岡山後楽園

山形を7時前に出発し車中泊なんですが一応目標は何処ということはなく大体800km走行し 翌日 広島到着の予定でした 最終的には870km走り山陽道 岡山県のPAで泊まることになりました 時間に余裕ができたので後楽園を訪れることにしました 岡山藩主池田綱政が命じ造成された大名庭園です 岡山城が見える 築山である唯心山からの景色 ポーズとっている赤の他人を撮るのが好き 斬新な 八橋 舟遊びしたのかな 城からの船着き場 蘇鉄畑 岡山城 昼が近くなるにつけ観光客が増え早く来て良かった 次は倉敷はスルーし広島のホテルへ向かいました

続きを読む

温身平

旅行から帰り疲れが取れない翌日やってきた温身平(ぬくみだいら) 天狗橋からの玉川 駐車場はほぼ満杯 イワウチワの色違い 落ち葉一枚では淋しいので途中産直で買った柿を 温身ノ池 ヤマブドウ ブナの大木が道を塞いでいました 引き返しました 枯れ木にキノコはともかく 松が 飯豊山荘は翌日から冬季休業との情報で昼食持参せず訪れたのに 予約オンリーということでした⤵

続きを読む

上高地秋

先月の26日から11月2日まで車で旅行していました 本来は順序だててアップするのですが 季節感が強いものを先にアップします 旅行最終日に寄りました 大正池から 穂高連峰 焼岳 朝靄が出ていました 焼岳 非常に寒かったのです 白く輝く 田代湿原 お目当てはこのカラマツ 河童橋 山形では大不作の マユミがたわわに 3連休初日なので当然 激混み それでも美しい 今の紅葉を入れながら旅行記をアップしようと思います

続きを読む

月山黄葉

県立自然博物園も染まっていました ブナ林なので黄葉が主体となります 周海沼 畔になる野鳥観察小屋付近はベストでした 湯殿山 誰とも会わなかった もったいない

続きを読む

乳頭温泉郷 黒湯の秋

乳頭温泉も紅葉の中にありました 初めて訪れた黒湯 平日なのに駐車場は満杯 激混みです 入口 風呂は二か所それぞれ内湯と露天風呂があります 黒湯HP もう一回り大きいといいな 先に歩くと川が流れています 孫六温泉  以前 登山後に入ったことがあります 道路沿いもブナ林が綺麗でした

続きを読む

蔵王中央高原の紅葉

毎年欠かさず歩いています 台風の後なので葉っぱに痛みがあるようでした 目玉沼 うつぼ沼 五郎岳 ゲレンデから五郎岳 ドッコ沼 ツリバナ 片貝沼は大雨で水没林が出来ていました 三宝荒神山

続きを読む

八幡平焼山

台風が来る前にと思い八幡平に向かいました 大沼 水面が鏡になっていました 主目的 焼山を周回します 後生掛温泉に登山口があります 紅葉には早かったですがところどころ色づいていました しばらく眺望がききませんがやっと 国見台 毛せん峠から 居合わせたグループの人に早池峰ですかと問うと 鳥海山と教えてくれました 鳥海山の左には薄っすら月山も見えました 避難小屋 避難小屋から戻るルートがあるのですが焼山山頂を目指しました 鬼城付近 荒々しくなります 噴気が出てる 奥 左が畚岳(もっこだけ)  右が岩手山 山頂 笹で眺望がない  名前からして山頂は草木がないものと想像していました 山頂付近で同年代で後生掛温泉に湯治しているという男性としばし話しました 教えて貰った森吉山  名前は知っていてもここからの特定ができない 周回ルートに入るとすぐ 高所恐怖症の私はこんな細いところを歩くのは凄く苦手なんです 左右の下を見ないようにしてソロリソロリ シラタマノキの群生 …

続きを読む

八甲田周回

この度の台風19号で被害に遭われた方々にはお見舞い申し上げます 私が突然生活の基盤を失ったらどうなるものか 車を失うだけでも真っ暗なはず 台風のことはまだ頭にない時に青森県八甲田山を歩いてきました 酸ヶ湯公共駐車場で車中泊し 深夜は間断なく雨降り  午後から晴れる予報でしたが早朝でも青空が見えてきていたのでスタートしました 結果的には1時間以上遅らせれば良かったかと反省しています ガスっているなか濡れた紅葉が鮮やかでした 山火事の跡か オオカメノキは中々こんなに赤くはならないのです ガスが取れませんね もうこの辺から体調がおかしくなっていました ここでしばし休憩 どこがというより具合が悪い 辛いのでしゃがんで水滴撮ったり チングルマの紅葉撮ったり 普通は疲れたら立ちながら呼吸を落ち着かせたりするくらいでいいのですが 立っていられない 軽い立ち眩みのような症状がずっと続いている感じ 何回も何回も休み大勢に抜かれながらやっと 八甲田大岳山頂  見通しなし 座るどころか横になりたかった 下りは息が上がらないので頻繁に休む必要はありませんでした しばらく下り 上毛無岱 霧雨です この景色が秋の代表的な八甲田の景色です …

続きを読む

浄土平周辺

福島の浄土平へ行ってきました 奥の一切経山の火山活動が活発になっているので一部登山道が通行止めになっていました ススキがびっしり 鎌沼へ向かいました シラタマノキ 途中 一切経山や 蓬莱山 振り返ると 吾妻小富士が見られます 鎌沼が見えてきました 手前の赤黒いのはチングルマ ここで昼食 下の方の紅葉はまだ早かったのですが鎌沼周辺は見頃でした 向こう岸 五色沼へ通じるこの先はバリケードが出来ていました 火山性ガスの匂いがあり長居出来ない感じ 一切経山の噴気はずっと”ゴー”っと聞こえていました 下りてきて時間もあるし久しぶりに吾妻小富士に登ろうかと 何十年ぶりです 広角でも入りきらないすり鉢の火口 反時計回りに歩きました 反対側 東側では福島市街を見下ろすことができます 最後は長い下り 普通の靴を履いてきた人は転んだりして怖い思いをしていました 私はスイスイ …

続きを読む

月山紅葉

月山も見頃になっていました 駐車場から 期待できそう リフト上駅から 上駅を見下ろす 姥ヶ岳途中の湿原 山頂へ続く尾根の道 姥ヶ岳山頂から 湯殿山 山頂を目指します 上を見たり 後を振り返ったり 鮮やかな紅葉の向こうに墨絵のような山並み 山頂付近の芭蕉の碑と 月山神社 ハクサンイチゲがまだ咲いていました 昼食を摂ったあと 反対側の八合目方向へ少し下りて行きました 「行者返し」で引き返しました リフトで帰るのですが登山口の方向へ少し歩いて行きました 秋になっても暑い日が多い今年ですが紅葉は中々いいな

続きを読む

三ツ石山

本州で一番早い紅葉といわれる三ツ石山に行ってきました 岩手山の西に位置します 前の晩に最寄りの道の駅に車中泊し網張温泉の先に6時前駐車しました 9月27日の様子です 2kmほど舗装道路を歩きます ようやく登山口 毎週登っているという写真のオジサンにいろいろ教えて貰うことになりました 三ツ石山荘 駐車場から一時間半ほどで山頂 南には手前 乳頭山  奥には秋田駒ケ岳が見えました まだ7時台なので岩手山が逆光になります 時間に余裕があるので矢印の小畚山(こもっこやま)へ行ってみることにしました 三ツ池 小畚山 山頂 先にも登山道が続いています ここで早い昼食 三ツ石山へ引き返しました 尾根の北側は黄色が多いようです 奥が三ツ石山 三ツ池 植生の違いが明瞭ですね もう逆光でなくなっていました さよなら三ツ石山 早いだけでなく第一級の紅葉でした …

続きを読む

国見温泉 石塚旅館

藤七温泉からの帰り同じ岩手県の国見温泉に寄りました この温泉も名前だけは以前から知っていました 毎年のように登る秋田駒ケ岳の岩手側登山口があります 600円支払い小浴場へ 期待していなかった膜がある! 宿泊して早朝まだ誰も入っていない時に見られるものだと思っていました 恐る恐る触ってみました 膜は堅く手ですぐ壊れ沈んでいきました 緑ですねぇ 緑色の温泉で有名なんです 手を入れた瞬間 熱くて入れないのは分かり それでも足ぐらいなんとかと入れようとしましたが おそらく45℃とか熱くて断念 露天風呂へ向かうことにしました ビックリの色です これが源泉かけ流し天然温泉なんです 油臭があるとの情報は入っていたものの なにせ藤七温泉の匂いが体に染みついていてまったく気になりませんでした 肌はすべすべ 運よく誰も入って来ず一番綺麗なところを見られたようです

続きを読む

藤七温泉 彩雲荘

初めて秘湯巡りしてきました 巡りといっても2か所だけなんですが個性的な温泉をご覧ください 以前から知ってはいたのです 特に温泉が趣味でもないので秋田側の温泉に立ち寄りしていました 八幡平の岩手側にあり標高が一番高いところにあります うっかり彩雲荘正面の写真を撮り忘れました 写真右奥が岩手山 木造の廊下が老化して傾いています 鴬張りのように人が通るたびドンドンギシギシうるさいのですがそれを味と思えない人はNGでしょうね   さっそく有名な露天風呂へ 内湯から外へ出ます 下からブクブク 天然のジャグジー 雨が本降りになってきたので上がりしばし夕食を待ちます 夕食はバイキング 食べ終わりすぐにまた露天風呂へ向かいました 撮影するには客がいないか少ない時でないとね 入っている時だけ月や星 夏の大三角とか見え 体を浮かせ眺めていました  この後 強風が夜通し吹きちょっと怖かった 翌朝も朝食後すぐ 別な露天風呂 期待した晴れ 解放感がないのでやはり露天風呂群へ 何十メートルかすっぽんぽんで歩くことになるのですが 沈殿してる泥 毛穴に入りなかなか匂いが抜けないのです 次回がまたビックリ

続きを読む

西吾妻山

9月8日なのですがこの日は猛暑日の予報でどこか避暑に行かねばと 思案して まだ登ったことがない西吾妻山へ行こうと向かいました ロープウェイが故障中でワゴン車に乗り天元台スキー場のリフトへ ゲレンデやリフトの下はたいてい花が咲いています 米沢盆地の眺望がいいです 月山が見えました 雲海から蔵王が 飯豊連峰 イワオトギリ エゾオヤマリンドウ 吾妻連峰で草木が生えない活火山といえば一切経山かな ウメバチソウ うるさい声が聞こえるから近いのかと思っていた 梵天岩 コケモモか 梵天岩で昼食 ここで帰っても良かったのですが先に進むことにしました 天狗岩 せっかくなので西吾妻山へ登りました この辺りはなだらかな山体なのであちこちに湿原があります タケシマラン 知ってはいたのです 山頂は眺望がきかないと それに加え道の途中にあるって感じでまったく感激がありません すぐさま引き返しました リフトは渋滞 どうせ汗をかくなら…

続きを読む

秋田内陸線の旅

毎年一回乗っています 駅舎   JR角館駅の端にひっそりと 二両編成でこちら側一両は貸し切り 何かのイベントのようです 毎年 田んぼアートが見られるのです 令和と富士山 鉄道専用田んぼアートです 紙風船 竿燈まつり アテンダントはアナウンスも売り子も兼務 田んぼアートも車内も秋田犬 休日はほとんど観光客のようです なまはげ 阿仁前田駅で降りました 折り返すのですが駅舎には温泉と食堂があるので まず 食事を済ませ  待ち時間があるので大広間で  ホームに出ました 可愛いな 日帰りなのにのんびりした気分でした 最近 スマホだけの記事が多くなりつつあります

続きを読む

ヒマワリとソバの花

福島県喜多方市のスキー場に咲くヒマワリ 花粉まみれ 次は県内 大蔵村のそば畑 初秋の装い 帰りの山道 子供の弱った何か タヌキか   ほどなくトボトボと藪に入って行きました

続きを読む

苔の森と白樺林

野辺山の後は一泊し帰途についたのですが寄り道をしました 八ヶ岳の中腹なのか白駒の池への道を歩きました 私のお目当ては 苔 樹海の下は苔に覆われています 朝日に映えます キノコがアクセサリーのよう 折り返しの白駒の池 樹海にぽっかり空いた空間 支柱にも こんなところは他にあるのか 次に寄ったのは少し下った場所 日本一の白樺林とか 風にそよぎ爽やかでした

続きを読む

国立天文台野辺山特別公開

年に一回 野辺山宇宙電波観測所で特別公開があります 今年は8月24日(土)でした 前日午後 山形を出発し上信越道のSAで車中泊 9:30開門のところを駐車場に8時過ぎ到着 数台停まっていました 八ヶ岳が綺麗 並んで待ってます スタッフが連絡やら注意やら説明とか話してくれます このTシャツが欲しい 特別講演会整理券ゲット 24番目なので前の席でした 杖をついたり写真の様に手押し車で訪れている老人もいて知的好奇心って衰えないのかと心強く思いました 昼食は白樺の陰になることろで食べました ここにはハクサンフウロの群生があります メインの45m電波望遠鏡へ パラボラにタッチ 三菱電機謹製 すばる望遠鏡も関係している デモンストレーションもあります 向こうはそば畑だな 今回は特別公演会1 ミニ講演会2 受講して研究者に質問もでき良かった パラボラのある星景撮りたい

続きを読む

鳥海山初秋

爽やかな空気と景色を求め鳥海山を歩いてきました 気の早いナナカマド ネジバナ 山頂が霞んでいます アカモノ ゴゼンタチバナ タチギボウシ イワオトギリ まだありましたニッコウキスゲ 赤い帽子のシロバナトウウチソウ イワイチョウ 少し色づいていました イワショウブ 出た! 山頂 エゾオヤマリンドウ ハクサンフウロ 鳥海湖が小さくなっていました 終わりかけのハクサンシャジン 一輪だけ見つけたハクサンイチゲ 御浜から ヤマハハコ越しの鳥海湖 山頂と下山する登山者 稲倉岳 登山口に近づいた時 前を歩く人が振り返り まだ見えてる と言いました 今年最後になるかな

続きを読む