオウレン 途中 雪渓を歩きます コシジオウレン イワイチョウ 目的地 最初の花畑 笙ヶ岳(しょうがたけ)へ ハクサンイチゲ ミヤマキンポウゲとハクサンチドリ ヨツバシオガマ ミヤマキンバイ ミヤマキンポウゲ 起きたばかりの鳥海湖 チングルマ 鳥海湖を時計回りに山頂方向へ ハクサンイチゲは満開 ホソバイワベンケイ 登山道の左右はハクサンイチゲの花畑になっています チングルマとイワカガミ 登るとき見えなかった山頂が 白糸の滝が雪解けで迫力ある 登山口近く…

続きを読む

雨のバラ

終盤かなと思いながら訪れました やはり終盤でした  水滴は小宇宙

続きを読む

ワタスゲの季節-御田の神園地-

ちょっと時間が取れたので気軽な蔵王にある御田の神園地を訪れました ワタスゲがちょうど見頃でした 影も可愛い チングルマの花は終わっていました ガクウラジロヨウラク ツマトリソウ コバイケイソウ イワカガミ ほぼ終了のヒナザクラ ムラサキヤシオ ノビネチドリ ハクサンチドリ ヤマオダマキ この日だけ晴れたのです

続きを読む

八幡平-岩木山-行合崎

別に意識しているわけではないのですが たまたま4月から毎月 青森県に行っています それも一泊だけの 今回は車中泊せず秋田北部 大館のホテルに泊まりました いつもなら北秋田市に向かいますが八幡平経由にしようと寄り道しました 何のためかというと ドラゴンアイ 残念ながらガスっていました 鏡沼の雪解けに現れます 初日終了 翌朝 向かったのは岩木山 八合目駐車場から登りました ここのスミレは鮮やか サンカヨウ ベニバナイチゴ ミヤマカタバミ ムラサキヤシオ オオカメノキ コヨウラクツツジ ツバメオモト 九合目になると ミチノクコザクラ 急な雪渓を下るのですが老夫婦が迷っていました そのわきを私がスタスタと下りました 奥さんが先に降りてきました ミヤマキンバイ 岩にへばりつく 左の小さいのがイワヒゲ  右のがイワウメ イワウメ 次に向かったのは日本海側深浦町の行合崎 まだ早かったニッコウキスゲ …

続きを読む

庄内紀行

山形県の日本海側庄内地方の遊佐町へドライブしました いつも訪れるところなんですが 丸池様 食料を調達し次に向かったのは 釜磯海水浴場 丸池様と同様に鳥海山の伏流水が砂浜から湧き出ています 海の前で先端が切れています 先端の先を掘ってみました 風が強く波も高かった ハマヒルガオ ハマナス すぐ上を羽越本線が通っています もう少し北上し秋田県の県境にある三崎 スカシユリが咲いていました 庄内ではイワユリと呼びます 花被片の付け根付近がやや細く、隙間が見えることから「透かし」百合の和名がある(wiki)

続きを読む

花の不忘山

昨年は体調不良により途中断念 2年ぶりに登ってきました マイヅルソウ コイワカガミ オオカメノキ ウリハダカエデ 標高が上がってくると ムラサキヤシオ タムシバ ミツバオウレン ルートでただ一輪 チングルマ ミネカエデが見頃でした 森林限界を越すと お目当ての ハクサンイチゲとユキワリコザクラ 黄色いのはミヤマキンバイ カエル岩 南屏風岳を背景に 遠く飯豊連峰 朝日連峰 コメバツガザクラ 山頂 やったぁ! 登れる体の回復に感謝 山頂から南屏風岳 一服せず少し下ります アズマシャクナゲ こんなに急なんです また登り返し 花が見えるところで大休止 昼食を摂りました 樹林帯まで下りて朝より開いていたヤ…

続きを読む

八塩山

寒暖の差が激しくて喉が痛いような今日この頃 秋田県由利本荘市にある標高713mの里山です 5月18日 今回も「ラン」を探しに行きました 鳥居の沢登山口から すぐサンカヨウの歓迎 ニリンソウ まだ早春の花が咲いてる 右へ  帰りは知らないで左の急なコースを下りてきてしまった まだ残雪があったのです 最初のお目当てが アズマシロカネソウ 新潟で一回見たような気がする ミヤマカタバミと ここも右 すごい密集 急登になりすぐ ブナの巨こぶ 下半身が割れ中が空洞なのによく生きてる ブナ林の中を登っていきます 私はずっと下を探していたのです どこにあるかわからない あるのかもわからない 過去の情報だけ 今年はまだ情報がなかったのです タムシバ アップ ムラサキヤシオ オオカメノキ 途中 鳥海山がちらっと 青森行の疲れもありやっとこさ 山頂付近の東屋に到着 北西の景色 ちょっと移動して南西の鳥海山 …

続きを読む

ラン科-2-浅虫温泉森林公園

ランを求めてまたまた青森に向かいました  そのランは浅虫温泉の裏山となる森林公園に咲いているというのです ユウシュンラン どこに咲いているかわからないのでゆっくり散策路の左右斜面を注視しながら チゴユリ マイヅルソウ ツクバネソウ ユウシュンラン発見!(ラン科キンラン族) でも想像したよりくすんでいる  盛りを過ぎたのか 展望台への階段 晴れてはいたのですが朝もやっぽく霞んでいました いったん見つけると所々に点在することがわかりました ギンランの仲間ですが花の下のぽちっと出ている形や 花びらが開くところがギンランやササバギンランと素人的にも違いがよくわかります クルマバソウ ランがあるところは近くによく咲いている傾向を感じる 道に迷ってぐるり周囲を見渡したら 小さく見づらく「エビネ」と森の中に案内がありました もう一つのお目当て サルメンエビネ(ラン科エビネ族) 花だけでなく くねって伸びている姿が魅力的 つぼみ? ユキザサ 前日午後出発し一般…

続きを読む

ラン科の花々-1-

福島県いわき市にランを求めて向かいました キンランとギンランの自生地があるのです キンラン(ラン科キンラン属) 今回もう一か所群生地を発見し珍しい植物なのに珍しくなくなってしまった ギンラン(ラン科キンラン属) エビネ(ラン科エビネ属) これは予想外 こんな中に これは増やして日本一の大群生地にしました クマガイソウ(ラン科アツモリソウ属) ランの旅は続きます

続きを読む

山桜を求めて

また庄内の里山を歩いてきました 手前が山桜なんですが終わってました アケビ この景色にも山桜があるのですが残念 それでもめげずに登りました ワラビ キジムシロ スミレ 標高が上がるにつれ出てきましたよ 山椒 シラネアオイ ツリバナ ヤマルリソウが沢山 展望台に着きました ユキザサ イカリソウ 朴ノ木 ヤマツツジ 荒倉山を見て帰ります サワハコベ ? 思いがけなく沢山の花が見られました

続きを読む

小岩井農場とカタクリ群生地

青森への途中で寄っていました 4月29日の様子 一本桜は咲き始めでした 存在感ある岩手山 それより数十キロ南に大荒沢群生地があります オトメエンゴサク 女性が男性に 「まだ時間ある?」 「すごい」

続きを読む

ヒメホテイラン

青森の里山 ヒバ林にひっそりと咲くヒメホテイラン 登山口で地元の人らしいオジサンが私の車のナンバーを見て 「山形から来たのかい」と驚いていました 昨日 知り合いが登って一株しか見られなかったと もう遅いような話をされたのですが いそいそと歩き始めました まず一株見っけ おっ!枯葉に埋もれながら発見 合計 5株見つけました ツバメオモトの蕾 ミヤマカタバミかと思っていたのですがちょっと違うような

続きを読む

可愛い!キバナハナネコノメ

静岡県の山奥に行ってきました 当日は レインウェアと長靴それに透明傘持参でいそいそと その甲斐ある可愛すぎる妖精をご覧ください 水滴がいっぱい 水滴に閉じ込める 秋は紅葉か ちょっとだけ日が差しました 妖精だって輝いています ガクと蕊の色長さがいろいろ そばにシロバナもありました ピンクのヤマエンゴサク ずっとそこに居たくなる谷でした

続きを読む