山形の夜景~千歳山~

富神山から夜景撮っていますが今回はより山形市街に近い千歳山にしました


まず明るいうち山頂展望台を目指します

往復暗いのはどうもねぇ 



宝石のよう としか表現できない

画像








夕方の景色

画像








待ち時間があったので

不吉な前触れじゃなければいいけど

画像







展望台からのパノラマ

想像以上の夜景でした                                 クリックで拡大します

画像







画像







上空の雲も照らされていますよ

画像







展望台を降り帰途につきます

画像







その帰り道もずっと宝石が視界から離れないのです

画像







松を入れてみました

画像






星にも松を

画像







画像







一番見通しがいい善光寺岩から

画像







夜は  道路が輝きだします                                  クリックで拡大します

画像



千歳山からの夜景は枝に雪も葉もない今がお薦めですよ










ブログ気持玉

クリックして気持ちを伝えよう!

ログインしてクリックすれば、自分のブログへのリンクが付きます。

→ログインへ

なるほど(納得、参考になった、ヘー)
驚いた
面白い
ナイス
ガッツ(がんばれ!)
かわいい

気持玉数 : 7

驚いた
ナイス ナイス ナイス ナイス ナイス ナイス

この記事へのコメント

simatoki
2011年03月08日 22:07
tamiさん こんばんは♪
冬の澄みきった空気の中で、ひと際、町の灯が輝いてきれいですね。
オートのデジカメでは、こんな風には夜景は撮れません。
行きは足元が明るいうちですが、帰りは暗い夜道。
転んだりしないのでしょうか。ちょっと心配。

せっかくブログにコメントをいただいたのに、お返事がおそくなり申し訳ありませんでした。
2011年03月09日 08:51
うわ~ほんと宝石のようですね
素敵です!!
でもこれだけの夜景ですからなにげに都会なのですね。
両親の田舎に行くと光が何もなくなるもので(笑)
tami
2011年03月09日 09:24
simatokiさん、おはようございます。
有難うございます。
今回はソフトフィルター使ったし露出も変えながらマニュアルで撮ったので
難しいでしょうね。
足元の不安はヘッドランプ、カメラバッグ、三脚は体にかけ両手をフリーにしストックで安定させ雪があるのでスパイク付長靴で滑りを防止して安全に下りましたよ。
tami
2011年03月09日 09:30
しげっちさん、おはようございます。
有難うございます。
大都市と決定的に違うのは明かりに立体感がないことですね。
高層ビルが少ないですから。
田舎のぽつんとした灯りの上に満天の星空なんてイメージが湧いてきましたよ。
2011年03月09日 23:47
夜景といい、夕空といい、夜空といい、どれも魅力的ですね。
いつもながら素敵なカットです。撮影するのも難しそう、、。
それにしても、山から見下ろす夜景の広がりは本当にうっとりします。
実際に見ると更に輝いているんではないですか?
tami
2011年03月10日 00:42
ミクミティさん、こんばんは。
有難うございます。
今まではレンズのブレに泣かされていましたから構図と露出だけ考えればよいので集中できてルンルンです。
友人にこの夜景の美しさを力説しましたが通じてません。勿体ない。
2011年03月11日 00:14
きれいな夜景ですね。これは、、、いい写真ですね!宝石箱っていい表現ですね。
確かにずーっと眺めていたい気持ちになりますね。

tamiさんの写真を見ていると夜景撮影いきたくなりますよ(^_^)
tami
2011年03月11日 00:52
たかじいさん、こんばんは。
有難うございます。
宝石か10万ドルの夜景とか考えました。
こんな夜景を観ると少々の心細さなんて関係ありません。美しさが勝ちます。
京都なんて夜景スポットがいっぱいあるんじゃないですか。

この記事へのトラックバック