新緑の弓張平

新緑散歩しました 左 湯殿山 右 姥ヶ岳 まだ咲き始めのオオカメノキ タムシバ 背後に月山 まだ咲くマンサク ムラサキヤシオ いろんな桜が咲いていた ハウチワカエデ 仁田山牧場 朝日連峰 折れているのに 満開 ネコヤナギの仲間か 恋の季節 ほとんど人がいなくて勿体ない

続きを読む

ランラン蘭

キンランは数日早かったのですがご覧ください キンラン ワラビとコラボ ギンラン 盛りを過ぎたシュンランも エビネ これからも天然の蘭シリーズは続きます

続きを読む

ヒメホテイラン

2年ぶりに会ってきました ミヤマカタバミとは色が違うなとは思っていました ヒョウノセンカタバミ ここはヒバ林の中です 葉っぱだけど訴えていたので マイヅルソウ ソメイヨシノは盛りを過ぎていました

続きを読む

ミズバショウ

山形県内飯豊町にあるミズバショウ群生地 水にヒタヒタ いつしか毎年訪れるようになりました

続きを読む

桜サイクリング

桜の花見の中では一番好きなサイクリングしながらの花見 JR高畠駅にあるレンタサイクルで借り 出発 鉄道跡がサイクリングロードになっているので 旧高畠駅 阿久津八幡神社 久しぶりにオオイヌノフグリを撮った 帰り着いた時 山形新幹線が到着しました

続きを読む

庄内アルプスを歩く

私にとって冬から続いた月山ビジターセンター主催のイベント参加は最後になります あとは勝手に行動したいもので 集合場所の由良海岸 バスに乗り油戸へ行き 登り始めました 花ワサビ キバナイカリソウ カタクリは終わってました ツリバナかな ハウチワカエデ 鳥海山 荒倉山山頂の シラネアオイ オオカメノキ シュンラン 月山 ニリンソウの群生地に寄りました 花びらの先端が薄っすら紅がさしています 展望台で昼食 ナニワズ ルリソウ 終わってしまったシロバナのカタクリ 参加者多いです 由良海岸まで下りてきました 民家の前でコンテナに水をかけています アンコウでした 白山島に渡る人 帰る人 私はすぐ帰りました 何しろ静岡から夜帰り 翌早朝5時出発してここに来て また山歩き 流石にくたびれ しばらく体がだるかった ここのイベント参加者や山で出会った中で見て下さっている方々がいらっしゃいます お世話になりました また来年の冬 お会いしましょう

続きを読む

天童公園の桜

今年は時間がなくてさっと寄っただけになりましたが 地元の名所である天童公園の様子をご覧ください 駐車場が満杯かつ渋滞でここならと向かったのは 西側の斜面にある駐車場  一台も停まっていない 月山も顔を出してくれました 今日18日の台風かと思わせる強風で終わったろうな

続きを読む

アブクマトラノオとニリンソウ

静岡の帰りに寄ってみました アブクマトラノオが見頃になっている推測で 背景のもやもやは... ニリンソウ ハナネコノメはこんな風 遅い別種のミモザが咲いていました

続きを読む

キバナハナネコノメを求めて

静岡まで行ってしまうと掟破りみたいですが山奥です トラック炎上で通行止めとかあり車中泊に選んだのが富士川SA 日の出前に起き外に出ると 富士山が見えました 月と富士市かな キバナへのアクセス道路も通行止めで登山道を汗だくで登りました それも長靴履いて 咲いてる! 嫌というほどご覧ください 今週後半ならもっと咲いているでしょう 長距離ドライブは楽しいな

続きを読む

荒倉山へと続く花園

前回更新した高館山とは通称”庄内アルプス”と言われる山の連なりとなります 知っている人には人気のコースなんですが道路からの案内は皆無なので ごった返すことはほとんどありません 写真が大量にあります 私の気持ちを表していると思って下さい 油戸からの登山口 主にスミレが迎えてくれます ほどなく現れます 新緑も爽やか 急斜面が花畑になっていてそこに登山道を切った感じで 道の両脇はもちろん上も下も咲き乱れています オクチョウジザクラ ルリソウ 埋もれる 隠れていても オオカメノキはもうすぐ 山頂分岐からヒトリシズカがないか少し下ったのですが見つからず 代わってシュンランが数株見つかりました 鳥海山 ナガハシスミレ 荒倉山山頂 見晴らしもなく花畑もありませんが  シラネアオイがあるので探したら 蕾ながらありました ミチノクエンゴサク 海も見えるので無理して入れたくなります キクザキイチゲは当たり年かな …

続きを読む

花の高館山

桜の前の高館山には一足先の花見に大勢の人が訪れます 雪割草 キクザキイチゲ オトメエンゴサク エンレイソウ イワウチワ ビロードツリアブは逃げません ショウジョウバカマ シュンラン オウレン オクチョウジザクラ マンサク ミヤマカタバミ 雪割草 いつもの周回ルートを歩きました 帰る頃には鳥海山が見えていました 天気もいいし花盛りで忙しい 虫みたいに

続きを読む

ハナネコノメ

小さな渓流には今年もというか大水で減ってしまった昨年から健気に復活した ハナネコノメが見られました ユリワサビ ニリンソウは白いな どの角度からも撮れるように胴長を履き川の中を歩きます

続きを読む

ミモザ爛漫

前記事と1日でえらく違う内容になりました 毎年のルーティーン いわきのペンション 私の記事を見て訪れるカメラマンがいるとかいないとか 東北ではほとんど咲いていませんからね たわわなミモザをご覧ください 晴れの日しか訪れないのです 春までにはマクロレンズを手に入れる必要がありました 温室にタイルが貼られました ステイ ホーム か 私はステイなしで野山に出かけます 春の花は桜だけでなく10日以上早いのかもしれない

続きを読む

今年最後?のスノーシュートレッキング

3月20日 月山ビジターセンター主催です 今シーズン初めてバスでの移動 月山高原牧場 ちょっと拡大 この下は道です 振り返れば月山 熊の爪痕がミズキにクッキリ 雪解けが進んできたのでルートを探しながら歩きました ハンノキ コロナ対策なのか餅はなくなりました もう春の花を求める旅は始まっているので個人的にはスノーシュートレッキングは最後かと思っています

続きを読む

ISS通過

3月19日撮影しました 前日にも細い月のそばを通過する姿をスーパーの帰りに見ていたのですが どこを通過するかわからないので構図に困ります 北斗七星の柄杓付近 地球の影か黄砂の霞か 消えて行きました 前回も月が出ていて露出をかけられなかった 次回は満点の星空に撮りたいもの 山形は感染記録を更新しています 隣の宮城県との往来自粛の要請は出ていますが また県をまたぐ移動自粛の要請や雰囲気にならないことを祈るばかり 私は通常の行動をするつもりでいるのです

続きを読む

地蔵沼周辺をスノーシューで

花をアップしたので止めようかとも思いましたが折角なので 連続して編集しました 弓張平より先にあり100mくらいは標高高いのかな 一般車を通行止めにして除雪していました 適当なところから上り始めました これが 地蔵沼 一部 雪解け水が流れ込み水面が出ていました キャンプ場の建物 中々です ちょっと先に上りました ブナの千手観音か やっぱり 凄い 今月いっぱいで上の姥沢駐車場まで開通を目指すのでしょう

続きを読む

角田山

新潟市にある花の山を登ってきました お目当ては... 雪割草 尾根ですから樹間から風景が見られます ショウジョウバカマの咲き始め キクバオウレン マンサク 12時は過ぎていましたが山頂広場を通過し観音堂へ 少し雲があり飯豊連峰の雪山が隠れていました 大休止後 灯台コースで帰ります 咲き始めのカタクリとキクザキイチゲ 視界が開けると青い海と佐渡島 ところどころに雪割草が咲いています ヤブツバキか 灯台のある風景 痩せ尾根に強風で怖かった

続きを読む

弓張平でスノーシュー

前々回と月山を挟み反対側の西川町弓張平を歩きました こっちの方が自宅から近いのですが なだらかで散歩には丁度いい 道路から4mくらいあるのか 毛細血管のような影が好きなんです 手前はグラウンド   湯殿山 山は左から湯殿山 姥ヶ岳 月山 トイレは雪の下 回廊なので その辺から上ることはできない 落ちたら出られない 仁田山牧場 月山 タムシバ ハンノキ 楽しく歩かせていただきました

続きを読む

野々村溜池2

前回は鳥海山が雲の中だったので晴れ渡った日に寄りました 餌をやっていると時々もめます 飛び立ちました 着水態勢

続きを読む

スノーシュートレッキング

蔵王は一人でそれ以外では月山ビジターセンター主催のスノーシュートレッキング参加するだけなのですが 余りに天気がよくて月山ビジターセンター付近を一人で気ままに歩いてみようと思いました 今回はデジイチで撮りました 日が長くなり光が強くなると影が濃くなりそのコントラストが魅力的なんです ウサギに皮を食べられた 動物の足跡も楽しみ 月山もクッキリ ずっと向こうまで 月山 あっても動物の足跡だけ 振り向けば鳥海山 ビジターセンターに寄った際ボランティアスタッフのWさんからホカホカ焼き芋を頂きました 暑かったのでペットのお茶を雪で冷やしています 葉っぱがないので林の中は明るいのです 野ウサギが発情期の証拠 月山に 鳥海山 起伏と影と動物の足跡 これが一番の目的 庄内平野 もう雪がありませんね 月山高原牧場 夏は木陰に牛たちが集まります 帰りは順光になります 今年も登りたいな 往きはクネクネ 帰りはショートカット 気分も写真のイメージと同じ やっぱり自由はいいな…

続きを読む