三ツ石山

本州で一番早い紅葉といわれる三ツ石山に行ってきました 岩手山の西に位置します 前の晩に最寄りの道の駅に車中泊し網張温泉の先に6時前駐車しました 9月27日の様子です 2kmほど舗装道路を歩きます ようやく登山口 毎週登っているという写真のオジサンにいろいろ教えて貰うことになりました 三ツ石山荘 駐車場から一時間半ほどで山頂 南には手前 乳頭山  奥には秋田駒ケ岳が見えました まだ7時台なので岩手山が逆光になります 時間に余裕があるので矢印の小畚山(こもっこやま)へ行ってみることにしました 三ツ池 小畚山 山頂 先にも登山道が続いています ここで早い昼食 三ツ石山へ引き返しました 尾根の北側は黄色が多いようです 奥が三ツ石山 三ツ池 植生の違いが明瞭ですね もう逆光でなくなっていました さよなら三ツ石山 早いだけでなく第一級の紅葉でした …

続きを読む

国見温泉 石塚旅館

藤七温泉からの帰り同じ岩手県の国見温泉に寄りました この温泉も名前だけは以前から知っていました 毎年のように登る秋田駒ケ岳の岩手側登山口があります 600円支払い小浴場へ 期待していなかった膜がある! 宿泊して早朝まだ誰も入っていない時に見られるものだと思っていました 恐る恐る触ってみました 膜は堅く手ですぐ壊れ沈んでいきました 緑ですねぇ 緑色の温泉で有名なんです 手を入れた瞬間 熱くて入れないのは分かり それでも足ぐらいなんとかと入れようとしましたが おそらく45℃とか熱くて断念 露天風呂へ向かうことにしました ビックリの色です これが源泉かけ流し天然温泉なんです 油臭があるとの情報は入っていたものの なにせ藤七温泉の匂いが体に染みついていてまったく気になりませんでした 肌はすべすべ 運よく誰も入って来ず一番綺麗なところを見られたようです

続きを読む

藤七温泉 彩雲荘

初めて秘湯巡りしてきました 巡りといっても2か所だけなんですが個性的な温泉をご覧ください 以前から知ってはいたのです 特に温泉が趣味でもないので秋田側の温泉に立ち寄りしていました 八幡平の岩手側にあり標高が一番高いところにあります うっかり彩雲荘正面の写真を撮り忘れました 写真右奥が岩手山 木造の廊下が老化して傾いています 鴬張りのように人が通るたびドンドンギシギシうるさいのですがそれを味と思えない人はNGでしょうね   さっそく有名な露天風呂へ 内湯から外へ出ます 下からブクブク 天然のジャグジー 雨が本降りになってきたので上がりしばし夕食を待ちます 夕食はバイキング 食べ終わりすぐにまた露天風呂へ向かいました 撮影するには客がいないか少ない時でないとね 入っている時だけ月や星 夏の大三角とか見え 体を浮かせ眺めていました  この後 強風が夜通し吹きちょっと怖かった 翌朝も朝食後すぐ 別な露天風呂 期待した晴れ 解放感がないのでやはり露天風呂群へ 何十メートルかすっぽんぽんで歩くことになるのですが 沈殿してる泥 毛穴に入りなかなか匂いが抜けないのです 次回がまたビックリ

続きを読む

西吾妻山

9月8日なのですがこの日は猛暑日の予報でどこか避暑に行かねばと 思案して まだ登ったことがない西吾妻山へ行こうと向かいました ロープウェイが故障中でワゴン車に乗り天元台スキー場のリフトへ ゲレンデやリフトの下はたいてい花が咲いています 米沢盆地の眺望がいいです 月山が見えました 雲海から蔵王が 飯豊連峰 イワオトギリ エゾオヤマリンドウ 吾妻連峰で草木が生えない活火山といえば一切経山かな ウメバチソウ うるさい声が聞こえるから近いのかと思っていた 梵天岩 コケモモか 梵天岩で昼食 ここで帰っても良かったのですが先に進むことにしました 天狗岩 せっかくなので西吾妻山へ登りました この辺りはなだらかな山体なのであちこちに湿原があります タケシマラン 知ってはいたのです 山頂は眺望がきかないと それに加え道の途中にあるって感じでまったく感激がありません すぐさま引き返しました リフトは渋滞 どうせ汗をかくなら…

続きを読む

秋田内陸線の旅

毎年一回乗っています 駅舎   JR角館駅の端にひっそりと 二両編成でこちら側一両は貸し切り 何かのイベントのようです 毎年 田んぼアートが見られるのです 令和と富士山 鉄道専用田んぼアートです 紙風船 竿燈まつり アテンダントはアナウンスも売り子も兼務 田んぼアートも車内も秋田犬 休日はほとんど観光客のようです なまはげ 阿仁前田駅で降りました 折り返すのですが駅舎には温泉と食堂があるので まず 食事を済ませ  待ち時間があるので大広間で  ホームに出ました 可愛いな 日帰りなのにのんびりした気分でした 最近 スマホだけの記事が多くなりつつあります

続きを読む

ヒマワリとソバの花

福島県喜多方市のスキー場に咲くヒマワリ 花粉まみれ 次は県内 大蔵村のそば畑 初秋の装い 帰りの山道 子供の弱った何か タヌキか   ほどなくトボトボと藪に入って行きました

続きを読む

苔の森と白樺林

野辺山の後は一泊し帰途についたのですが寄り道をしました 八ヶ岳の中腹なのか白駒の池への道を歩きました 私のお目当ては 苔 樹海の下は苔に覆われています 朝日に映えます キノコがアクセサリーのよう 折り返しの白駒の池 樹海にぽっかり空いた空間 支柱にも こんなところは他にあるのか 次に寄ったのは少し下った場所 日本一の白樺林とか 風にそよぎ爽やかでした

続きを読む