西伊豆 大瀬崎

今回で3年連続で訪れています 風光明媚で暖かいところがお気に入りです 3泊したのでここを基地としてあちこち出かけましたが今回は大瀬崎の景色をご覧ください 海に突き出す細長い大瀬崎と富士山がなんとも美しい 南アルプスがちょっとだけ ここに泊まりました 夕暮れの富士 朝 また夕方 そういえば日中は出かけていました トンビが輪を描いて 夜 ダイビングの明かりと沼津の夜景 最後の朝 3回目で3泊ではありますが朝から晩までほとんどのんびりしていませんでした 次回は登山

続きを読む

西伊豆 戸田

宿泊はしたことないのですが伊豆旅行ではよくここを通ることになります 砂州に抱かれたオアシスのように見えてしまいます 林の向こうに富士山が顔を出していました 砂浜を先端の方に歩きました 正月なので特に船が多いのだそうです 戸田を北上すると井田を見下す展望台があります 後日 快晴の朝 この後 3年連続で大瀬崎に向かいました

続きを読む

弓ヶ浜と石廊崎

2日 山中湖から向かったのは南伊豆弓ヶ浜でした 南国かって感じ 外海に面しているせいかサーフィンもできます 夕暮れまで腰をおろし まったりとしていました 翌朝 3日 石廊崎へ向かいました 上り切ったところに大駐車場とレストハウスがあったので少々残念でしたが体に良いことした ということで納得 石廊崎灯台 神社へは下りになります 当日は強風で海が時化ていました  それでも釣り人はいる 先端 高所恐怖症の私は嫌~な気持ち 石室(いろう)神社 ここで初詣 先端には熊野神社  古くないので時々壊れるのかな 向こうに石室神社 参道には花も咲いていました イソギク トベラ ツワブキ? 芙蓉の一種? 前日 道の駅の脇にある堤防を散策したら桜が開花していました 通りかかったおばさんに”河津桜ですか”と問うたところ ”そうです 石廊崎の方では菜の花畑にヒマワリまで咲いていて驚いています”と それが これ   ニュースにもなったようです これからいつ…

続きを読む

石割山と平尾山

元日登山しました 富士山に向かって山中湖の背後にある山の石割山を目指しました 駐車場から橋を渡ります すぐ直登の石段  途中にある石割神社 綺麗に割れています 石割神社を過ぎると木の根につかまり上る急登になります やっと石割山 山頂 富士山は全然見えず 霜柱で覆われていました 待ちましたがダメで少しずつ晴れて来ているような気がしたので コースにある平尾山に進むことにしました 富士山はまだ隠れていたものの晴れ始めていたので待つことに 南アルプス方向は青空 なんとか顔を出してくれました ジグザグの登山道が見えます 体調不良でしんどいながら動くことはなんとかなったのですが 帰ってから民宿で横になっていました 結局体調が戻ったのは帰ってきて2、3日経ってからなんです

続きを読む

富士山のある風景

大晦日と明けて2日朝まで富士五湖周辺にいました その昼と夜の風景をご覧ください 先ずは本栖湖 湖畔がキャンプ場になっていて夜ならテントが光綺麗だろうなと想像していました 山中湖泊まりなので無理なんです 精進湖 子抱き富士 手前が大室山 近いうち別の大室山も登場します 山中湖 夜の富士 金星と細い月が出ていました 月が富士山に隠れていきます 山中湖パノラマ台から 釣り船かな 次回は山中湖背後にある山を歩きました

続きを読む

令和二年

明けましておめでとうございます 本年もよろしくお願いします 毎年のこととなっていますが大晦日から旅行しております 訪れる場所もほぼ定着しつつあり納得はいきませんが正月だし冬なのでそう自由は利きません 体調イマイチのまま出かけたので初日の出はやめて日の入りのダイヤモンド富士をご覧下さい 元旦 日の出前 山中湖からの富士 日が当たってきます

続きを読む

蔵王散策とツルウメモドキ

少し前になるのですがスノーシューを借りて蔵王を歩いてきました 今現在でもあまり変わらないと思います 蔵王ライザスキー場 この時はまだ オープンしたか不明 エコーラインを歩きました ツルウメモドキ 里からの風景 朝日連峰 月山 29日現在でも風景はほぼ同じ積雪ゼロとなっています 写真はありますが本年はこれにて終了とします 年末になり寒空でゴルフやってから体調不良が続いていて 回復基調ですが なんとか元気な新年にしたいと願っています 今年もありがとうございました

続きを読む

しまなみ海道とウォーキング

サイクリングを終え 宿泊地は伯方島でした 下調べをあまりしないで出かけたので夜はパソコンに向かい翌日の予定を考えました まず大島にある亀老山展望台へ 駐車場から大きな客船が見えたので展望台の前に慌てて撮りました 後で日本丸と教えてもらいました 来島海峡大橋 しまなみ海道随一の景観だそうです 対岸は四国 今治市街 潮の流れが速そう 大島 この来島海峡大橋を歩くことにしました 真ん中の山が亀老山 私の様に歩いている人や 走る人 もちろんサイクリングも ほとんどですが 船底を運んでいるのか 伯方島に帰り展望台へ あの東屋がいい 開山公園 多々羅大橋 船がカーブしてくると撮りたくなる 伯方島 民宿近くから四国山地が霞んでそびえていました 翌日は香川瀬戸中央自動車道を経由して長野県へ向かいました 旅の記事は今回で終了となります 走行距離は2870km 私の最長です 高速で対向車が大破する瞬間も見たし夜の複雑な分岐 広島をはじめ主要都市の進路変更  緊張するところが多かったので回避…

続きを読む

瀬戸内サイクリング

今治から船で向かいました 郵便物を積むので自転車は載せられない便です 現地でレンタサイクル借りる予定なんです のんびり進むのかと思っていたら速い速い 愛媛県上島町 弓削島 到着 せとうち交流館で自転車を借り地図も貰い出発 あちこちで咲いていました 島猫発見 天然なのかザクロ クサギ 弓削島と生名島を結ぶ弓削大橋の下を通り 教えて貰った展望スポットの久司山展望台へ イノシシが掘り返した道を恐る恐る上りました これが絶景でした 弓削(ゆげ)島 隣の佐島へ 弓削大橋 佐島と生名(いきな)島を結ぶ生名橋 ルートで唯一?のコンビニに寄り因島を眺めながら一服 自衛艦建造中 生名島にある立石山展望台へ イタチかな 生名島と岩城島を結ぶ橋は何年後できるのか 弓削港を後にします

続きを読む

閉園間際の野草園

山形市野草園は11月いっぱいで閉園しました その直前 木の実を中心に撮ってきましたのでご覧ください ツルウメモドキ ガマズミ 雪対策として縄でまとめています 池は氷っていました カンボク アオハダ ムラサキシキブ シロモジ  山では圧倒的にクロモジが多いのです イイギリ 猫は撮ってしまう ここでは熊出没で何回か閉園しました サラサドウダン 雪対策も芸術的 ウメモドキ ツルウメモドキと違い殻がないのか サンシュユ マルバマンサク   来年開園した時に咲いていることでしょう 名残バラ トチの木 林 ウバユリ ウラジロノキ クマノミズキ 向こうは蔵王の龍山 ナツハゼ ヒオウギ おっと カワラナデシコが咲いていました 山形の記事 次回は雪がある予定

続きを読む

下灘駅

尾道からしまなみ海道を走り愛媛へ 松山を通り予讃線の無人駅である下灘駅 駅舎から ホーム 私が駅舎側のベンチに座りLINEで友人たちに送ろうと下を向いている時 ”すみません 撮ってもらえますか?” 顔を上げたら うら若き女性達 老若男女 頼まれることはよくあっていつもこころよく撮っていますが いつになく嬉しくて 私の方から場所を選んだり数枚撮ることになりました 最後に”俺にも撮らせて” 自撮りすればよかったかな 手前の道の駅から 結局 松山城や道後温泉に寄らず今治へ戻ることになりました

続きを読む

釜磯海水浴場

山形も大雪のようなニュースになっていますがその差は大きく 私のところは積雪ゼロとなっています 鳥海山 今はもう真っ白になっているはず 白鳥 県内各地に渡ってきます 海が荒れると湧水で削れていた砂浜がリセットというか滑らかになっていました すごく荒れていました

続きを読む

尾道水道

尾道に宿泊先がありました 宿へ行く前 千光寺公園へ しまなみ海道の尾道大橋 連絡船がひっきりなしに対岸の向島と往復しています 何の船かな 日が暮れるのを待っていました 夜景を撮り終わり宿へ向かいました 背中の入れ墨を見ることになるとは夢にも思わず 翌日しまなみ海道を渡りました

続きを読む

鴫の谷地沼と地蔵沼

少し時間が経ったのですが蔵王の鴫の谷地沼と月山の地蔵沼 初冬の様子をご覧ください 鴫の谷地沼 地蔵沼 姥ヶ岳 今週は冬型になりそうなので白い世界になることでしょう

続きを読む

錦帯橋

宮島への連絡船乗り場付近だったか”錦帯橋は近くにある”みたいな看板があったのです カーナビで見たらわりと近くなので行ってみることにしました 河川敷が広大な駐車場になっていました 全然調べずに訪れたのですが 岩国城が見えたので錦帯橋とのいい構図がないかと探しました 向こう城下町と城を結ぶ錦川に架かる橋 岩国城 時間がないので上りませんでした 川の水が綺麗 構造が気になったものの分からない この後引き返し尾道に高速で向かったのです

続きを読む

奥奥八九郎温泉と八九郎温泉

タイトル間違いではありません 本名です 二湯ともマニアには有名 順番通り秋田県小坂町の山奥にある奥奥八九郎温泉から先に向かいました 林道に入ると特に標識はありませんが基本道なりで左右迷ったら左折すればいいだけです ダートな道ながらスポーツカーでもなければ大丈夫 林道のカーブを曲がるとほどなく右手に茶色い台地が現れます ロープが張られていてこんな看板があります 自己責任にてどうぞ ということで 野湯で 着替え場所とか何もありません 幸か不幸か誰もいませんでした 当日は浴槽?が2か所  もちろん源泉は右 放流か所 ここを布と石をつかい堰き止めれば他の穴へも流れるシステムのようです 炭酸ガスが入っているので湯量以上に盛り上がっています 源泉が熱いとの情報でしたが11月では私好みの40℃くらいの適温でした 夏の暑い時に他の穴へ誘導し冷ましているのかもしれません 誰もいないので動画は撮り放題 でも熊出没の本場?でたった一人素っ裸 落ち着かないし寂しいし長湯の気分ではなかったです  マニアじゃないんだな 次に引き返すかたちで民家の近くにある八九郎温泉へ ビニールハウスの温泉です 地域の方々が管理していて外の人は寸志を箱に入れ 入らせていだだきます ちゃんと男湯と女湯があります コンテナ…

続きを読む

厳島神社と弥山

広島初訪問となれば外す訳にはいきません 車を使った個人旅行なので不安や面倒もあったのですが連絡船までたどり着けました 乗り込みます ずっと探していました 神社がどこにあるか その印しての鳥居を えぇっ! 足場に覆われているじゃん! 雰囲気のある桟橋 モデル鹿 満潮かな 海に建っているというだけでなく開放的なんですね 神社関係者と思われる人に問いました  鳥居の工事はいつ終わるのですか? 何年かかるかわかりません  何年って鳥居一つに?と素直に思いました ここも修学旅行でごった返していました 途中 もみじ饅頭を食べながらロープウェイ駅まで歩きました 弥山山頂 下って上り返しが見た通り想像できるので  登ろうかどうしようかちょっと迷いましたが タモリも登ったことだし行くか! 山頂には展望台があります 黄砂の日だったのです 修学旅行の子供たちはいませんでした …

続きを読む

紅葉と水郡線

おそらく東北最後に近い紅葉風景だと思います 福島県南部 矢祭町矢祭山公園のモミジと水戸と郡山を結ぶ水郡線のコラボです 初めて訪れたので駐車場や撮影スポットとか分からずウロウロしました なんとなく国道118号線と久慈川の反対側に歩いていきました 一応この構図で列車が来るのを待ちました 来ました! もう一回チャレンジしました 橋を渡り国道側の遊歩道に 着いたのが午後2時を過ぎていて撮る側の順番を間違えていました

続きを読む

平和記念公園

広島中心部にあるホテルに荷物を預かってもらい徒歩で向かいました どういう見え方するか分からなかったので... あっあれだ! 真っすぐ原爆ドームへ 壁を内側から支えています 橋を渡りました 修学旅行が多く 班に分かれガイドが説明しているようです 川の畔から 多くの人々が飛び込んだのかなぁ 広島平和記念資料館へ

続きを読む

運動公園彩る

地元の名所である山形県立総合運動公園の紅葉の様子をご覧ください ハナミズキ ソメイヨシノ ホウノキ イチョウ並木 イチョウ並木の隣はモミジ並木 ドウダン

続きを読む