そば高原

大蔵村湯の台  毎年のように訪れるのであまり代わり映えしませんがご覧ください 鳥海山が見えていました 雲も気になる

続きを読む

アケボノシュスラン

見頃の情報で出かけてきました アケボノシュスラン もちろんラン科 アクシバ 初めて出会いました タマゴタケ うれしい! トリカブト ツクバネソウ 山の中間になくて山頂が近づくとまた自生していました ユキザサ 栃の実 時折 葉っぱに当たりながら落ちてくる音が聞こえました これもお初 キバナアキギリ その前に何枚か撮りましたがトンボがいたのでこれを採用   ホツツジ 今日は暑いですが秋を感じますね

続きを読む

ナツエビネ

今年の盆はナツエビネ探ししました 散々目を凝らして探したあげく見つからず諦めかけた時 足元に一株咲いていました 数メートル先の斜面を注視していたのです ナツエビネ 遊歩道の道端によくぞ ご無事で

続きを読む

レンゲショウマ

山形市野草園を訪れました レンゲショウマの開花情報で レンゲショウマ 他にも咲いています フシグロセンノウ ナツズイセン ルリタマアザミ ヒオウギ キキョウ オミナエシ カワラナデシコ スモークツリー もうコスモス センニチコウ ハナトラノオ まだ咲いてた アガパンサス 暑さが早く収まってほしいと願っていたのだけれど 暑さも天気もどこかへ行ってしまった もう夏は終わったのだろうか 今年も下北半島に行きました たまたま今年は通らなかったもののいつもなら間違いなく通るむつ市大畑地区 下風呂温泉に大きな被害が出てしまいました そしてまた西日本への豪雨と悪いことは続きます 移動するな早く逃げろ どっちにするかは自己責任 天気予報を見ながら考えておかねば

続きを読む

ユウスゲ

榛名山です 長距離ドライブ(一般道往復700km)なのでいろいろ考えていました こんな労力使うほど見たい撮りたいのかと まして今時 結論として どこか遠出したくて何か理由が欲しい です その程度の気持ちですがご覧ください 自宅から一般道で向かうと丁度 夕方に到着するのです オカトラノオ ノハナショウブ チダケサシ カワラマツバ コオニユリ タカトウダイ ホタルブクロ 当日はビジホに宿泊 久しぶりに  おいしかったな それから家では焼酎の水割りじゃなく炭酸割で飲むようになった 南は北関東 北は青森県の範囲で出歩こうかと思いますが心身の変調もありどうなることか その前に ”暑い” 

続きを読む

下北半島 尻屋崎の花々

ワクチン2回目接種を終えたらと待っていました 一路 下北半島へ ねらい目はニッコウキスゲ ウツボグサ カワラナデシコ ノコギリソウ 尻屋埼灯台を無理やり アサツキ スカシユリ ツリガネニンジン キリンソウ 背景の島をクローズアップ ウミネコかな エゾフウロ 近くには三菱マテリアルの工場があります 寒立馬(かんだちめ)は到着が遅かったせいか放牧場入口近くに集まっていました 翌日また訪れました

続きを読む

鳥海山の花々

絶景に咲き誇る花々をご覧ください 鉾立から ササバギンランか ナナカマド アカモノ イワカガミ ゴゼンタチバナ シラネアオイ 調子が上がらずの中 雪渓が現れ涼風が吹きました 調子が上がらない時は空を見上げます そこには”暈(かさ)”が 雪渓なりに登り 湿原に出ました チングルマ 目指す笙ヶ岳(しょうがたけ) ヒナザクラ ハクサンイチゲ祭りの始まり❣ おねえさんがどきましょうかと言うので  いや人が居るのも自然なのでそのままでいいです 人が入らない構図は帰りに撮ればいいかと思ったのですが帰りは絵にならない若者二人がいて断念しました コシジオウレン ヒメイチゲ 黄色はミヤマキンポウゲ 天気予報では大気が不安定で落雷の可能性があると 遠雷も聞こえ始めていたので落ち着かない 御浜を目指しました 道を縁どるようにミヤマキンバイ 山頂はガスで隠れ気味 振り返れば花畑と笙ヶ岳 鳥海湖が見えてきました …

続きを読む

雨の日とサンカヨウ

ぐずついた日に気になる花を求めて行きました サンカヨウ 透かして見れば ムラサキヤシオ コヨウラクツツジ タムシバ

続きを読む

皮松谷地

リュウキンカ広場の先にはもっと広く見通しの良い皮松谷地があります タムシバ 背景の山は左から湯殿山 姥ヶ岳 右端奥が月山

続きを読む

リュウキンカ広場

春に絶対訪れる場所が数か所あります ここもその一つ 新緑の中 残雪を踏みしめて向かいます ネイチャーセンターに車を停め石跳川沿い上流に向かって歩いて行きます 今年は雪解けが早くちょっと歩きづらい 雪から顔を出したばかりか 石跳川を渡ります リュウキンカ広場到着 木道を流れが横切っています こういうリュウキンカ いいな 踏ん張る ミズバショウ 先を急ぎました 戻って来たとき あのリュウキンカは 水の中 雪解けを実感します

続きを読む

高館山の花散歩

早春の花で人気の高館山ですが花の山は続いていました あるとは聞いていました 諦めかけた時 やっと見つけました ユウシュンラン たった一株 この花に会うため2年前には青森まで行きました コケイランはあちこちに咲いていました ギンラン ルイヨウボタン オオツクバネウツギ? 藤 ヤマツツジ

続きを読む

ランラン蘭

キンランは数日早かったのですがご覧ください キンラン ワラビとコラボ ギンラン 盛りを過ぎたシュンランも エビネ これからも天然の蘭シリーズは続きます

続きを読む

桜サイクリング

桜の花見の中では一番好きなサイクリングしながらの花見 JR高畠駅にあるレンタサイクルで借り 出発 鉄道跡がサイクリングロードになっているので 旧高畠駅 阿久津八幡神社 久しぶりにオオイヌノフグリを撮った 帰り着いた時 山形新幹線が到着しました

続きを読む

庄内アルプスを歩く

私にとって冬から続いた月山ビジターセンター主催のイベント参加は最後になります あとは勝手に行動したいもので 集合場所の由良海岸 バスに乗り油戸へ行き 登り始めました 花ワサビ キバナイカリソウ カタクリは終わってました ツリバナかな ハウチワカエデ 鳥海山 荒倉山山頂の シラネアオイ オオカメノキ シュンラン 月山 ニリンソウの群生地に寄りました 花びらの先端が薄っすら紅がさしています 展望台で昼食 ナニワズ ルリソウ 終わってしまったシロバナのカタクリ 参加者多いです 由良海岸まで下りてきました 民家の前でコンテナに水をかけています アンコウでした 白山島に渡る人 帰る人 私はすぐ帰りました 何しろ静岡から夜帰り 翌早朝5時出発してここに来て また山歩き 流石にくたびれ しばらく体がだるかった ここのイベント参加者や山で出会った中で見て下さっている方々がいらっしゃいます お世話になりました また来年の冬 お会いしましょう

続きを読む

アブクマトラノオとニリンソウ

静岡の帰りに寄ってみました アブクマトラノオが見頃になっている推測で 背景のもやもやは... ニリンソウ ハナネコノメはこんな風 遅い別種のミモザが咲いていました

続きを読む

荒倉山へと続く花園

前回更新した高館山とは通称”庄内アルプス”と言われる山の連なりとなります 知っている人には人気のコースなんですが道路からの案内は皆無なので ごった返すことはほとんどありません 写真が大量にあります 私の気持ちを表していると思って下さい 油戸からの登山口 主にスミレが迎えてくれます ほどなく現れます 新緑も爽やか 急斜面が花畑になっていてそこに登山道を切った感じで 道の両脇はもちろん上も下も咲き乱れています オクチョウジザクラ ルリソウ 埋もれる 隠れていても オオカメノキはもうすぐ 山頂分岐からヒトリシズカがないか少し下ったのですが見つからず 代わってシュンランが数株見つかりました 鳥海山 ナガハシスミレ 荒倉山山頂 見晴らしもなく花畑もありませんが  シラネアオイがあるので探したら 蕾ながらありました ミチノクエンゴサク 海も見えるので無理して入れたくなります キクザキイチゲは当たり年かな …

続きを読む

ハナネコノメ

小さな渓流には今年もというか大水で減ってしまった昨年から健気に復活した ハナネコノメが見られました ユリワサビ ニリンソウは白いな どの角度からも撮れるように胴長を履き川の中を歩きます

続きを読む

ミモザ爛漫

前記事と1日でえらく違う内容になりました 毎年のルーティーン いわきのペンション 私の記事を見て訪れるカメラマンがいるとかいないとか 東北ではほとんど咲いていませんからね たわわなミモザをご覧ください 晴れの日しか訪れないのです 春までにはマクロレンズを手に入れる必要がありました 温室にタイルが貼られました ステイ ホーム か 私はステイなしで野山に出かけます 春の花は桜だけでなく10日以上早いのかもしれない

続きを読む

角田山

新潟市にある花の山を登ってきました お目当ては... 雪割草 尾根ですから樹間から風景が見られます ショウジョウバカマの咲き始め キクバオウレン マンサク 12時は過ぎていましたが山頂広場を通過し観音堂へ 少し雲があり飯豊連峰の雪山が隠れていました 大休止後 灯台コースで帰ります 咲き始めのカタクリとキクザキイチゲ 視界が開けると青い海と佐渡島 ところどころに雪割草が咲いています ヤブツバキか 灯台のある風景 痩せ尾根に強風で怖かった

続きを読む

彼岸花

私の散歩コースは桜の名所ですが彼岸花もまた咲き乱れています 雨の彼岸花をご覧ください マクロレンズが壊れかけていて悩ましい

続きを読む

イワタバコとキツネノカミソリ

残暑お見舞い申し上げます 山形も直近では猛暑日はなくなりましたが蒸し暑いには違いありません それに訳あって冷房つけていないのです そんな中ですがちょっと遠征しました のっけからイワタバコが現れました 以前より増えたようです お堂までの石段を上って行きました コバギボウシか キツネノカミソリ フシグロセンノウ 石仏と合うでしょう 崖にも咲いていて見上げています 苔との相性も良さげ 群生もありました 堂の下の岩観音 道路の脇にも群生がありました 痛めていた右膝はほぼ治りました 作成している今日15日はここ数年旅行中なんですがなんとなく気分が乗らず 少し仕事や記事の更新やらダラダラとしています 日帰りでもいいから隣県にでも行こうかと思案中です

続きを読む

森吉山

今回の豪雨災害に遭われた方々には謹んでお見舞い申し上げます 旅行記最後となります 秋田県の内陸部にある森吉山 下北半島の帰り晴れていたら登ろうと思って近くを通過するルートをとりました 雲はあるものの時々日が差してまずまずなのでロープウェイを使いショートカット この山も花の百名山なので堪能してきました 梅雨の時期一番のお目当てはチングルマ 稚児平 イワカガミも一緒に咲いていました 2度目の山頂 沢山の人が一服していました 私も 足元にはコケモモ 山頂を越え向こう側へ下って行きました ヒナザクラ チングルマは盛りを過ぎていたのですがヒナザクラは見頃でした ミズバショウは小型でした 山人平 一週間遅かったな 花の百名山ですからこれだけではありません ニッコウキスゲ ヒメイチゲ イワイチョウ ハクサンチドリ アカモノ ゴゼンタチバナ ツマトリソウ 私は森吉山というとシラネアオイを思い出す ミツバオウレン 下北半島ですでに右膝が少し痛かったのですが森吉山で悪化してしまいました 今は平らなところなら歩くのに全然痛くありませんが登山はまだ無理な状態 …

続きを読む

賑やかな尻屋崎

青森県下北半島 尻屋崎 盛りだくさんな様子をご覧ください まず寒立馬(かんだちめ) たまたま灯台の近くにいました 食事のため移動しているのです この馬はしばらく道路上で固まっていました ニッコウキスゲは見頃 2年ぶり訪れたら灯台に上ることが出来るようになっていました 高所恐怖症なのでへっぴり腰で撮影 尻屋崎付近は平ですが内陸は山地なのがよくわかります 岩場にスカシユリ ウツボグサ エゾフウロ ハマナス 北海道が見えていました これだけではありません 当日は 部分日食 途中 閉門時間だと注意され慌てて退出 近くの駐車場に停め また撮影 親子が近づいてきました ” 部分日食撮っているんですか ” と問います ” そうですよ 見ますか? ” とライブビューで見せると 親子で ” おぉ!" " いいもの見せてもらいました ” と帰っていきました

続きを読む

行合崎

主目的は行合崎のニッコウキスゲ 青森に入ると海岸に咲くようになります こっちは後回しで先端の方に行きました 斜面を下り ハマナスも見頃 エゾネギ 岬の根元の崖にも 見上げています ペンションに泊まりましたが他に客がいなくて残念でした

続きを読む

鳥海山 花の始まり

花のはじまりではありますが すでに天空の花園となっていました 下界は曇り不安を抱きながら駐車場まで上っていくと山頂が綺麗に見えていました 途中 登山道の道端にもマイヅルソウ ハクサンチドリ イワカガミ ショウジョウバカマ等咲いていましたが省略して ここが一番の難所だったかな 雪渓なりに歩いて行きました 雲の上に出ています ミヤマキンバイと山頂 ほぼハクサンイチゲ祭りでした 背景は笙ヶ岳(しょうがたけ) 鳥海湖のお目覚めはもう少し ミヤマキンバイとコメバツガザクラ この下にもハクサンイチゲの群落がありますがまだ早そうなので引き返しました 遠く男鹿半島が見えました ミツバオウレン 雪渓と飛島 帰る頃には順光になっていました 白糸の滝が良く見えます あと3回は登りたいな

続きを読む

残雪と花の月山

花の百名山 月山の始まりです 途中撤退したものの十分楽しめました 駐車場から リフト稼働中ですが上りだけで下りは乗れません 姥ヶ岳経由にルートを取りました もう息が上がっていました 背景は朝日連峰 姥ヶ岳山頂から月山を望む ミヤマキンバイ 鳥海山が見えていました 湯殿山 ミツバオウレン 体調により山頂は断念しましたが先に歩いて行きました ハクサンイチゲ ヒナザクラ イワカガミ チングルマ ミヤマウスユキソウ ミヤマキンバイ シラネアオイ ミネザクラ ここから少し先で昼食し引き返しました 次も山なんですが...

続きを読む

蔵王 御田の神園地

数回訪れたので総集編をご覧ください チングルマ 手前黄色っぽいのがチングルマ 奥はワタスゲ ヒナザクラ ミツバオウレン ミネズオウ ワタスゲ 見頃に近づいています

続きを読む

花盛りの山歩き

庄内にある荒倉山 油戸と由良 二か所の登山口それぞれから1km程度?歩きました 新型コロナで暗く沈滞ムードの下界とは無縁で華やかな様子をご覧ください 油戸から 主にカタクリとキクザキイチゲ ハナワサビか 鳥海山 由良から ミチノクエンゴサク 登山道は山桜並木になっているので中旬にまた訪れます ナガハシスミレ ルリソウ ナガハシスミレが凄く多いのです オクチョウジザクラ 展望台で昼食 月山 スミレサイシン 何だか分からないけど可愛い クロモジ アケビ 山形も感染者が増えてしまい私のところにも次第に近づきつつあります 今日も外へ一歩も出ていない

続きを読む

ミモザ

今年は泊まらず日帰りとなりました ミモザも台風により数本倒れ少し寂しくなっていましたが華やかな姿を見せてくれました もう数少なくなった感染者が出ていない山形県 今時ですが私は走っています

続きを読む